「数字で見る日本人のセックス事情」とは?

日本人のセックス事情についての記事

日本人のセックス事情について、なかなか良い記事があった。
オレが度々書いていることと通じるところもあるが、調査結果で出てくる数字を、どう解釈するかというのは個々のセックス観や経験が左右する部分でもある。

著者の鈴木涼美さんは、オレから見るとお若い(^_^)。
それなりの経験はあるようだが、オレ的には「そこはちょっと違うかも」という解釈もある。 続きを読む

して欲しい体位は?

セックスをマンネリ化させないためには?

して欲しい体位は?
して欲しい体位は?

女性誌または女性向けWEBサイトには、セックスに関する記事が多く見られる。
恋愛や結婚にセックスは不可欠な要素であるため、関心が高いのだろう。

それらのセックスに関する記事の特徴は、「こういうときは、こうするといい」といったHow toになっていることだ。想定されている読者は、セックス経験が乏しい、あるいはセックスの知識が乏しい女性たちということになる。 続きを読む

劣化するセックス能力とは?

使われない膣は劣化する

劣化するセックス能力とは?
劣化するセックス能力とは?

セックスレスまたはオナニーレスになると、膣が劣化するという実体験記事。記事を書いた当人も、自分の劣化に驚いたようだ。

オレがメルマガ等にたびたび書いてきたことなのだが、セックス能力というのは、セックスレスになれば衰える。それは運動しないと、運動能力が衰えるのと同じ。使われない体の器官は、本来の能力を失っていく。能力を維持するためには、適度に使う必要がある。 続きを読む

女性にとって「いいセックス」とは?

近未来の分子コンドームとは?

「分子コンドーム」…新しい避妊薬の登場となるか?

オーガズムの謎

性科学の今昔

オーガズムの謎
オーガズムの謎

性科学は謎だらけ

性やセックスについての記事は、とかく色眼鏡で見られがちだ。
人間にとって重要なことなのに、性的タブーや偏見からまっとうな議論や研究が難しくなっている。
迷信や根拠の乏しい“常識”がまかりとおり、性的な差別や抑圧的な価値観の押しつけがあったりする。
たびたび書いていることだが、性やセックスはもっと自由であるべきなんだ。

性を科学的に研究するには、世間の“性の壁”と戦う困難がつきまとい、容易ではない。
だが、勇気ある科学者が徐々に性科学を進めつつある……という記事。 続きを読む

女性も楽しめるフェラを

生理中のセックスどうしてる?

女性も楽しめるフェラを
女性も楽しめるフェラを

女性が生理中のときは、セックスを控えた方がいい。
理由はいくつかあるが、1つは女性の体を気遣うため。
別の理由としては、経血が多いと血だらけになってしまうので、シーツや布団が汚れて、後片付けが大変になるからだ。
また、生理痛がひどい女性の場合、セックスする気にならないということもある。

そんな生理中のセックスについての記事。 続きを読む

セックスの基本

実践的な性教育がないと、こうなってしまう…

セックスの基本

セックスの基本については、当サイトでもいろいろ書いているのだが、まだまだ世間一般的には常識にはなっていないようだ。
その原因は、ちゃんとした性教育をしていないからだね。
ここでいう性教育とは、雄しべと雌しべの話や、生物としての生殖の話ではない。
愛しあうためのセックスについての話だ。実践的なキスの仕方やセックスの仕方まで、知らなければできないことは多い。

以下の記事は、性教育なしゆえの常識の欠落でもある。 続きを読む

リニューアル(ほぼ)完了

リニューアルについて

2016年10月13日
当サイトのリニューアルが、ほぼ完了した。
旧ページからの移植と、画像等の新規作成に時間がかかり、約1カ月を要した(^_^)b

サイトを開設したのが2003年。もう13年になるが、長らく更新が滞っていた。古いタイプの作り方だったので、サイトの更新に手間がかかるのが一因だった。
それを刷新した。
今度は、更新に手間のかからない作りになっているので、ちょくちょく更新できると思う。 続きを読む

オナニー

妊娠についての基礎知識…知らない人が多い

1 / 3123