『体と心のセックス・ライフ』2018年8月分(Section-726〜729)

Section-726『エッチな近況(2)』

夕食の時間は、おしゃべりの時間でもある。
昼間はそれぞれの会社で過ごしているから、今日はどんなことがあったとか、こんな話を聞いたとか、愚痴だったりとか、いわば報告会だ。それぞれの情報交換をすることで、悩みやストレスを共有する。
会社での人間関係は、深くはないが浅くもなく、なにかと問題が起きやすいものだ。イジメ、パワハラ、セクハラなど、苦痛を受けることもある。組織というのは、人数が多くなるほどに、負の力関係も生じる。
彼女たちの置かれている状況を知っておくことは、オレにとっては重要なことなのだ。

夕食後は、各自の自由時間。
ビデオを見たり、ネットやメールをチェックしたり、読書したり、勉強したり、好きなことをする。
それぞれに趣味があるし、なにかに集中する時間は大切。
リビングでは、奈緒子、ナナがノートパソコンを開いている。春海と由貴はテレビを見る。絵理は隣室(通称、勉強部屋)で、涼子と拓己に仕事に関することのレクチャーを受けている。勉強部屋には、机が2つにデスクトップバソコンが2台、彼女たちのメイクのための鏡台(ドレッサー)が3つ置いてある。
オレは自室で、メールをチェックし、メルマガの原稿を書く。
エッチ以外のこともするのだ(^_^)。
ただし、みんな裸だというのが、普通とは違うところ。夏は裸で過ごしやすいから、好きな季節だね。とはいえ、暑すぎるのも困るのだが。…… 続きを読む

『体と心のセックス・ライフ』2018年7月分(Section-722〜725)

Section-722『セックス教室・麻由美編 2nd Stage(6)』

仕切り直しの2軒目のラブホ。
シャワーを浴びる必要はないから、裸になると、すぐフェラを始めた。
麻由美は射精モードで激しく食べ、オレは射精。
朝一フェラに続く、今日二度目の射精だ。
彼女は舌を出して見せてくれる。舌は精液で白く覆われていた。
オレがうなずくと、彼女は精液を飲み干す。
「けっこうたくさん出たよ。一番搾りよりも濃かった」
「そうか。まだ2回目だからね。いまの感じだと、5cc以上は出てたね」
「精液飲むと、なんか元気になれるのよね。精力剤みたい」
「ある意味、精力剤だよ。性ホルモンも含まれているからね」

精液に含まれる精子は精液量の数%ほどしかなく、精液とは精子の保護液の役目を果たしている。
精液には50種類ほどの化学成分が含まれている。性ホルモンのほかには、蛋白質、クエン酸(酸味成分)、ビタミンC、カリウム、コルチゾル(感情を高める)、エストロン(気分を高揚させる)、オキシトシン(同)、セロトニン(抗うつ効果のある神経伝達物質)、スペルミジン(細胞の老化防止)などがある。
また、女性が精液を飲むことで、女性の脳の視床下部および脳下垂体を刺激し、女性ホルモンの分泌を促し、排卵を誘導するとの研究報告もある。それは性欲を高めることにつながる。
関連して、不妊の女性が精液を飲むことで、妊娠しやすい体内環境を作る可能性もあるとされている。 続きを読む

目覚ましフェラ

朝、目覚めて彼を誘う方法とは?

屈曲位

女性がイク瞬間を体感したことはあるか?

屈曲位
屈曲位

たびたび取り上げている、女性が「イク」ことの話題。
この問題には、様々な誤解や勘違い、AVが原因の思い込みが多々見られる。
なぜ、これほどまでにチープな情報が多いかというと、イク経験をしている女性が少ないこと。イク女性が少ないから、イク瞬間を間近に体感する男性も少ないからだ。

そんなイクことに関する記事。 続きを読む

男は巨乳好き

男がセックス中に気にする「女のあの部分」とは?

愛と快感の夜

女性は、ピルを飲むと「男性の好み」が変わる…説

愛と快感の夜
愛と快感の夜

避妊の有効な手段としての「ピル」
日本ではピルに対するタブーというか、間違った認識が根強くあって、なかなかビル解禁にならない。
コンドームは失敗のリスクが高く、現状、ピルに勝る避妊方法はない。コンドームが失敗しやすいのは、男が適切なタイミングで、正しい使い方を知らないからでもある。

うちの彼女たちはピルを服用しているが、ピルを飲んでいると男の好みが変わるという研究報告があるという。 続きを読む

イイ男とは?

女性が考える本当にイイ男7条件とは?

イイ男とは?
イイ男とは?

恋愛関係を扱う雑誌やWEB記事では、定期的に出てくるテーマがある。
それが「イイ男」あるいは「イイ女」の条件というステロタイプな話。
それらの条件は、多かれ少なかれ誰にでも当てはまるものであり、血液型や星占いみたいな要素にもなっている。

人は、それほど単純ではなく、性格や考え方は判で押したように決まり切っているわけではない。その日の気分によっても変わるし、相手によっても変わる。おおよその傾向はあるが、いつも同じとは限らないのだ。 続きを読む

フェラが好きになる

『体と心のセックス・ライフ』2017年4月分(Section-661〜664)

彼女はフェラが好きになる
彼女はフェラが好きになる

Section-661『セックスと愛の関係を考える(9)』

ナナと拓己が加わったことで、オレたちのセックスはステージが数段上がった。
女が3人、男が2人での組み合わせは10通り。3Pの組み合わせが、10通り。これは同性同士の組み合わせも含む。
合計20通りの組み合わせでセックスができた。
オレたちみんなの意識として、同性か異性かという区別はなかった。みんなで愛しあっていたからだ。ただ、男と女の組み合わせの方が、頻度としては多かった。

ちなみに、現在は女6人、男2人なので、ペアの組み合わせは28通り、3Pの組み合わせは、56通りになる。多様性があることで、変化に富んだセックスが可能になっている。 続きを読む

オーガズムとは?

女性がオーガズムにイけない理由とは?

劣化するセックス能力とは?

使われない膣は劣化する

劣化するセックス能力とは?
劣化するセックス能力とは?

セックスレスまたはオナニーレスになると、膣が劣化するという実体験記事。記事を書いた当人も、自分の劣化に驚いたようだ。

オレがメルマガ等にたびたび書いてきたことなのだが、セックス能力というのは、セックスレスになれば衰える。それは運動しないと、運動能力が衰えるのと同じ。使われない体の器官は、本来の能力を失っていく。能力を維持するためには、適度に使う必要がある。 続きを読む