バスルームにて

『体と心のセックス・ライフ』2018年3月分(Section-706〜709)

バスルームにて

Section-706『年越しセックス2017-18(9)』

2018年1月1日、冬休み5日目、その3。

午後2時過ぎ。
オレは自室でYouTubeを見ていた。たまたま見ていたサッカー記事に動画があり、そこからYouTubeに入って、ゴールシーン集が関連動画として再生されていた。
今年はワールドカップイヤーだが、日本代表はどこまでいけるか……。まぁ、なかなか厳しいとは思うのだが、全敗だけは勘弁してほしいものだ。欧州リーグのサッカーを見ていると、Jリーグがぬるいんだよね。スピード感がぜんぜん違う。
……と、サッカーの話になると熱くなってしまうし、このメルマガの本題ではないので、脇に置いて(^_^)。 続きを読む

セックスに抵抗感?

女性にとって、Hは我慢するもの?

セックスに抵抗感?
セックスに抵抗感?

女性誌「non・no」のセックス企画についての記事があった。
こういう企画が、普通に載せられる時代になったのは喜ばしいことだ。オレが若かりし頃は、男性誌であってもストレートには書けなかった記事だからね。

ただ、その内容については、いまだにこのレベルか……というくらい、初歩的というか保守的というか、まだまだセックスに未熟なんだなと思ってしまう。こうなってしまうのは、性教育が遅れていること、セックスについての知識が乏しいことが原因だろう。 続きを読む

オーガズムとは?

女性がオーガズムにイけない理由とは?

劣化するセックス能力とは?

使われない膣は劣化する

劣化するセックス能力とは?
劣化するセックス能力とは?

セックスレスまたはオナニーレスになると、膣が劣化するという実体験記事。記事を書いた当人も、自分の劣化に驚いたようだ。

オレがメルマガ等にたびたび書いてきたことなのだが、セックス能力というのは、セックスレスになれば衰える。それは運動しないと、運動能力が衰えるのと同じ。使われない体の器官は、本来の能力を失っていく。能力を維持するためには、適度に使う必要がある。 続きを読む

腰高位

性行痛は70.6%の女性が感じている…調査結果

女性の性欲のピークが、30代〜40代のわけ

指技の基本と体位(1)

▲爪は綺麗に切っておく
▲爪は綺麗に切っておく

■指技の基本と体位(1)

指技とは、男性が指を使って女性のヴァギナを刺激して快感を与える行為のこと。英語では「Fingering」または「Finger-Fuck」というが、後者はエロスラング的な使い方。
愛撫のひとつだが、指技をするには準備すべきことと、どういうふうにすると良いのかのテクニックがある。セックスをする前の前戯として、あるいはセックスとセックスの合間に行う中戯として指技をすることは、女性の快感を途切れさせないのに有効となる。

しかし、指技をしない男性も少なくない。
理由のひとつは、前戯なしでいきなりセックスを始める男が多いからだ。指技の仕方を知らないためにどうしていいのかわからなかったり、または良くない方法でヴァギナをいじって傷つけてしまうこともある。 続きを読む

セックスを面倒くさがる20代男性が増加中…らしい

男と女
男と女

最近、セックスレスに関する話題が多い。
セックスは、男と女が体と心をつなぎあうことだと思うのだが、それを「面倒くさい」と思う若者が増えているという。
性欲がないという彼らは、ある意味、病なのかもしれない。摂食障害で食べられない、睡眠障害で眠れない……といった症状と似たものがある。
三大欲求としての、食欲、睡眠欲、性欲は、生物としての人間の根幹をなすものだ。そのうちの性欲が欠落しているということは、心身のバランスが崩れているともいえる。
「セックスしなくても生きていける」かもしれないが、歳を取ってから健康に影響するように思う。セックスは心身の健康に寄与するからだ。

初体験の感想は「疲れるな」 イマドキの男の子の性事情 (1/3) 〈AERA〉|dot.ドット 朝日新聞出版 続きを読む

LOVE & SEX

RESEARCHES

LOVE & SEX
LOVE & SEX

RESEARCH『性意識調査アンケート』

性意識やセックスの実態について、雑誌やインターネットで様々なアンケートが行われ、ある程度は統計的なデータを垣間見ることができる。
当サイトでも、その一端を調べてきた。

かれこれ2003年からこのアンケートを行っているが、データの蓄積はそれなりに意味があるのではないだろうか。
設問項目が多岐にわたっているので、よくあるセックス関連調査よりもさらに具体的になっている。 続きを読む

処女膜の位置

処女膜について

処女膜の位置
▲処女膜の位置

女性の「処女膜」については、様々な誤解や認識不足が見受けられる。
男性はもとより、女性自身が処女膜のことを知らない場合もあるようだ。
「処女膜を破る」という言い方は、比喩的な言い回しであって、実際の処女膜とはかけ離れた表現だ。これはバージンの女性が、初めて男性とセックスしたときのことを象徴しているに過ぎない。

処女膜は、膣口の少し内側にある粘膜のことで、これは膣腔の襞(ひだ)と同等のものである。
人によって形や大きさは異なっているが、子供時代には小さくて厚みのある襞で、成長とともに大きく薄くなり、成熟した女性では、直径10〜15ミリ、穴は7〜10ミリ、厚みは周辺部が厚く中央に向かって薄くなり2〜3ミリとなる。 続きを読む