座位フェラ

『体と心のセックス・ライフ』2018年4月分(Section-710〜713)

座位フェラ
座位フェラ

Section-710『セックス教室・麻由美編(2)』

少々長湯してバスルームから出て、寝室に戻る。
裸のままソファに麻由美と並んで座り、コンビニで買ってきた飲みものを飲む。彼女はお茶、オレはアクエリアスだ。
彼女はやや前屈みでモジモジしている。
「恥ずかしい?」
オレは聞いた。
「なんか、慣れなくて」
「自信を持っていいよ。綺麗だし、素敵だと思うから」
「最近、ちょっと太り気味なの。このへんが」
彼女はお腹をさする。
「気にしない、気にしない、その程度じゃ太ってるとはいわないよ。オレの方が太ってる。歳には逆らえないよ。基礎代謝が落ちてるから、どうしても腹に脂肪が溜まる」
オレは、ここ1年で7〜8キロくらい太ってしまった。食欲はあるから、ついつい食べすぎてしまうのだが、食べた分のカロリーを消費するほど運動しなければ、必然的に体重は増える。
以前はすぐに戻せたのだが、もはや簡単には戻せなくなり、これも歳なのだと思う。

風呂上がりでひと息ついて、オレはいった。
「ベッドに上がろうか」
「そう……ですね」
オレは、カバンからポーチを取り出してベッドに上がり、彼女もベッドに上がる。ポーチの中には、ローションやボディオイルのボトルが入っている。
彼女はベッドの上に、横座り(正座から足先を横にずらした座り方)していた。
「仰向けに寝て」
オレはいった。
「はーい」
彼女は笑みを浮かべていた。緊張はしているのだろうが、だいぶ打ち解けてきていた。
オレは、ポーチからボディオイルを取り出す。
彼女の横に膝をつき、ボトルからオイルを手のひらに滴らせて、それを彼女の胸元に塗る。柑橘系の甘い香りが漂う。
「いい匂いですね」
「そうだろう。リラックスできる匂いだと思うよ」
オイルを彼女の乳房、お腹、太ももへと塗っていく。風呂上がりで肌が乾燥するのを補うことと、愛撫としてのスキンシップを兼ねている。
オレは彼女をまたいで、彼女の太ももあたりに腰を下ろす。そして、オイルを彼女の乳房に直接垂らし、両手で彼女の乳房を揉む。大きく、やわらかい乳房は、揉むのが気持ちいい。
「どう?」
オレは聞いた。
「気持ちいい」
彼女は笑顔で答えた。
乳房を揉んでいると、乳首が立ってくる。指先で、立った乳首を転がす。
「あ……」
「感じる?」
「うん、少し……あぁ……」
オレは上体を倒して、乳首に口をつけ、舐める。
「ぁぁ……」
反応は鈍いが、まったく感じないわけではない。これで無反応だと、ちょっと困ったことになる。
オレは左右の乳房と乳首を、舐めて、吸って、愛撫をしていく。…… 続きを読む

10の質問でセックス傾向を診断とは?

セックスがマンネリ化しない方法とは?

フェラ

『体と心のセックス・ライフ』2017年10月分(Section-685〜688)

フェラ

Section-685『エッチ日記(19)』

絵理が先にベッドに上がる。
オレはローションのボトルを持って、ベッドに上がり、膝立ちになる。
由貴は、まだスヤスヤと眠っていた。
「よく寝てますね」
絵理はいった。
「夕べは大絶叫だったからね」
「起こしちゃいそう」
「それは気にしなくていいよ。そのうち起きるだろうから」
ベッドはキングサイズだから、由貴が寝ていても、十分なスペースがある。

「さぁ」
オレは絵理にうながす。
「はい」
彼女は四つん這いになり、股を少し広げた姿勢になる。
オレはローションを手のひらに垂らし、ヌルヌルを彼女のお尻の割れ目に塗り込む。
指がヌルヌルになったところで、アナルに指を差し入れる。
「はぁぁ……」
指を2本入れてアナルを広げ、ローションを直接垂らして、抜き差ししながら指伝いにアナルの中へと流しこんでいく。
「はぁぁぁ……ぅぅぅん……」
彼女は早くも感じ始める。それは期待感の表れだ。
十分にローションを注いだら、手に付いたヌルヌルをペニスにも塗る。
オレは彼女のお尻側で膝立ちになり、ペニスに手をそえて、アナルに目標を定める。
カリをアナルに密着させ、グイッと強く押しこむ。
「アアアンッ!」
彼女は挿入感に、大きな声を上げる。
アナルに慣れていても、この最初の挿入感がたまらないという。
ペニスは強く圧迫され、オレにとっても快感度が高い。 続きを読む

セックスに抵抗感?

女性にとって、Hは我慢するもの?

セックスに抵抗感?
セックスに抵抗感?

女性誌「non・no」のセックス企画についての記事があった。
こういう企画が、普通に載せられる時代になったのは喜ばしいことだ。オレが若かりし頃は、男性誌であってもストレートには書けなかった記事だからね。

ただ、その内容については、いまだにこのレベルか……というくらい、初歩的というか保守的というか、まだまだセックスに未熟なんだなと思ってしまう。こうなってしまうのは、性教育が遅れていること、セックスについての知識が乏しいことが原因だろう。 続きを読む

『体と心のセックス・ライフ』2017年6月分(Section-669〜672)

Section-669『エッチ日記(3)』

仮眠からの目覚めは、フェラ。
目を開けると、食べていたのは由貴だった。
「ああ……由貴か……。どのくらい寝てた?」
オレの右隣にいた絵理が代わりに答える。
「1時間くらいです。そろそろ起こそうってことで」
「そうか」
仮眠としては、適度な時間だ。疲労感はなくなっている。
拓己はすでに起きていたようで、涼子にバックをしていた。バックはバックでも、アナルをしているようだ。涼子の感じ方が、それを物語っている。

「由貴、もういいよ」
フェラを続ける由貴にいった。
「充電できた?」
由貴が聞いた。
「ああ、もう満タンだよ。どうしたい?」
「アナルしたい!」
由貴は即答。
「わたしも」
絵理も同調する。
「わたしもいいかしら?」
奈緒子が小さく手を挙げていった。
「いいよ。まとめて面倒見るよ。じゃ、由貴から」 続きを読む

女が求めることとは?

男と女で不倫に求めるものが違う?

女が求めることとは?
女が求めることとは?

不倫スキャンダルがなにかと注目を集めている。
というか、厳密には週刊誌が不倫ネタをスクープとして報じるから注目されているわけで、不倫が増えているというわけではない。
不倫ネタは下ネタでもあって、一線を越えたとか越えないとかに関係なく、ある有名人の不倫スキャンダルが暴かれると、その記事を目にする人々はセックスシーンを想像する。
つまりは、想像ポルノだね。
不倫を批判する人は多いが、批判者もセックスシーンをイメージしているということでは、スケベには違いない(^_^)

そんな不倫関係の記事。 続きを読む

ポリアモリーとは?

ポリアモリーのススメ

立ちバック

「セックスが上手な男性の見分け方」とは?

バスルームにて

「セックスポジティブ」という考え方