騎乗位

『体と心のセックス・ライフ』2018年6月分(Section-718〜721)

騎乗位
騎乗位

Section-718『セックス教室・麻由美編 2nd Stage(2)』

コンビニ弁当を食べる。
オレは生姜焼き弁当で、麻由美はハンバーグ弁当だ。
ソファに並んで座っているが、裸なのがラブホらしいところ。彼女は、ラブホが2回目ということもあって、裸でいることに恥ずかしさは感じなくなっているようだ。

弁当を食べながら、彼女の話に耳を傾ける。
彼女は堰を切ったように話す。勤務先でのこと、週刊誌的な話題、陰毛の脱毛に行ったときのこと、ジムに通い始めたこと、フェラの自主トレのこと……などなど。楽しそうに話す彼女を見ていると、オレの顔もほころぶ。
女性はおしゃべり好きが多いが、彼女も例外ではない。ただ、男性と話をする機会は少ないそうで、オレと話をするのがうれしいようだ。それも裸になって話をしているわけだから、本音で話せることに解放感を感じているのだろう。
たわいのない会話だが、こうして話をすることが大事なんだ。思っていること、感じていることを相手に伝えることで、互いの理解が深まる。それはセックスの前期でもある。 続きを読む

10の質問でセックス傾向を診断とは?

男は巨乳好き

男がセックス中に気にする「女のあの部分」とは?

男性視点のバック…

女性が綺麗に見えるセックスの体位とは?

フェラのテクニシャンを目指せ!

女性のためのフェラ講座【上級編】-その2-

バスルームにて

「セックスポジティブ」という考え方

確かな避妊でセックスを…

避妊の基礎知識

確かな避妊でセックスを…
確かな避妊でセックスを…

セックス・ライフに避妊は必須

子作りのためのセックスではない限り、セックスするときには避妊は最重要問題だ。

しかし、妊娠を望んでいないのに、十分な避妊をしないでセックスする男女は多い。
そのことを反映して、妊娠中絶は2014年度には18万1905件にものぼっている。過去の経緯から見ると、減少傾向にはあるものの、けっして少なくない件数になっている。 続きを読む

指技の基本と体位(1)

▲爪は綺麗に切っておく
▲爪は綺麗に切っておく

■指技の基本と体位(1)

指技とは、男性が指を使って女性のヴァギナを刺激して快感を与える行為のこと。英語では「Fingering」または「Finger-Fuck」というが、後者はエロスラング的な使い方。
愛撫のひとつだが、指技をするには準備すべきことと、どういうふうにすると良いのかのテクニックがある。セックスをする前の前戯として、あるいはセックスとセックスの合間に行う中戯として指技をすることは、女性の快感を途切れさせないのに有効となる。

しかし、指技をしない男性も少なくない。
理由のひとつは、前戯なしでいきなりセックスを始める男が多いからだ。指技の仕方を知らないためにどうしていいのかわからなかったり、または良くない方法でヴァギナをいじって傷つけてしまうこともある。 続きを読む

ヴァギナの各部の名称

女性の体について

ヴァギナの各部の名称
▲ヴァギナの各部の名称

女性の体は、男性に比べていろいろと複雑である。妊娠・出産・子育てのための器官があるからだ。そして、それらの器官のいくつかはセックスでの性感帯ともなっている。

セックスをするときは、暗いベッドルームだったりして、いちいち生殖器を観察することはあまりしないだろう(^^)。アダルトビデオで性器を映すものもあるが、陰毛に隠れていたり行為の方ばかりで細部までは見られないことが多い。彼女に「じっくり見せて」ともいいにくいものだ(^^)。
結果として、どういう構造になっているのか、知らない人もいるかもしれない。そんな方たちのための、ヴァギナ解説である。 続きを読む

彼女がイクとき

『体と心のセックス・ライフ』2010年10月分(Section-349〜352)

彼女がイクとき
彼女がイクとき

Section-349『女性のオーガズムに必要なこと(5)女性が「イク」と感じるとき〜香織の場合』

女性のオーガズムに必要なこと……としての、実践編。
モデルケースとして、オレの愛する彼女たちがどうなのかが参考になるかもしれない。
最初は「香織」
じつは、香織には先週会ってきた。
福岡にいる彼女とは遠距離だが、数ヶ月に一度、オレが会いに行っている。
彼女はオレと会うときが、セックスをするときなので、セックス頻度としては数ヶ月に一度ということになる。
頻度は少ないが、彼女は数ヶ月分を埋めるかのように、オーガズムに何度も駆け上がる。
彼女が「イク」ときは、どんな状態なのか。
それはイったことのない女性には、参考になると思う。

■(5)女性が「イク」と感じるとき〜香織の場合
香織とオレが出会うきっかけになったのは、彼女からの大胆な相談メールだった。
彼女はメルマガの愛読者でもあったため、過去にオレがセックス教室として何人もの女性を、オーガズムに導いてきたことを知っていた。
それは、今、これを読んでいるあなたと同じだ。 続きを読む