『体と心のセックス・ライフ』2018年7月分(Section-722〜725)

Section-722『セックス教室・麻由美編 2nd Stage(6)』

仕切り直しの2軒目のラブホ。
シャワーを浴びる必要はないから、裸になると、すぐフェラを始めた。
麻由美は射精モードで激しく食べ、オレは射精。
朝一フェラに続く、今日二度目の射精だ。
彼女は舌を出して見せてくれる。舌は精液で白く覆われていた。
オレがうなずくと、彼女は精液を飲み干す。
「けっこうたくさん出たよ。一番搾りよりも濃かった」
「そうか。まだ2回目だからね。いまの感じだと、5cc以上は出てたね」
「精液飲むと、なんか元気になれるのよね。精力剤みたい」
「ある意味、精力剤だよ。性ホルモンも含まれているからね」

精液に含まれる精子は精液量の数%ほどしかなく、精液とは精子の保護液の役目を果たしている。
精液には50種類ほどの化学成分が含まれている。性ホルモンのほかには、蛋白質、クエン酸(酸味成分)、ビタミンC、カリウム、コルチゾル(感情を高める)、エストロン(気分を高揚させる)、オキシトシン(同)、セロトニン(抗うつ効果のある神経伝達物質)、スペルミジン(細胞の老化防止)などがある。
また、女性が精液を飲むことで、女性の脳の視床下部および脳下垂体を刺激し、女性ホルモンの分泌を促し、排卵を誘導するとの研究報告もある。それは性欲を高めることにつながる。
関連して、不妊の女性が精液を飲むことで、妊娠しやすい体内環境を作る可能性もあるとされている。 続きを読む

屈曲位

女性がイク瞬間を体感したことはあるか?

屈曲位
屈曲位

たびたび取り上げている、女性が「イク」ことの話題。
この問題には、様々な誤解や勘違い、AVが原因の思い込みが多々見られる。
なぜ、これほどまでにチープな情報が多いかというと、イク経験をしている女性が少ないこと。イク女性が少ないから、イク瞬間を間近に体感する男性も少ないからだ。

そんなイクことに関する記事。 続きを読む

「膣圧」はセックスで重要か?

膣圧とは?

セックスのとき、ペニスが膣の中で締められる感覚が、男にとって気持ちがいいことは事実。
それは「膣圧」といわれるが、そのことを意識している人は、それほど多くないのでは?……と思う。というのも、膣圧を気にするようなセックスをしている人が、どれほどいるか疑問だ。5分未満セックスでは、膣圧がどうこういう前に、男が早漏すぎるからだ。

まして、女性が膣圧を気にしているというのも、少数派な気がするのだが……
それに関連した記事。 続きを読む

男は巨乳好き

男がセックス中に気にする「女のあの部分」とは?

フェラが好きになる

『体と心のセックス・ライフ』2017年4月分(Section-661〜664)

彼女はフェラが好きになる
彼女はフェラが好きになる

Section-661『セックスと愛の関係を考える(9)』

ナナと拓己が加わったことで、オレたちのセックスはステージが数段上がった。
女が3人、男が2人での組み合わせは10通り。3Pの組み合わせが、10通り。これは同性同士の組み合わせも含む。
合計20通りの組み合わせでセックスができた。
オレたちみんなの意識として、同性か異性かという区別はなかった。みんなで愛しあっていたからだ。ただ、男と女の組み合わせの方が、頻度としては多かった。

ちなみに、現在は女6人、男2人なので、ペアの組み合わせは28通り、3Pの組み合わせは、56通りになる。多様性があることで、変化に富んだセックスが可能になっている。 続きを読む

セックスをマンネリ化させないためには…

『体と心のセックス・ライフ』2017年2月分(Section-653〜656)

AVはお好き?

AVを見ている女性は意外と多いかも?

劣化するセックス能力とは?

使われない膣は劣化する

劣化するセックス能力とは?
劣化するセックス能力とは?

セックスレスまたはオナニーレスになると、膣が劣化するという実体験記事。記事を書いた当人も、自分の劣化に驚いたようだ。

オレがメルマガ等にたびたび書いてきたことなのだが、セックス能力というのは、セックスレスになれば衰える。それは運動しないと、運動能力が衰えるのと同じ。使われない体の器官は、本来の能力を失っていく。能力を維持するためには、適度に使う必要がある。 続きを読む

近未来の分子コンドームとは?

「分子コンドーム」…新しい避妊薬の登場となるか?

確かな避妊でセックスを…

避妊の基礎知識

確かな避妊でセックスを…
確かな避妊でセックスを…

セックス・ライフに避妊は必須

子作りのためのセックスではない限り、セックスするときには避妊は最重要問題だ。

しかし、妊娠を望んでいないのに、十分な避妊をしないでセックスする男女は多い。
そのことを反映して、妊娠中絶は2014年度には18万1905件にものぼっている。過去の経緯から見ると、減少傾向にはあるものの、けっして少なくない件数になっている。 続きを読む