『体と心のセックス・ライフ』2018年8月分(Section-726〜729)

Section-726『エッチな近況(2)』

夕食の時間は、おしゃべりの時間でもある。
昼間はそれぞれの会社で過ごしているから、今日はどんなことがあったとか、こんな話を聞いたとか、愚痴だったりとか、いわば報告会だ。それぞれの情報交換をすることで、悩みやストレスを共有する。
会社での人間関係は、深くはないが浅くもなく、なにかと問題が起きやすいものだ。イジメ、パワハラ、セクハラなど、苦痛を受けることもある。組織というのは、人数が多くなるほどに、負の力関係も生じる。
彼女たちの置かれている状況を知っておくことは、オレにとっては重要なことなのだ。

夕食後は、各自の自由時間。
ビデオを見たり、ネットやメールをチェックしたり、読書したり、勉強したり、好きなことをする。
それぞれに趣味があるし、なにかに集中する時間は大切。
リビングでは、奈緒子、ナナがノートパソコンを開いている。春海と由貴はテレビを見る。絵理は隣室(通称、勉強部屋)で、涼子と拓己に仕事に関することのレクチャーを受けている。勉強部屋には、机が2つにデスクトップバソコンが2台、彼女たちのメイクのための鏡台(ドレッサー)が3つ置いてある。
オレは自室で、メールをチェックし、メルマガの原稿を書く。
エッチ以外のこともするのだ(^_^)。
ただし、みんな裸だというのが、普通とは違うところ。夏は裸で過ごしやすいから、好きな季節だね。とはいえ、暑すぎるのも困るのだが。…… 続きを読む

『体と心のセックス・ライフ』2018年7月分(Section-722〜725)

Section-722『セックス教室・麻由美編 2nd Stage(6)』

仕切り直しの2軒目のラブホ。
シャワーを浴びる必要はないから、裸になると、すぐフェラを始めた。
麻由美は射精モードで激しく食べ、オレは射精。
朝一フェラに続く、今日二度目の射精だ。
彼女は舌を出して見せてくれる。舌は精液で白く覆われていた。
オレがうなずくと、彼女は精液を飲み干す。
「けっこうたくさん出たよ。一番搾りよりも濃かった」
「そうか。まだ2回目だからね。いまの感じだと、5cc以上は出てたね」
「精液飲むと、なんか元気になれるのよね。精力剤みたい」
「ある意味、精力剤だよ。性ホルモンも含まれているからね」

精液に含まれる精子は精液量の数%ほどしかなく、精液とは精子の保護液の役目を果たしている。
精液には50種類ほどの化学成分が含まれている。性ホルモンのほかには、蛋白質、クエン酸(酸味成分)、ビタミンC、カリウム、コルチゾル(感情を高める)、エストロン(気分を高揚させる)、オキシトシン(同)、セロトニン(抗うつ効果のある神経伝達物質)、スペルミジン(細胞の老化防止)などがある。
また、女性が精液を飲むことで、女性の脳の視床下部および脳下垂体を刺激し、女性ホルモンの分泌を促し、排卵を誘導するとの研究報告もある。それは性欲を高めることにつながる。
関連して、不妊の女性が精液を飲むことで、妊娠しやすい体内環境を作る可能性もあるとされている。 続きを読む

騎乗位

『体と心のセックス・ライフ』2018年6月分(Section-718〜721)

騎乗位
騎乗位

Section-718『セックス教室・麻由美編 2nd Stage(2)』

コンビニ弁当を食べる。
オレは生姜焼き弁当で、麻由美はハンバーグ弁当だ。
ソファに並んで座っているが、裸なのがラブホらしいところ。彼女は、ラブホが2回目ということもあって、裸でいることに恥ずかしさは感じなくなっているようだ。

