片足挙げ屈曲位(横)

セックスの体位『正常位系』(2)

オーガズムとは?

女性がオーガズムにイけない理由とは?

して欲しい体位は?

セックスをマンネリ化させないためには?

して欲しい体位は?
して欲しい体位は?

女性誌または女性向けWEBサイトには、セックスに関する記事が多く見られる。
恋愛や結婚にセックスは不可欠な要素であるため、関心が高いのだろう。

それらのセックスに関する記事の特徴は、「こういうときは、こうするといい」といったHow toになっていることだ。想定されている読者は、セックス経験が乏しい、あるいはセックスの知識が乏しい女性たちということになる。 続きを読む

セックスの強者は“保護者タイプ”

セックスの強者は“保護者タイプ”説

セックスの強者は“保護者タイプ”
セックスの強者は“保護者タイプ”

イケメンは女性にモテるとされるが、イケメンでなくてもモテる男はいる。
また、イケメンだからセックスが上手いかというと、そういうわけでもない。
見た目”はセックスアピールでもあるから、イケメンに女性が惹かれるのは、男が美人に惹かれるのと同じ理由だ。
だが、セックス能力の優劣は見た目とは連動しない。
そんな「セックスの強者は?」という記事。

死ぬまで現役 下半身のツボ セックスの強者は“保護者タイプ” 週刊実話 続きを読む

セックス教室となるラブホの部屋の一例

セックス教室について

あなたのセックス幸福指数は?

「セックスの回数=幸福度」の法則?

あなたのセックス幸福指数は?
あなたのセックス幸福指数は?

最近、セックスレスに関する調査や研究が多いが、この問題はいろいろと影響するからだろう。
個人にとっての心身の問題だけにとどまらず、少子化や社会的な問題にも関係している。

多くの人が、「幸福」になりたいと願う。
幸福の定義にもよるが、衣食住の環境、お金、仕事、結婚など、幸福に必要な条件はいろいろとある。 続きを読む

満足できるセックスを

セックスでイッたフリを する女性は、浮気っぽい…説

満足できるセックスを
満足できるセックスを

オーガズムを知らない女性は多いのだが……

女性にとってセックスでのオーガズムは、もっとも刺激が強く、満足感の高い快感だ。
だが、オーガズムを知らない、経験していない女性も多い。
その一因は、未熟なセックス、極めて短い時間のセックス、頻度の少ないセックスしかしていないことにある。
つまり、セックスしているにも関わらず、セックスの真価を知らずにいるということだ。

オーガズム……俗にいう「イク」とは、女性が快感で極度に興奮し、自制心を失い、快感にもだえる状態だ。
一方、場合によってはイったふり……演技をすることもある。
そのイったふりをするのは、なぜか?……という調査が行われたという。 続きを読む

激しく愛しあう

『体と心のセックス・ライフ』2016年11月分(Section-641〜644)

激しく愛しあう
激しく愛しあう

Section-641『セックスセラピー・沙優美編(14)』

沙優美編は、4か月目になった。
これは沙優美の成長の日々を綴る日記であると同時に、彼女と共有する記憶でもある。

結婚して子どもを産み、育て、妻として母として生きている沙優美。
傍目には幸せそうな彼女だが、じつは夫との関係が冷えてしまい、セックスレス、精神的なストレス、満たされない日々に悩むひとりの女性だ。 続きを読む

「食べてくれる?」

『体と心のセックス・ライフ』2016年10月分(Section-637〜640)

立ちバック(バスルームバージョン)

『体と心のセックス・ライフ』2016年9月分(Section-633〜636)

1 / 6123456