お気に入りはバック

『体と心のセックス・ライフ』2017年3月分(Section-657〜660)

お気に入りはバック
お気に入りはバック

Section-657『セックスと愛の関係を考える(5)』

前回に引き続き、セックスのマンネリ化対策について書こう。

オレが上京したのは、クリエイティブな仕事をしたかったからだった。田舎でサラリーマンをしつつ、結婚して、子供を作って、ごくごく普通の家庭を築く……というのは、オレの人生の選択肢にはなかった。
オレは面白いことをしたかった。なにが面白いことかは人それぞれだが、オレが得意なこと、好きなことを仕事にしたいと思っていた。茨の道ではあるが、安定した会社員の生活に安住してしまうことを恐れていた。 続きを読む

セックスをマンネリ化させないためには…

『体と心のセックス・ライフ』2017年2月分(Section-653〜656)

片足挙げ屈曲位(横)

セックスの体位『正常位系』(2)

して欲しい体位は?

セックスをマンネリ化させないためには?

して欲しい体位は?
して欲しい体位は?

女性誌または女性向けWEBサイトには、セックスに関する記事が多く見られる。
恋愛や結婚にセックスは不可欠な要素であるため、関心が高いのだろう。

それらのセックスに関する記事の特徴は、「こういうときは、こうするといい」といったHow toになっていることだ。想定されている読者は、セックス経験が乏しい、あるいはセックスの知識が乏しい女性たちということになる。 続きを読む

AVはお好き?

AVを見ている女性は意外と多いかも?

バスルームにて

男が憧れるセックスシチュエーションとは?

開脚正常位(腕立て伏せスタイル)

セックスの体位『正常位系』(1)

開脚正常位(腕立て伏せスタイル)
▲開脚正常位(腕立て伏せスタイル)

■セックスの体位『正常位系』(1)

『正常位系』とは、男女が対面で体を重ねる、あるいは女性が仰向けに寝て、男性が覆い被さる体位の総称とする。

セックスの基本形ともいえる体位だが、バリエーションは豊富。しかし、意外と知らない人が多く、ひとつの体位のみでいつもセックスをしていると、マンネリ化の一因になったりもする。
あなたはいくつのバリエーションを試しているだろうか? 続きを読む

バック体位

POSITION

騎乗位で絶叫

『体と心のセックス・ライフ』2010年5月分(Section-329〜332)

騎乗位で絶叫
騎乗位で絶叫

Section-329『エッチ談義・その4』

【ナナ】
読者は男性が多いだろうから、わたしたちの関係というのが、トオルさんのハーレムのように思ってる人も多いんじゃないかな?
女の方が数が多いということでは、そうともいえるんだけど、ハーレムとはぜんぜん違うのね。
たしかにトオルさんが中心ではあるんだけど、いろいろな要望とか雰囲気を作ってるのは女のわたしたちの方(^○^)
エッチしたいって言い出すのも、女の方なのよ。
トオルさんと拓己は、わたしたちの求めに応じてくれてるわけ。
トオルさんの流儀でもあるけど、セックスの主導権は女の方にあるの。
まぁ、みんなエッチ大好きで、積極的だから、トオルさんは引っ張りだこだけど(^_^)b
それができるトオルさんだから、わたしたちも甘えてしまう。

いつも甘えっぱなしじゃ申し訳ないから、わたしたちはトオルさんが求めるときには、できることはなんでも応えるようにしてる。
わたしの体はトオルさんのものだから、好きにしてという感じで。
トオルさんはトオルさんで、
「オレの体は、君たちのものだから」
と、いってくれてる。
互いに互いを捧げてる。
それがわたしたちの基本。 続きを読む

騎乗位でイク

『体と心のセックス・ライフ』2007年12月分(Section-213〜216)

1 / 212