弁当を食べながら、彼女の話に耳を傾ける。
彼女は堰を切ったように話す。勤務先でのこと、週刊誌的な話題、陰毛の脱毛に行ったときのこと、ジムに通い始めたこと、フェラの自主トレのこと……などなど。楽しそうに話す彼女を見ていると、オレの顔もほころぶ。
女性はおしゃべり好きが多いが、彼女も例外ではない。ただ、男性と話をする機会は少ないそうで、オレと話をするのがうれしいようだ。それも裸になって話をしているわけだから、本音で話せることに解放感を感じているのだろう。
たわいのない会話だが、こうして話をすることが大事なんだ。思っていること、感じていることを相手に伝えることで、互いの理解が深まる。それはセックスの前期でもある。 続きを読む

立ちバック

『体と心のセックス・ライフ』2018年5月分(Section-714〜717)

立ちバック
立ちバック

Section-714『セックス教室・麻由美編(6)』

ホテルを変えての延長戦。
部屋に入ると、すぐに裸になり、フェラで勃(た)たせてもらい、オレと麻由美はベッドに上がって正常位で抱きあう。
「落ち着いた?」
オレは聞いた。
「うん。前のホテルを出てから、トオルさんに抱いて欲しくて、ずっとウズウズしてたの。こんな気持ちになるなんて、初めてだから、どうしたらいいのかわからなくて。わがままいって、すみません」
「いいんだよ、今日は特別な日だからね」
「トオルさん、やさしい。トオルさんが愛されるのがよくわかる。セックスはすごいし、大切にしてくれるし、一緒にいると癒される」
「ありがとう。でも、ほめすぎ。オレを愛してくれる女性に、愛で応えてるだけ。くさい言い方だけど、それがオレの生きがいなんだ。セックスはオレの特技でもあるからね」
「セックスが特技ってすごいと思う」
「人にはいえない特技だけどね。あなたと出会えたことに、とても感謝してるんだ。相手が変われば、セックスも違ったものになるけど、あなたとのセックスで新鮮な経験ができてるからね」
「感謝してるのはわたしの方。女にしてくれたから」
「お互い様だね」
「トオルさん、愛してます」
「オレも愛してるよ、麻由美」
オレは腰振りを始める。
「あん…………ぁぁん……………はぁぁ………ああん……………」

それから1時間あまり。
オレは緩急をつけながら、彼女を喘がせ続け、射精でひと区切り。
風呂に入り、湯船にゆったりと浸かる。
バスルームは前のラブホよりも広く、バスタブも大きい。ジャグジーもついていて、ブクブクと泡立てる。
「気持ちいい〜」
彼女はいった。
「大きい風呂はいいよね。足が伸ばせる」
「トオルさん、足が長いから」
「うちだと、膝を抱えるようにしないといけないんだ」
「こんなふうに、ふたりでお風呂に入るのって、楽しい」
「オッパイも揉めるしね」
オレは乳房を揉みながらいった。
「うふふ、揉んでくれると、気持ちいい」
彼女は笑いながらいった。…… 続きを読む

座位フェラ

『体と心のセックス・ライフ』2018年4月分(Section-710〜713)

座位フェラ
座位フェラ

Section-710『セックス教室・麻由美編(2)』

少々長湯してバスルームから出て、寝室に戻る。
裸のままソファに麻由美と並んで座り、コンビニで買ってきた飲みものを飲む。彼女はお茶、オレはアクエリアスだ。
彼女はやや前屈みでモジモジしている。
「恥ずかしい?」
オレは聞いた。
「なんか、慣れなくて」
「自信を持っていいよ。綺麗だし、素敵だと思うから」
「最近、ちょっと太り気味なの。このへんが」
彼女はお腹をさする。
「気にしない、気にしない、その程度じゃ太ってるとはいわないよ。オレの方が太ってる。歳には逆らえないよ。基礎代謝が落ちてるから、どうしても腹に脂肪が溜まる」
オレは、ここ1年で7〜8キロくらい太ってしまった。食欲はあるから、ついつい食べすぎてしまうのだが、食べた分のカロリーを消費するほど運動しなければ、必然的に体重は増える。
以前はすぐに戻せたのだが、もはや簡単には戻せなくなり、これも歳なのだと思う。

