近未来の分子コンドームとは?

「分子コンドーム」…新しい避妊薬の登場となるか?

セックスはもっと自由に

セックスと睡眠の関係

バナナフェラ

『体と心のセックス・ライフ』2013年8月分(Section-485〜488)

バナナフェラ
▲バナナフェラ

Section-485『冬休みは自宅でエッチキャンプ(28)』

奈緒子は正常位で、声を抑えた絶叫で、オーガズムに昇る。
「はぁぁーー! はぁっはぁっ、んんんはぁぁーー! アアンッ!!」
抑えてはいても、ピークの快感がくると、思わず大声を上げてしまうものだ。少しぐらいなら、それも許容範囲だ。
ほんとうの大絶叫だと、外に声が漏れてしまうだろうが、一瞬の声ならそれほど漏れてはいないのではないかと思う。まぁ、隣近所にはあまり聞かれたくはないものではある。

奈緒子は極度の興奮状態……つまり、オーガズムに浸り続ける。
オレは速いピッチで腰を振り続け、彼女の体を突き動かす。
彼女は苦痛と快感の入り交じった表情で、喘ぎ、悶える。
苦しいのは呼吸が荒くなるからだ。絶頂の最中では、激しい運動をしているのと同じくらいの呼吸になる。心臓もバクバクだろう。
オレも呼吸が荒くなり、心臓の鼓動は速くなる。
走ることは手足の反復運動だが、一定のリズムで反復する方が長い距離を走れる。セックスも同じことで、腰の反復運動は一定のリズムを刻む方が長続きする。
しかし、反復回数が多くなるほど、だんだんと反復するための筋力が弱くなってくる。筋力と体力には限界があるからだ。オーバーヒートした筋肉は動かなくなってしまう。
限界が近づいてくると、あとは気力を絞り出す。
堪えて、堪えて……、可能な限り反復を続ける。 続きを読む

ソファ後座位

『体と心のセックス・ライフ』2010年6月分(Section-333〜336)

ソファ後座位
ソファ後座位

Section-333『オルタナティヴ・ラヴ/香織編(33)』香織の発情

香織と約4か月ぶりに再会した。
メールではちょくちょく近況を伝えあってはいるものの、会えないのはもどかしい。
彼女は、オレにとってかけがえのない女性のひとりだからだ。
会うためには、事前の予定を立てて、航空券を予約し、日程を調整する。
彼女は休みが不定期であるため、オレと会うために休みを取らなくてはならないからだ。
オレ自身は、土曜日に行くため、通常の休みなので問題ない。

もっと頻繁に会いに行きたいところだが、交通費や彼女の予定の問題があって、なかなか行けないのが現実だ。
そのへんが、遠距離の難しいところ。 続きを読む

騎乗位の気持ち

『体と心のセックス・ライフ』2007年7月分(Section-193〜196)

騎乗位の気持ち
騎乗位の気持ち

Section-193『大胆な体位に挑戦(7)後挿位を極める PART-3』

「後挿位を極める」の3回目。
今回までで、後挿位のバリエーションを、16体位紹介することになる。
参考画像も紹介しているので、どういう体位なのかが視覚的にもわかりやすく、いろいろと参考になると思う。
並べてみると、後挿位(バック)といって、じつに多様な体位の変化があることがわかるだろう。
今までしたことがなかった体位、こんな体位もあるのかと、新鮮な感動もあるのではないだろうか?(^^)。
まだまだ紹介しきれないものもあるので、後挿位編はPART-4を予定している。
体位を目で見て、方法やエピソードを読んで、そして実際に試してもらえれば、幸いだ。
とかくワンパターンになりがちなセックスに、少しでも新鮮な刺激と悦びを得られればと思う。

●この続きは購読してね! 続きを読む

巨乳が好き

『体と心のセックス・ライフ』2006年2月分(Section-125〜128)

