立ちバック

『体と心のセックス・ライフ』2018年5月分(Section-714〜717)

立ちバック
立ちバック

Section-714『セックス教室・麻由美編(6)』

ホテルを変えての延長戦。
部屋に入ると、すぐに裸になり、フェラで勃(た)たせてもらい、オレと麻由美はベッドに上がって正常位で抱きあう。
「落ち着いた?」
オレは聞いた。
「うん。前のホテルを出てから、トオルさんに抱いて欲しくて、ずっとウズウズしてたの。こんな気持ちになるなんて、初めてだから、どうしたらいいのかわからなくて。わがままいって、すみません」
「いいんだよ、今日は特別な日だからね」
「トオルさん、やさしい。トオルさんが愛されるのがよくわかる。セックスはすごいし、大切にしてくれるし、一緒にいると癒される」
「ありがとう。でも、ほめすぎ。オレを愛してくれる女性に、愛で応えてるだけ。くさい言い方だけど、それがオレの生きがいなんだ。セックスはオレの特技でもあるからね」
「セックスが特技ってすごいと思う」
「人にはいえない特技だけどね。あなたと出会えたことに、とても感謝してるんだ。相手が変われば、セックスも違ったものになるけど、あなたとのセックスで新鮮な経験ができてるからね」
「感謝してるのはわたしの方。女にしてくれたから」
「お互い様だね」
「トオルさん、愛してます」
「オレも愛してるよ、麻由美」
オレは腰振りを始める。
「あん…………ぁぁん……………はぁぁ………ああん……………」

それから1時間あまり。
オレは緩急をつけながら、彼女を喘がせ続け、射精でひと区切り。
風呂に入り、湯船にゆったりと浸かる。
バスルームは前のラブホよりも広く、バスタブも大きい。ジャグジーもついていて、ブクブクと泡立てる。
「気持ちいい〜」
彼女はいった。
「大きい風呂はいいよね。足が伸ばせる」
「トオルさん、足が長いから」
「うちだと、膝を抱えるようにしないといけないんだ」
「こんなふうに、ふたりでお風呂に入るのって、楽しい」
「オッパイも揉めるしね」
オレは乳房を揉みながらいった。
「うふふ、揉んでくれると、気持ちいい」
彼女は笑いながらいった。…… 続きを読む

立ちバック

『体と心のセックス・ライフ』2017年11月分(Section-689〜692)

立ちバック

Section-689『エッチ日記(24)』

続いて変化があったのは、涼子。
以前から彼女に猛烈にアプローチする、10歳ほど年下の男性がいた。会社での所属部署は違うのだが、何度もデートに誘われていた。
何度か、食事に誘われたのに応じた程度で、それ以上はナシ。
「彼がいるから」
と、彼女はいっていたが、彼はめげなかったそうだ。
その健気さが、気の毒になってしまったという。

「ほかの男を経験することは、悪いことじゃないよ」
オレは常々そういってきた。
オレと拓己のことを愛してくれるのはうれしいが、束縛するものではない。男もいろいろだから、経験することは無駄にはならないと。 続きを読む

フェラ

『体と心のセックス・ライフ』2017年9月分(Section-681〜684)

フェラ

Section-681『エッチ日記(15)』

木曜日。
目覚めはいつもフェラ。
夢の中でフェラされていて、快感になっていた。それが夢ではなく、実際にフェラされているのに気がついて、目が覚める。
意識が混濁していると、夢と現実の区別がつかなくなる。
食べていたのは、ナナ。
「ああ、ナナ。おはよう」
「おはよう、トオルさん。いただいてます」
彼女は口を離していった。
「いい気持ちだよ。イかせて」
「はい」
彼女は再びペニスを頬張る。

拓己は涼子がフェラをしていた。
「ああ! あああ! イクーー!」
彼は射精したようだ。
フェラで起こしてもらえるオレたちは、幸せ者だ。
朝一でフェラしてもらって、射精すると、スッキリと起きられるし、テンションが上がるから、朝から元気に仕事ができるんだよね。
気持ちの問題かもしれないが、活力が湧いてくる気がする。
一番搾りを飲んだ彼女も、活力をもらって、その日は快調だという。精液は精力剤にもなっているのだ。 続きを読む

して欲しい体位は?

セックスをマンネリ化させないためには?

して欲しい体位は?
して欲しい体位は?