風呂上がりでひと息ついて、オレはいった。
「ベッドに上がろうか」
「そう……ですね」
オレは、カバンからポーチを取り出してベッドに上がり、彼女もベッドに上がる。ポーチの中には、ローションやボディオイルのボトルが入っている。
彼女はベッドの上に、横座り(正座から足先を横にずらした座り方)していた。
「仰向けに寝て」
オレはいった。
「はーい」
彼女は笑みを浮かべていた。緊張はしているのだろうが、だいぶ打ち解けてきていた。
オレは、ポーチからボディオイルを取り出す。
彼女の横に膝をつき、ボトルからオイルを手のひらに滴らせて、それを彼女の胸元に塗る。柑橘系の甘い香りが漂う。
「いい匂いですね」
「そうだろう。リラックスできる匂いだと思うよ」
オイルを彼女の乳房、お腹、太ももへと塗っていく。風呂上がりで肌が乾燥するのを補うことと、愛撫としてのスキンシップを兼ねている。
オレは彼女をまたいで、彼女の太ももあたりに腰を下ろす。そして、オイルを彼女の乳房に直接垂らし、両手で彼女の乳房を揉む。大きく、やわらかい乳房は、揉むのが気持ちいい。
「どう?」
オレは聞いた。
「気持ちいい」
彼女は笑顔で答えた。
乳房を揉んでいると、乳首が立ってくる。指先で、立った乳首を転がす。
「あ……」
「感じる?」
「うん、少し……あぁ……」
オレは上体を倒して、乳首に口をつけ、舐める。
「ぁぁ……」
反応は鈍いが、まったく感じないわけではない。これで無反応だと、ちょっと困ったことになる。
オレは左右の乳房と乳首を、舐めて、吸って、愛撫をしていく。…… 続きを読む

バスルームにて

『体と心のセックス・ライフ』2018年3月分(Section-706〜709)

バスルームにて

Section-706『年越しセックス2017-18(9)』

2018年1月1日、冬休み5日目、その3。

午後2時過ぎ。
オレは自室でYouTubeを見ていた。たまたま見ていたサッカー記事に動画があり、そこからYouTubeに入って、ゴールシーン集が関連動画として再生されていた。
今年はワールドカップイヤーだが、日本代表はどこまでいけるか……。まぁ、なかなか厳しいとは思うのだが、全敗だけは勘弁してほしいものだ。欧州リーグのサッカーを見ていると、Jリーグがぬるいんだよね。スピード感がぜんぜん違う。
……と、サッカーの話になると熱くなってしまうし、このメルマガの本題ではないので、脇に置いて(^_^)。 続きを読む

年越しセックス

『体と心のセックス・ライフ』2018年2月分(Section-702〜705)

年越しセックス

Section-702『年越しセックス2017-18(5)』

12月29日、冬休み2日目。
目覚めはフェラ……かと思ったら、目を開けると、由貴がオレに覆い被さって、女性上位をしていた。
「ああ、由貴。おはよう」
「おっはよう、トオルさん」
「今朝は変則だな」
「えへへ、たまにはいいかなって」
「夕べ、重かったろ?」
「ちょっとね。でも、トオルさんが寝落ちしても、ペニスは起きてたよ」
「意識がなくても勃起はするからね」
「しばらく、モゾモゾしちゃった。それから、そっと降りてもらった」
「そっか」
彼女はゆっくりと腰を振る。

寝室にいるのは、オレと由貴だけだった。
「春海は起きたのか? 珍しいな。何時?」
春海は今日から冬休みなのだ。
「もう11時過ぎだよ。拓己さんが来てて、さっき起こしてた」
「そんなに寝ちまったか」
「昨日は何回も射精して、お疲れだったのね」
「そうだな。いつもは1日で3〜4回なのに、昨日は、えーと11回だったかな。疲れるはずだ」 続きを読む