巨乳が好き
巨乳が好き

Section-125 『乳房の愛で方』

女性の乳房は、第二の性器ともいわれる。
形や大きさは個人差が著しく、ときに女性にとって乳房は悩みの種になったりもする。
乳房の嫌いな男性は、まずいないだろう。
それが、巨乳なのか、豊乳なのか、爆乳なのか、美乳なのか……といった違いはあれど、好きになった女性の乳房は、好きな乳房になる。
乳房の感触は、男にとって、原点回帰ともいえる。
それは「母親」に対するイメージと重なる。
また、乳房は女性の感じやすい性感帯のひとつでもあり、男が彼女の快感の扉を開く、最初の入口になる。
とかく、乳房の形や大きさばかりが問題にされるが、本当に大事なのは乳房の感じやすさ、感度の良さなのだ。
男性向けの雑誌……それがアダルトな内容ではなくても……では、乳房は必須になっている。アイドルの水着写真やエッチな傾向のマンガなど、必ずといっていいほど、乳房は登場する。
水着に隠れている乳房であっても、そこに裸の乳房を想像する。
そして、豊かなバストを持つアイドルたちは、良し悪しは別にして、乳房を売りにしているのだ。
しかし、想像するだけの乳房なんて、ちょっと寂しい。
彼女がいるのなら、彼女の乳房を愛でようではないか。

■巨乳はイイ……しかし、バランスが重要(春海の場合) 続きを読む

初体験は……

『体と心のセックス・ライフ』2004年3月分(Section-33〜36)

初体験は……
初体験は……

Section-33 『Pスポットの開拓 Part-2』

Pスポットを未体験の女性には、ポルチオ性感は未知の快感だろう。
前号ではPスポットについての基本的なことについて書いた。
今号では、具体的にどういう風にしてPスポットを開拓して、大きな快感を得られるようになるのか、実体験を交えて解説していく。
ポルチオ性感がどうしてそれほどまでに大きな快感なのかは、医学的な根拠や説明は曖昧だ。クリトリスの快感のように、快感を得られる理由がはっきりしていない。
しかし、現にPスポットでオーガズムに達する身近な例が、私の目の前にいる。彼女たちは、その快感を最高だといい、強く欲してさえいる。私のセックスに対する好奇心を、彼女たちが自ら被験者となって、示してくれているのだ。
彼女たちは、いかにしてPスポットに目覚めたのか。
その過程を見ていけば、未体験の人にも参考になるのではないかと思う。
以下の本文は、Pスポット・セックスの実践編である。

(中略) 続きを読む

巨乳の魅力

『体と心のセックス・ライフ』2003年9月分(Section-9〜12)

巨乳の魅力
巨乳の魅力

Section-9 『小道具を使って楽しむ』

セックスは相手さえいれば、楽しめて快感を得られる。
他の娯楽……、たとえばスポーツやゲームでは、身につけるものや道具、そして適した場所が必要になる。ジョギングは走るだけだからといって、裸で走るわけにはいかない。スポーツの場合には、楽しめる環境を整えるのに、下準備としてウエアをそろえたり、スポーツクラブに入会したりと多額のお金も必要だろう。
しかし、セックスは男女が互いに性欲を喚起させて、性器を結合させるだけだ。裸にならなくても可能だし、基本的にどこでもできて、お金もかからない。ただ、ふたりでより満喫するためには、適した条件というのはある。
小道具などなくても楽しいセックスはできる。だが、毎度のセックスに変化をつけたり、新しい刺激を得るために、小道具を使うのも方法なのだ。

セックスのための小道具といっても、いろいろある。
手っ取り早く身近なものを代用することもあるだろう。オナニーをする場合には、身近なものを使うことが多いかもしれない。女性がペニスの代わりにソーセージやバナナを使ったり、調理器具のスリコギも使える。男性がヴァギナの代用品としてそのまま使えるものは少ないが、竹輪が使われたりすることもあるらしい。男性はもっぱら自分の手を使うものである。 続きを読む