立ちバック

『体と心のセックス・ライフ』2018年5月分(Section-714〜717)

立ちバック
立ちバック

Section-714『セックス教室・麻由美編(6)』

ホテルを変えての延長戦。
部屋に入ると、すぐに裸になり、フェラで勃(た)たせてもらい、オレと麻由美はベッドに上がって正常位で抱きあう。
「落ち着いた?」
オレは聞いた。
「うん。前のホテルを出てから、トオルさんに抱いて欲しくて、ずっとウズウズしてたの。こんな気持ちになるなんて、初めてだから、どうしたらいいのかわからなくて。わがままいって、すみません」
「いいんだよ、今日は特別な日だからね」
「トオルさん、やさしい。トオルさんが愛されるのがよくわかる。セックスはすごいし、大切にしてくれるし、一緒にいると癒される」
「ありがとう。でも、ほめすぎ。オレを愛してくれる女性に、愛で応えてるだけ。くさい言い方だけど、それがオレの生きがいなんだ。セックスはオレの特技でもあるからね」
「セックスが特技ってすごいと思う」
「人にはいえない特技だけどね。あなたと出会えたことに、とても感謝してるんだ。相手が変われば、セックスも違ったものになるけど、あなたとのセックスで新鮮な経験ができてるからね」
「感謝してるのはわたしの方。女にしてくれたから」
「お互い様だね」
「トオルさん、愛してます」
「オレも愛してるよ、麻由美」
オレは腰振りを始める。
「あん…………ぁぁん……………はぁぁ………ああん……………」

それから1時間あまり。
オレは緩急をつけながら、彼女を喘がせ続け、射精でひと区切り。
風呂に入り、湯船にゆったりと浸かる。
バスルームは前のラブホよりも広く、バスタブも大きい。ジャグジーもついていて、ブクブクと泡立てる。
「気持ちいい〜」
彼女はいった。
「大きい風呂はいいよね。足が伸ばせる」
「トオルさん、足が長いから」
「うちだと、膝を抱えるようにしないといけないんだ」
「こんなふうに、ふたりでお風呂に入るのって、楽しい」
「オッパイも揉めるしね」
オレは乳房を揉みながらいった。
「うふふ、揉んでくれると、気持ちいい」
彼女は笑いながらいった。…… 続きを読む

バイブを使う女性

「日本女性の性的嗜好」とは?

立ちバック

『体と心のセックス・ライフ』2017年11月分(Section-689〜692)

立ちバック

Section-689『エッチ日記(24)』

続いて変化があったのは、涼子。
以前から彼女に猛烈にアプローチする、10歳ほど年下の男性がいた。会社での所属部署は違うのだが、何度もデートに誘われていた。
何度か、食事に誘われたのに応じた程度で、それ以上はナシ。
「彼がいるから」
と、彼女はいっていたが、彼はめげなかったそうだ。
その健気さが、気の毒になってしまったという。

「ほかの男を経験することは、悪いことじゃないよ」
オレは常々そういってきた。
オレと拓己のことを愛してくれるのはうれしいが、束縛するものではない。男もいろいろだから、経験することは無駄にはならないと。 続きを読む

フェラ

『体と心のセックス・ライフ』2017年9月分(Section-681〜684)

フェラ

Section-681『エッチ日記(15)』

木曜日。
目覚めはいつもフェラ。
夢の中でフェラされていて、快感になっていた。それが夢ではなく、実際にフェラされているのに気がついて、目が覚める。
意識が混濁していると、夢と現実の区別がつかなくなる。
食べていたのは、ナナ。
「ああ、ナナ。おはよう」
「おはよう、トオルさん。いただいてます」
彼女は口を離していった。
「いい気持ちだよ。イかせて」
「はい」
彼女は再びペニスを頬張る。

拓己は涼子がフェラをしていた。
「ああ! あああ! イクーー!」
彼は射精したようだ。
フェラで起こしてもらえるオレたちは、幸せ者だ。
朝一でフェラしてもらって、射精すると、スッキリと起きられるし、テンションが上がるから、朝から元気に仕事ができるんだよね。
気持ちの問題かもしれないが、活力が湧いてくる気がする。
一番搾りを飲んだ彼女も、活力をもらって、その日は快調だという。精液は精力剤にもなっているのだ。 続きを読む

アナルセックス

アナルセックスの経験はありますか?

セックスに抵抗感?

女性にとって、Hは我慢するもの?

セックスに抵抗感?
セックスに抵抗感?

女性誌「non・no」のセックス企画についての記事があった。
こういう企画が、普通に載せられる時代になったのは喜ばしいことだ。オレが若かりし頃は、男性誌であってもストレートには書けなかった記事だからね。

ただ、その内容については、いまだにこのレベルか……というくらい、初歩的というか保守的というか、まだまだセックスに未熟なんだなと思ってしまう。こうなってしまうのは、性教育が遅れていること、セックスについての知識が乏しいことが原因だろう。 続きを読む

「数字で見る日本人のセックス事情」とは?

日本人のセックス事情についての記事

日本人のセックス事情について、なかなか良い記事があった。
オレが度々書いていることと通じるところもあるが、調査結果で出てくる数字を、どう解釈するかというのは個々のセックス観や経験が左右する部分でもある。

著者の鈴木涼美さんは、オレから見るとお若い(^_^)。
それなりの経験はあるようだが、オレ的には「そこはちょっと違うかも」という解釈もある。 続きを読む

片足挙げ屈曲位(横)

セックスの体位『正常位系』(2)

オーガズムとは?

女性がオーガズムにイけない理由とは?

劣化するセックス能力とは?

使われない膣は劣化する

劣化するセックス能力とは?
劣化するセックス能力とは?

セックスレスまたはオナニーレスになると、膣が劣化するという実体験記事。記事を書いた当人も、自分の劣化に驚いたようだ。

オレがメルマガ等にたびたび書いてきたことなのだが、セックス能力というのは、セックスレスになれば衰える。それは運動しないと、運動能力が衰えるのと同じ。使われない体の器官は、本来の能力を失っていく。能力を維持するためには、適度に使う必要がある。 続きを読む