テーブル駅弁

『体と心のセックス・ライフ』2018年1月分(Section-698〜701)

テーブル駅弁

Section-698『年越しセックス2017-18(1)』

年末年始の休み。
長い休みで、みんなで過ごせるのは、年末年始とゴールデンウイークの並びがいいときくらいしかない。
オレの休みは、12月28日〜1月8日までの、12日間。例年よりも多くて、いつもなら5日が仕事始めなのだが、1日出社してまた3連休になるので、休みにしてしまおうという会社の判断だった。
オレと同じ休み期間なのが、由貴と涼子。
春海は、29〜4日まで。彼女の会社は律儀に5日も出社。
ナナは、31〜8日まで。本来は5日からだが、有給を取っていた。
奈緒子が、31〜4日までと一番短い。奈緒子は管理職なので、休み中でも呼び出しがあったりする。
絵理は学生なので冬休み中。
拓己はフリーランスなので、仕事の進捗状況次第。仕事をするときは自宅にいる。

絵理は28日の午後から来ていて、部屋の掃除や買い物などをしてくれていた。彼女がそうしたいと申し出てくれたのだ。
忘年会シーズンでもあるため、奈緒子、涼子、ナナ、由貴は、飲み会で遅くなる予定だった。
拓己は自宅で仕事中。
オレは定時に退社して、帰宅したのは8時ころ。
「ただいまー」
玄関から廊下への内扉を開けると、裸の絵理が出迎えてくれる。
「おかえりなさい」
オレは彼女を抱きしめ、キスをする。
「こういうふうに出迎えてくれるのは、初めてだよね」
「そうですね。なんか、奥さんになったみたい」
「裸で迎えてくれる奥さんは、そうそういないだろうけど」
春海はまだ帰宅していないが、帰宅途中であることは、メールの連絡が入っていた。 続きを読む

騎乗位

『体と心のセックス・ライフ』2017年12月分(Section-693〜697)

騎乗位

Section-693『エッチ日記(27)』

奈緒子は騎乗位で、オレを駆る。
背筋を伸ばして、スッと上体を弾ませ、ストンッと落とす。
スッ……ストンッ……スッ……ストンッ……スッ……ストンッ……
落差のある弾みを、リズミカルに。
騎乗位は乗馬のイメージから名づけられた体位だが、その動きも乗馬に通じるものがある。
騎手である彼女が、馬であるオレを手なずけ、コントロールする。主導権は彼女にある。

乗馬経験のある人ならわかると思うが、馬に乗るときは、ただ馬の背に座っているだけではダメだ。
馬の動きに合わせて、乗る人は上体を弾ませる。セックスの騎乗位での女性の動きは、乗馬の動きとほぼ同等なんだ。
違いは、ペニスが膣の中に入っていること。馬となる男が動くのではなく、乗る女性が主体的に動くことだ。
女性がどれだけ柔軟に動けるかが、騎乗位の快感度を左右する。 続きを読む

立ちバック

『体と心のセックス・ライフ』2017年11月分(Section-689〜692)

立ちバック

Section-689『エッチ日記(24)』

続いて変化があったのは、涼子。
以前から彼女に猛烈にアプローチする、10歳ほど年下の男性がいた。会社での所属部署は違うのだが、何度もデートに誘われていた。
何度か、食事に誘われたのに応じた程度で、それ以上はナシ。
「彼がいるから」
と、彼女はいっていたが、彼はめげなかったそうだ。
その健気さが、気の毒になってしまったという。

「ほかの男を経験することは、悪いことじゃないよ」
オレは常々そういってきた。
オレと拓己のことを愛してくれるのはうれしいが、束縛するものではない。男もいろいろだから、経験することは無駄にはならないと。 続きを読む