座位フェラ

『体と心のセックス・ライフ』2018年4月分(Section-710〜713)

座位フェラ
座位フェラ

Section-710『セックス教室・麻由美編(2)』

少々長湯してバスルームから出て、寝室に戻る。
裸のままソファに麻由美と並んで座り、コンビニで買ってきた飲みものを飲む。彼女はお茶、オレはアクエリアスだ。
彼女はやや前屈みでモジモジしている。
「恥ずかしい?」
オレは聞いた。
「なんか、慣れなくて」
「自信を持っていいよ。綺麗だし、素敵だと思うから」
「最近、ちょっと太り気味なの。このへんが」
彼女はお腹をさする。
「気にしない、気にしない、その程度じゃ太ってるとはいわないよ。オレの方が太ってる。歳には逆らえないよ。基礎代謝が落ちてるから、どうしても腹に脂肪が溜まる」
オレは、ここ1年で7〜8キロくらい太ってしまった。食欲はあるから、ついつい食べすぎてしまうのだが、食べた分のカロリーを消費するほど運動しなければ、必然的に体重は増える。
以前はすぐに戻せたのだが、もはや簡単には戻せなくなり、これも歳なのだと思う。

風呂上がりでひと息ついて、オレはいった。
「ベッドに上がろうか」
「そう……ですね」
オレは、カバンからポーチを取り出してベッドに上がり、彼女もベッドに上がる。ポーチの中には、ローションやボディオイルのボトルが入っている。
彼女はベッドの上に、横座り(正座から足先を横にずらした座り方)していた。
「仰向けに寝て」
オレはいった。
「はーい」
彼女は笑みを浮かべていた。緊張はしているのだろうが、だいぶ打ち解けてきていた。
オレは、ポーチからボディオイルを取り出す。
彼女の横に膝をつき、ボトルからオイルを手のひらに滴らせて、それを彼女の胸元に塗る。柑橘系の甘い香りが漂う。
「いい匂いですね」
「そうだろう。リラックスできる匂いだと思うよ」
オイルを彼女の乳房、お腹、太ももへと塗っていく。風呂上がりで肌が乾燥するのを補うことと、愛撫としてのスキンシップを兼ねている。
オレは彼女をまたいで、彼女の太ももあたりに腰を下ろす。そして、オイルを彼女の乳房に直接垂らし、両手で彼女の乳房を揉む。大きく、やわらかい乳房は、揉むのが気持ちいい。
「どう?」
オレは聞いた。
「気持ちいい」
彼女は笑顔で答えた。
乳房を揉んでいると、乳首が立ってくる。指先で、立った乳首を転がす。
「あ……」
「感じる?」
「うん、少し……あぁ……」
オレは上体を倒して、乳首に口をつけ、舐める。
「ぁぁ……」
反応は鈍いが、まったく感じないわけではない。これで無反応だと、ちょっと困ったことになる。
オレは左右の乳房と乳首を、舐めて、吸って、愛撫をしていく。…… 続きを読む

性豪とは?

ひと晩にセックス5回で性豪?

性豪とは?

文筆家や芸術家などのクリエイティブな才能の持ち主は、セックスにまつわる逸話が多い。この傾向は驚くにあたらず、性欲と創造的な才能は、じつは密接に結びついている。言い換えれば、旺盛な性欲が、旺盛な創作活動の源になっているともいえる。有名なところでは、ピカソの女性遍歴がある。

俳人の小林一茶は、性欲旺盛な性豪だった……というエピソードを紹介した記事。 続きを読む

ソファ座位

セックスに不満を持つ男性の本音とは?

立ちバック

『体と心のセックス・ライフ』2017年11月分(Section-689〜692)

立ちバック

Section-689『エッチ日記(24)』

続いて変化があったのは、涼子。
以前から彼女に猛烈にアプローチする、10歳ほど年下の男性がいた。会社での所属部署は違うのだが、何度もデートに誘われていた。
何度か、食事に誘われたのに応じた程度で、それ以上はナシ。
「彼がいるから」
と、彼女はいっていたが、彼はめげなかったそうだ。
その健気さが、気の毒になってしまったという。

「ほかの男を経験することは、悪いことじゃないよ」
オレは常々そういってきた。
オレと拓己のことを愛してくれるのはうれしいが、束縛するものではない。男もいろいろだから、経験することは無駄にはならないと。 続きを読む

『体と心のセックス・ライフ』2017年6月分(Section-669〜672)

Section-669『エッチ日記(3)』

仮眠からの目覚めは、フェラ。
目を開けると、食べていたのは由貴だった。
「ああ……由貴か……。どのくらい寝てた?」
オレの右隣にいた絵理が代わりに答える。
「1時間くらいです。そろそろ起こそうってことで」
「そうか」
仮眠としては、適度な時間だ。疲労感はなくなっている。
拓己はすでに起きていたようで、涼子にバックをしていた。バックはバックでも、アナルをしているようだ。涼子の感じ方が、それを物語っている。

「由貴、もういいよ」
フェラを続ける由貴にいった。
「充電できた?」
由貴が聞いた。
「ああ、もう満タンだよ。どうしたい?」
「アナルしたい!」
由貴は即答。
「わたしも」
絵理も同調する。
「わたしもいいかしら?」
奈緒子が小さく手を挙げていった。
「いいよ。まとめて面倒見るよ。じゃ、由貴から」 続きを読む

セックスをマンネリ化させないためには…

『体と心のセックス・ライフ』2017年2月分(Section-653〜656)

「数字で見る日本人のセックス事情」とは?

日本人のセックス事情についての記事

日本人のセックス事情について、なかなか良い記事があった。
オレが度々書いていることと通じるところもあるが、調査結果で出てくる数字を、どう解釈するかというのは個々のセックス観や経験が左右する部分でもある。

著者の鈴木涼美さんは、オレから見るとお若い(^_^)。
それなりの経験はあるようだが、オレ的には「そこはちょっと違うかも」という解釈もある。 続きを読む

ポリアモリーとは?

ポリアモリーのススメ

AVの影響とは?

AVの観すぎでセックスに幻滅する?

AVの影響とは?
AVの影響とは?

AV(アダルトビデオ)は、娯楽としてのセックスを見せるものだが、観すぎによる影響はあるのか?……という研究をした学者がいるという。

影響はなにがしかあるだろうことは想像できるが、それがいい影響なのか悪い影響なのかは、観る人のセックス経験やセックス観が左右するように思う。 続きを読む

セックスの強者は“保護者タイプ”

セックスの強者は“保護者タイプ”説

セックスの強者は“保護者タイプ”
セックスの強者は“保護者タイプ”

イケメンは女性にモテるとされるが、イケメンでなくてもモテる男はいる。
また、イケメンだからセックスが上手いかというと、そういうわけでもない。
見た目”はセックスアピールでもあるから、イケメンに女性が惹かれるのは、男が美人に惹かれるのと同じ理由だ。
だが、セックス能力の優劣は見た目とは連動しない。
そんな「セックスの強者は?」という記事。

死ぬまで現役 下半身のツボ セックスの強者は“保護者タイプ” 週刊実話 続きを読む