『体と心のセックス・ライフ』2017年6月分(Section-669〜672)

Section-669『エッチ日記(3)』

仮眠からの目覚めは、フェラ。
目を開けると、食べていたのは由貴だった。
「ああ……由貴か……。どのくらい寝てた?」
オレの右隣にいた絵理が代わりに答える。
「1時間くらいです。そろそろ起こそうってことで」
「そうか」
仮眠としては、適度な時間だ。疲労感はなくなっている。
拓己はすでに起きていたようで、涼子にバックをしていた。バックはバックでも、アナルをしているようだ。涼子の感じ方が、それを物語っている。

「由貴、もういいよ」
フェラを続ける由貴にいった。
「充電できた?」
由貴が聞いた。
「ああ、もう満タンだよ。どうしたい?」
「アナルしたい!」
由貴は即答。
「わたしも」
絵理も同調する。
「わたしもいいかしら?」
奈緒子が小さく手を挙げていった。
「いいよ。まとめて面倒見るよ。じゃ、由貴から」 続きを読む

女が求めることとは?

男と女で不倫に求めるものが違う?

女が求めることとは?
女が求めることとは?

不倫スキャンダルがなにかと注目を集めている。
というか、厳密には週刊誌が不倫ネタをスクープとして報じるから注目されているわけで、不倫が増えているというわけではない。
不倫ネタは下ネタでもあって、一線を越えたとか越えないとかに関係なく、ある有名人の不倫スキャンダルが暴かれると、その記事を目にする人々はセックスシーンを想像する。
つまりは、想像ポルノだね。
不倫を批判する人は多いが、批判者もセックスシーンをイメージしているということでは、スケベには違いない(^_^)

そんな不倫関係の記事。 続きを読む

ポリアモリーとは?

ポリアモリーのススメ

立ちバック

「セックスが上手な男性の見分け方」とは?

バスルームにて

「セックスポジティブ」という考え方

セックスはもっと自由に

セックスと睡眠の関係

充実したセックスライフは仕事のパフォーマンスを向上させる

充実したセックスライフを
充実したセックスライフを

前々から、オレがよく書いていることだが、セックスは日常生活の質を高める上で重要だ。
それは男女関係の良好な関係を築くだけでなく、日々の生活を充実させ、健康的にも活力となり、仕事においても意欲やパフォーマンスを向上させる。

性欲は、睡眠、食欲と並ぶ三大欲求といわれるが、なぜか性欲は重視されない傾向にある。その一因は、性欲にまつわるタブーや社会的な風潮として性欲を悪役にしてしまうからだ。 続きを読む

女性の性欲のピークが、30代〜40代のわけ

セックスを面倒くさがる20代男性が増加中…らしい

男と女
男と女

最近、セックスレスに関する話題が多い。
セックスは、男と女が体と心をつなぎあうことだと思うのだが、それを「面倒くさい」と思う若者が増えているという。
性欲がないという彼らは、ある意味、病なのかもしれない。摂食障害で食べられない、睡眠障害で眠れない……といった症状と似たものがある。
三大欲求としての、食欲、睡眠欲、性欲は、生物としての人間の根幹をなすものだ。そのうちの性欲が欠落しているということは、心身のバランスが崩れているともいえる。
「セックスしなくても生きていける」かもしれないが、歳を取ってから健康に影響するように思う。セックスは心身の健康に寄与するからだ。

初体験の感想は「疲れるな」 イマドキの男の子の性事情 (1/3) 〈AERA〉|dot.ドット 朝日新聞出版 続きを読む

バスルーム・フェラ

『体と心のセックス・ライフ』2004年6月分(Section-45〜48)

バスルーム・フェラ
バスルーム・フェラ

Section-45 『不倫の心理と行動』

不倫は既婚者が別の異性と、秘密裏に愛しあう行為だ。
愛しあう行為自体は、誰にも責められることではない。
それが好きになった男女の、自然な成り行きである。
しかし「不倫」と呼ばれてしまうのは、隠さなくてはならない愛だからだ。
隠す……ということは、当事者に罪悪感があることの裏返しでもある。
同時に、秘密であることの緊張感が、関係を緊密にし、快感にもなる。

不倫は結婚制度があるための、副産物だともいえる。
また、不倫に走ってしまうのは、現状に満足していないことへの、反発でもある。 続きを読む

1 / 212