目覚ましフェラ

朝、目覚めて彼を誘う方法とは?

性豪とは?

ひと晩にセックス5回で性豪?

性豪とは?

文筆家や芸術家などのクリエイティブな才能の持ち主は、セックスにまつわる逸話が多い。この傾向は驚くにあたらず、性欲と創造的な才能は、じつは密接に結びついている。言い換えれば、旺盛な性欲が、旺盛な創作活動の源になっているともいえる。有名なところでは、ピカソの女性遍歴がある。

俳人の小林一茶は、性欲旺盛な性豪だった……というエピソードを紹介した記事。 続きを読む

屈曲位

女性がイク瞬間を体感したことはあるか?

屈曲位
屈曲位

たびたび取り上げている、女性が「イク」ことの話題。
この問題には、様々な誤解や勘違い、AVが原因の思い込みが多々見られる。
なぜ、これほどまでにチープな情報が多いかというと、イク経験をしている女性が少ないこと。イク女性が少ないから、イク瞬間を間近に体感する男性も少ないからだ。

そんなイクことに関する記事。 続きを読む

「膣圧」はセックスで重要か?

膣圧とは?

セックスのとき、ペニスが膣の中で締められる感覚が、男にとって気持ちがいいことは事実。
それは「膣圧」といわれるが、そのことを意識している人は、それほど多くないのでは?……と思う。というのも、膣圧を気にするようなセックスをしている人が、どれほどいるか疑問だ。5分未満セックスでは、膣圧がどうこういう前に、男が早漏すぎるからだ。

まして、女性が膣圧を気にしているというのも、少数派な気がするのだが……
それに関連した記事。 続きを読む

女性がイクまでの時間は?

女性がイクまでの時間は?

女性がイクまでの時間は?

男のオーガズムは射精だが、女性のオーガズム……俗にイクまでに要する時間はどのくらいか?
男が射精に要する時間は、一般的にはあまり時間はかからない。包茎か露茎かでも違ってくるが、ペニスに最大限の刺激を与えれば、数分で射精は可能だ。
しかし、女性のオーガズムは男とはまったく異なるため、それほど簡単ではない。
女性がイクまでの時間についての調査記事。

「イクまでの時間」理想は16分、でも実際は……豪・性関連商品メーカーの調査で判明 / 日刊サイゾー 続きを読む

バイブを使う女性

「日本女性の性的嗜好」とは?

告白後、すぐにセックスを求める男性心理とは?

告白後、すぐにセックスを求める男性心理とは?

男と女が「好き」と告白をして、恋愛関係がスタートすれば、遅かれ早かれセックスをすることになる。
セックスは恋愛を確認する行為であると同時に、互いのことをより知るための過程でもあるからだ。
また、相手を性欲の対象として認め合うことでもある。

そのセックスをするタイミングが、つきあい始めてどのくらい経過してからか?……というのを気にする女性もいるようだ。
そのへんは、男と女のセックスに対する意識の違い、性欲の違いにもなっている。
それについての記事。 続きを読む

バスルームにて

『体と心のセックス・ライフ』2018年3月分(Section-706〜709)

バスルームにて

Section-706『年越しセックス2017-18(9)』

2018年1月1日、冬休み5日目、その3。

午後2時過ぎ。
オレは自室でYouTubeを見ていた。たまたま見ていたサッカー記事に動画があり、そこからYouTubeに入って、ゴールシーン集が関連動画として再生されていた。
今年はワールドカップイヤーだが、日本代表はどこまでいけるか……。まぁ、なかなか厳しいとは思うのだが、全敗だけは勘弁してほしいものだ。欧州リーグのサッカーを見ていると、Jリーグがぬるいんだよね。スピード感がぜんぜん違う。
……と、サッカーの話になると熱くなってしまうし、このメルマガの本題ではないので、脇に置いて(^_^)。 続きを読む

年越しセックス

『体と心のセックス・ライフ』2018年2月分(Section-702〜705)

年越しセックス

Section-702『年越しセックス2017-18(5)』

12月29日、冬休み2日目。
目覚めはフェラ……かと思ったら、目を開けると、由貴がオレに覆い被さって、女性上位をしていた。
「ああ、由貴。おはよう」
「おっはよう、トオルさん」
「今朝は変則だな」
「えへへ、たまにはいいかなって」
「夕べ、重かったろ?」
「ちょっとね。でも、トオルさんが寝落ちしても、ペニスは起きてたよ」
「意識がなくても勃起はするからね」
「しばらく、モゾモゾしちゃった。それから、そっと降りてもらった」
「そっか」
彼女はゆっくりと腰を振る。

寝室にいるのは、オレと由貴だけだった。
「春海は起きたのか? 珍しいな。何時?」
春海は今日から冬休みなのだ。
「もう11時過ぎだよ。拓己さんが来てて、さっき起こしてた」
「そんなに寝ちまったか」
「昨日は何回も射精して、お疲れだったのね」
「そうだな。いつもは1日で3〜4回なのに、昨日は、えーと11回だったかな。疲れるはずだ」 続きを読む

テーブル駅弁

『体と心のセックス・ライフ』2018年1月分(Section-698〜701)

テーブル駅弁

Section-698『年越しセックス2017-18(1)』

年末年始の休み。
長い休みで、みんなで過ごせるのは、年末年始とゴールデンウイークの並びがいいときくらいしかない。
オレの休みは、12月28日〜1月8日までの、12日間。例年よりも多くて、いつもなら5日が仕事始めなのだが、1日出社してまた3連休になるので、休みにしてしまおうという会社の判断だった。
オレと同じ休み期間なのが、由貴と涼子。
春海は、29〜4日まで。彼女の会社は律儀に5日も出社。
ナナは、31〜8日まで。本来は5日からだが、有給を取っていた。
奈緒子が、31〜4日までと一番短い。奈緒子は管理職なので、休み中でも呼び出しがあったりする。
絵理は学生なので冬休み中。
拓己はフリーランスなので、仕事の進捗状況次第。仕事をするときは自宅にいる。

絵理は28日の午後から来ていて、部屋の掃除や買い物などをしてくれていた。彼女がそうしたいと申し出てくれたのだ。
忘年会シーズンでもあるため、奈緒子、涼子、ナナ、由貴は、飲み会で遅くなる予定だった。
拓己は自宅で仕事中。
オレは定時に退社して、帰宅したのは8時ころ。
「ただいまー」
玄関から廊下への内扉を開けると、裸の絵理が出迎えてくれる。
「おかえりなさい」
オレは彼女を抱きしめ、キスをする。
「こういうふうに出迎えてくれるのは、初めてだよね」
「そうですね。なんか、奥さんになったみたい」
「裸で迎えてくれる奥さんは、そうそういないだろうけど」
春海はまだ帰宅していないが、帰宅途中であることは、メールの連絡が入っていた。 続きを読む