女性誌または女性向けWEBサイトには、セックスに関する記事が多く見られる。
恋愛や結婚にセックスは不可欠な要素であるため、関心が高いのだろう。

それらのセックスに関する記事の特徴は、「こういうときは、こうするといい」といったHow toになっていることだ。想定されている読者は、セックス経験が乏しい、あるいはセックスの知識が乏しい女性たちということになる。 続きを読む

セックスはもっと自由に

セックスと睡眠の関係

セックス教室となるラブホの部屋の一例

セックス教室について

立ちバック(バスルームバージョン)

『体と心のセックス・ライフ』2016年9月分(Section-633〜636)

フェラ

『体と心のセックス・ライフ』2016年6月分(Section-621〜624)

フェラ
▲フェラ

Section-621『由貴&絵理(3)』

★由貴 ——————
こんばんは〜(^○^)
今日は、絵理ちゃんは午前10時くらいに来て、トオルさんと拓己さんをフェラして、いろんな体位でセックスして、落ち着いたところ。
前回はフェラの話だったけど、今回はセックスの話かな。

☆絵理 ——————
こんばんは。
今日もお邪魔してます。
1週間、悶々としているので、こちらに来ると思いっきり発散している感じです。
わたしが来るときは、みなさんが一番搾りを取っておいてくださるので、とてもうれしいです。
トオルさんと拓己さんの一番搾りの精液を、おいしくいただきました。
最近、精液がとてもおいしいと感じるようになって、いただけるのを楽しみにしているんです。
みなさんに感謝です。 続きを読む

ペニスにピース

『体と心のセックス・ライフ』2016年5月分(Section-617〜620)

ペニスにピース
▲ペニスにピース

Section-617『トオルファミリー・新章(10)』

彼女たちが疲れてしまったので、長めの休憩を取る。
水分を補給し、エネルギー補給としてチョコを食べる。
オレはニコチンを補給。煙を吐くと、室内にある空気清浄機のモーター音が大きくなる。
タバコは受動喫煙の問題もあるのだが、彼女たちは了承してくれている。それはオレの精力維持にいくらか役立っているのと、タバコを吸いたくなる気持ちがフェラをしたくなる気持ちと似ているからだ。喫煙経験のあるナナと涼子はそういっている。
オレ自身はなかなか禁煙できないのだが、彼女たちには禁煙を勧めた。タバコを吸っていると、体臭がタバコ臭くなるため、女性本来の香りを失ってしまう。そのことはマイナスになる。オレのためというより、彼女たち自身のために、女性としての魅力は最大限に発揮してほしい。「女の武器」というのは、仕事の上でも有効な場合があるのだ。

時刻は夜11時を回った。
長い休憩時間を利用して、メルマガの配信用テキストを仕上げる。
ノートパソコンをベッドの上で広げ、カタカタとキーボードを叩く。両脇から、絵理と由貴が画面を覗きこんで、オレの作業を見守る。
「トオルさん、速いですね。わたし、そんなに速く打てない」
絵理がいった。
「まぁね。文章書きは仕事だから」
「タイピングも速いんだけど、文章考えるのも速い」
由貴が口をはさむ。
「ですよね。ポンポン文章ができあがっていく」と絵理。
「考えるのと、打ちこむのが同じスピードなんだよ。手書きだとこうはいかないから、パソコンさまさまだよ」
オレは答える。 続きを読む

湯船でバック

『体と心のセックス・ライフ』2016年4月分(Section-613〜616)

湯船でバック
▲湯船でバック

Section-613『トオルファミリー・新章(6)』

涼子は前を向いてオレにまたがるが、気が変わったのか、反転して後ろ向きに変える。
「こっちにする」
背面騎乗位で乗り、ペニスをヴァギナに挿入する。

前向きの騎乗位と後ろ向きの騎乗位では、感じ方がかなり違うと、彼女たちはいう。男の側からすると、あまり違いはないように感じるのだが、ペニスを受けとめる彼女たちには大違いらしい。
違いの要因は、ペニスを挿入する向きだろう。
背面騎乗位では、バック挿入になるため、挿入感が深くなる。
なぜバック挿入で挿入感が深くなるかというと、膣の位置とペニスの勃起角度の関係だ。
膣口は股の真下より少し前にある。その膣口から、背中の方向に向かってやや斜めに膣が伸び、子宮口に至る。
図解すると以下のようになる。
https://www.xy-lovestory.org/image/vagina-side.gif
このように斜めになっている。 続きを読む