『体と心のセックス・ライフ』2018年8月分(Section-726〜729)

Section-726『エッチな近況(2)』

夕食の時間は、おしゃべりの時間でもある。
昼間はそれぞれの会社で過ごしているから、今日はどんなことがあったとか、こんな話を聞いたとか、愚痴だったりとか、いわば報告会だ。それぞれの情報交換をすることで、悩みやストレスを共有する。
会社での人間関係は、深くはないが浅くもなく、なにかと問題が起きやすいものだ。イジメ、パワハラ、セクハラなど、苦痛を受けることもある。組織というのは、人数が多くなるほどに、負の力関係も生じる。
彼女たちの置かれている状況を知っておくことは、オレにとっては重要なことなのだ。

夕食後は、各自の自由時間。
ビデオを見たり、ネットやメールをチェックしたり、読書したり、勉強したり、好きなことをする。
それぞれに趣味があるし、なにかに集中する時間は大切。
リビングでは、奈緒子、ナナがノートパソコンを開いている。春海と由貴はテレビを見る。絵理は隣室(通称、勉強部屋)で、涼子と拓己に仕事に関することのレクチャーを受けている。勉強部屋には、机が2つにデスクトップバソコンが2台、彼女たちのメイクのための鏡台(ドレッサー)が3つ置いてある。
オレは自室で、メールをチェックし、メルマガの原稿を書く。
エッチ以外のこともするのだ(^_^)。
ただし、みんな裸だというのが、普通とは違うところ。夏は裸で過ごしやすいから、好きな季節だね。とはいえ、暑すぎるのも困るのだが。…… 続きを読む

目覚ましフェラ

朝、目覚めて彼を誘う方法とは?

屈曲位

女性がイク瞬間を体感したことはあるか?

屈曲位
屈曲位

たびたび取り上げている、女性が「イク」ことの話題。
この問題には、様々な誤解や勘違い、AVが原因の思い込みが多々見られる。
なぜ、これほどまでにチープな情報が多いかというと、イク経験をしている女性が少ないこと。イク女性が少ないから、イク瞬間を間近に体感する男性も少ないからだ。

そんなイクことに関する記事。 続きを読む

女性がイクまでの時間は?

女性がイクまでの時間は?

女性がイクまでの時間は?

男のオーガズムは射精だが、女性のオーガズム……俗にイクまでに要する時間はどのくらいか?
男が射精に要する時間は、一般的にはあまり時間はかからない。包茎か露茎かでも違ってくるが、ペニスに最大限の刺激を与えれば、数分で射精は可能だ。
しかし、女性のオーガズムは男とはまったく異なるため、それほど簡単ではない。
女性がイクまでの時間についての調査記事。

「イクまでの時間」理想は16分、でも実際は……豪・性関連商品メーカーの調査で判明 / 日刊サイゾー 続きを読む

セックスがマンネリ化しない方法とは?

騎乗位

『体と心のセックス・ライフ』2017年12月分(Section-693〜697)

騎乗位

Section-693『エッチ日記(27)』

奈緒子は騎乗位で、オレを駆る。
背筋を伸ばして、スッと上体を弾ませ、ストンッと落とす。
スッ……ストンッ……スッ……ストンッ……スッ……ストンッ……
落差のある弾みを、リズミカルに。
騎乗位は乗馬のイメージから名づけられた体位だが、その動きも乗馬に通じるものがある。
騎手である彼女が、馬であるオレを手なずけ、コントロールする。主導権は彼女にある。

乗馬経験のある人ならわかると思うが、馬に乗るときは、ただ馬の背に座っているだけではダメだ。
馬の動きに合わせて、乗る人は上体を弾ませる。セックスの騎乗位での女性の動きは、乗馬の動きとほぼ同等なんだ。
違いは、ペニスが膣の中に入っていること。馬となる男が動くのではなく、乗る女性が主体的に動くことだ。
女性がどれだけ柔軟に動けるかが、騎乗位の快感度を左右する。 続きを読む

アナルセックス

アナルセックスの経験はありますか?

セックスに抵抗感?

女性にとって、Hは我慢するもの?

セックスに抵抗感?
セックスに抵抗感?

女性誌「non・no」のセックス企画についての記事があった。
こういう企画が、普通に載せられる時代になったのは喜ばしいことだ。オレが若かりし頃は、男性誌であってもストレートには書けなかった記事だからね。

ただ、その内容については、いまだにこのレベルか……というくらい、初歩的というか保守的というか、まだまだセックスに未熟なんだなと思ってしまう。こうなってしまうのは、性教育が遅れていること、セックスについての知識が乏しいことが原因だろう。 続きを読む

『体と心のセックス・ライフ』2017年7月分(Section-673〜676)

『体と心のセックス・ライフ』2017年6月分(Section-669〜672)

Section-669『エッチ日記(3)』

仮眠からの目覚めは、フェラ。
目を開けると、食べていたのは由貴だった。
「ああ……由貴か……。どのくらい寝てた?」
オレの右隣にいた絵理が代わりに答える。
「1時間くらいです。そろそろ起こそうってことで」
「そうか」
仮眠としては、適度な時間だ。疲労感はなくなっている。
拓己はすでに起きていたようで、涼子にバックをしていた。バックはバックでも、アナルをしているようだ。涼子の感じ方が、それを物語っている。

「由貴、もういいよ」
フェラを続ける由貴にいった。
「充電できた?」
由貴が聞いた。
「ああ、もう満タンだよ。どうしたい?」
「アナルしたい!」
由貴は即答。
「わたしも」
絵理も同調する。
「わたしもいいかしら?」
奈緒子が小さく手を挙げていった。
「いいよ。まとめて面倒見るよ。じゃ、由貴から」 続きを読む