立ちバック

『体と心のセックス・ライフ』2018年5月分(Section-714〜717)

立ちバック
立ちバック

Section-714『セックス教室・麻由美編(6)』

ホテルを変えての延長戦。
部屋に入ると、すぐに裸になり、フェラで勃(た)たせてもらい、オレと麻由美はベッドに上がって正常位で抱きあう。
「落ち着いた?」
オレは聞いた。
「うん。前のホテルを出てから、トオルさんに抱いて欲しくて、ずっとウズウズしてたの。こんな気持ちになるなんて、初めてだから、どうしたらいいのかわからなくて。わがままいって、すみません」
「いいんだよ、今日は特別な日だからね」
「トオルさん、やさしい。トオルさんが愛されるのがよくわかる。セックスはすごいし、大切にしてくれるし、一緒にいると癒される」
「ありがとう。でも、ほめすぎ。オレを愛してくれる女性に、愛で応えてるだけ。くさい言い方だけど、それがオレの生きがいなんだ。セックスはオレの特技でもあるからね」
「セックスが特技ってすごいと思う」
「人にはいえない特技だけどね。あなたと出会えたことに、とても感謝してるんだ。相手が変われば、セックスも違ったものになるけど、あなたとのセックスで新鮮な経験ができてるからね」
「感謝してるのはわたしの方。女にしてくれたから」
「お互い様だね」
「トオルさん、愛してます」
「オレも愛してるよ、麻由美」
オレは腰振りを始める。
「あん…………ぁぁん……………はぁぁ………ああん……………」

それから1時間あまり。
オレは緩急をつけながら、彼女を喘がせ続け、射精でひと区切り。
風呂に入り、湯船にゆったりと浸かる。
バスルームは前のラブホよりも広く、バスタブも大きい。ジャグジーもついていて、ブクブクと泡立てる。
「気持ちいい〜」
彼女はいった。
「大きい風呂はいいよね。足が伸ばせる」
「トオルさん、足が長いから」
「うちだと、膝を抱えるようにしないといけないんだ」
「こんなふうに、ふたりでお風呂に入るのって、楽しい」
「オッパイも揉めるしね」
オレは乳房を揉みながらいった。
「うふふ、揉んでくれると、気持ちいい」
彼女は笑いながらいった。…… 続きを読む

10の質問でセックス傾向を診断とは?

男は巨乳好き

男がセックス中に気にする「女のあの部分」とは?

AVはお好き?

AVを見ている女性は意外と多いかも?

巨乳はお好き?

日本人女性の豊胸化が進んでいる?

手を使わずにフェラ

『体と心のセックス・ライフ』2017年1月分(Section-649〜652)

赤いブラジャー

家でブラをつけるか、つけないか…の悩み

赤いブラジャー
赤いブラジャー

女性にとってブラジャーは、下着として必須アイテムだが、胸を締め付けるやっかいなものでもある。
ブラの役割は、1つは「乳房を隠すため」、もう1つは「乳房を整えるため」だ。また、男性に対しては、セクシーさをアピールするアイテムでもある。

おもに外出時にブラをつけるわけだが、家の中では誰かに見られるわけではないから、外してしまった方が楽になる。ブラは拘束具でもあるからだ。
ひとり暮らしであれば、誰に遠慮することなくノーブラで過ごせるが、家族やパートナーがいると、そうもいかない場合もある。父親であっても男なので、ブラは外せないという人もいる。 続きを読む

sleeping

裸で眠ってますか?

Tバック

Tバックはお好き?

一緒に入浴

『体と心のセックス・ライフ』2015年5月分(Section-569〜572)

一緒に入浴
▲一緒に入浴

Section-569『奈緒子とラブホテルに(2)』

「奈緒子! もっと! もっと強く!」
オレは射精の一歩手前で、より強い刺激を欲する。このピークを逃したら、射精できない。
「そう! そうー! そこ! もっともっと!」
彼女は激しく頭を振って、鼻息荒く、ペニスを食べ続ける。
「イキそう! がんばって! もうひと息!」
射精ボーダーラインの壁……たとえるなら、川に造られたダムに雨水が流れこみ、水位が上がっていくような感覚。
快感という名の水が、射精を押しとどめるダムの貯水限界に達する。
そして、ついに壁を越え、決壊する。

「アアアゥゥーーー!!」
射精。
精液が鉄砲水となって、彼女の口の中になだれ込む。
ドクン、ドクン、ドクン、ドクン……
解放感と満足感、それと安堵感。
緊張していた全身から、力が抜けていく。
彼女はペニスを頬張ったまま、肩で息をしていた。
かなり長い時間がかかってしまった。長時間のフェラに慣れている彼女でも、ここまで長くフェラをすることはめったにない。疲労度は大きいはずだ。 続きを読む

1 / 3123