して欲しい体位は?

セックスをマンネリ化させないためには?

して欲しい体位は?
して欲しい体位は?

女性誌または女性向けWEBサイトには、セックスに関する記事が多く見られる。
恋愛や結婚にセックスは不可欠な要素であるため、関心が高いのだろう。

それらのセックスに関する記事の特徴は、「こういうときは、こうするといい」といったHow toになっていることだ。想定されている読者は、セックス経験が乏しい、あるいはセックスの知識が乏しい女性たちということになる。 続きを読む

対面立位指技

指技の基本と体位(2)

対面立位指技
▲対面立位指技

指技の基本と体位(1)の続き。

指技の基本と体位(2)

指技をするときの基本となる体位について、紹介と解説をしていこう。
通常、「指技」は「ゆびわざ」と読むのだが、以下の体位名として読ませるときは「しぎ」とする。熟語の場合は、音読みにするのが通例だからだ。
なお、命名のルールは女性の姿勢を主体としているが、指技の体位には一般的な名称はないので、すべてオレの命名した体位名である。 続きを読む

駅弁〈テーブルスタイル〉

セックスの体位『高難度系』

駅弁〈テーブルスタイル〉
▲駅弁〈テーブルスタイル〉

セックスの体位『高難度系』

高難度系は、難易度の高い体位を対象としている。
男女ともに、筋力、柔軟性、体力、持久力、バランス感覚などの運動能力の高さが求められる体位。
セックスという形のスポーツ」といっても過言ではない体位ばかりだ。一種の組み体操だともいえる。

チャレンジするには、それなりの準備が必要だろう。
女性にこの体位は可能か?
男性はこの体位を支えられるか?……等々。
自分の身体能力と相談して、可能かどうかを判断して欲しい。 続きを読む

肘膝付位〈開脚スタイル〉

セックスの体位『バック系』

肘膝付位〈開脚スタイル〉
▲肘膝付位〈開脚スタイル〉

セックスの体位『バック系』

バック系とは、女性の背後(お尻側)からペニスを挿入(バック挿入という)する体位の総称とする。
さまざまなバリエーションがあり、変化に富んだ体位となる。

動物の世界では、交尾はほとんどがバック系である。ゆえに、アニマル・ポジションとも呼ばれる。
人間も進化の初期段階では、バックが交尾の正常位であった。理由は、女性器がお尻側に付いていたからだ。人間に近い猿の生殖器がその典型的な例だ。人類の祖先が二足歩行するようになるにつれて、女性器はお尻側から前に移動した。その変化があったことで、人間は対面でセックスをするようになったとされている。 続きを読む

騎乗位〈スタンダードスタイル〉

セックスの体位『騎乗位系』

騎乗位〈スタンダードスタイル〉
▲騎乗位〈スタンダードスタイル〉

セックスの体位『騎乗位系』

騎乗位系は、その名の通り、馬に騎乗する姿勢に似ていることからの呼び名だ。。
基本的には、仰向けに寝た男性の上に、女性がまたがって結合する。その乗り方、騎乗の仕方によっていろいろなバリエーションがある。
主導権は女性にあり、女性がいかに男を乗りこなすかが鍵となる。女性の積極性が求められる体位でもある。

騎乗位を初めてする女性は、多くの場合、またがってはみたもののどう動いたらいいのか戸惑ってしまう。乗馬経験があれば別だが、男に乗ってみたものの自発的に動けないことはよくある。
騎乗位での動きは、上下の動き、前後の動き、左右の動きの3つであり、あとはその組み合わせだ。ペニスが膣の中に入った状態で、これらの動きをする。
しかし、自在に動くには、女性の足腰の筋力が必要になる。屈伸したり、腰を振る動きは、足腰を駆使するからだ。この動きは、乗馬とよく似ている。
女性が能動的に動ける騎乗位は、快感を女性自身がコントロールできるのが最大のメリットである。 続きを読む

立ちバック(バスルームスタイル)

セックスの体位『立位系』

立ちバック(バスルームスタイル)
▲立ちバック(バスルームスタイル)

セックスの体位『立位系』

男女双方が立った姿勢、もしくはどちらかが立った姿勢での体位。
立位系は可動範囲が広がるため、アグレッシブな体位が多い。全身を使う全身運動であり、男女ともに体力・筋力などの運動能力が求められる場合もある。

また、ベッドや布団以外の場所でできるセックスなので、どこでするかでバリエーションが広がる。
激しいセックスが可能になり、単なるセックスというよりはスポーツに近いものになる。
スポーツ並のセックスということで、「スポーツ・セックス」とオレは呼ぶ。 続きを読む

前側位(俯瞰)

セックスの体位『側位系』

前側位(俯瞰)
▲前側位(俯瞰)

セックスの体位『側位系』

側位系とは、男女がともに横向きに寝た姿勢、あるいはおもに女性が横向きに寝た姿勢で行う体位。
比較的マイナーな体位で、あまりすることがない体位ともなっている。
しかし、激しいセックスばかり続けていても体力がもたないので、中継ぎやまったりとつながる体位として重宝する体位でもある。

おだやかな動きとなる体位ではあるが、普段あまりしない体位として、セックスに変化をつけるのに良い。
また、体位によっては、女性の柔軟性が求められるものもあるので、ストレッチ的なセックスとしても有効だ。 続きを読む

正座前座位(側面側)

セックスの体位『座位系』(1)

正座前座位(側面側)
▲正座前座位(側面側)

セックスの体位『座位系』(1)

座位系とは、男女双方が座った姿勢、またはどちらかが座った姿勢でする体位。騎乗位も女性が座るということでは座位的な要素はあるが、ここでは分類として分ける。

座る姿勢としては、布団やベッドにじかに座るか、イスやソファなどに座る場合がある。
どういう座り方をするか、どういうシチュエーションで座るかで、様々なバリエーションになる。体位としてはややマイナーだが、変化のあるセックスをするには取り入れたい体位でもある。 続きを読む

開脚正常位(腕立て伏せスタイル)

セックスの体位『正常位系』(1)

開脚正常位(腕立て伏せスタイル)
▲開脚正常位(腕立て伏せスタイル)

■セックスの体位『正常位系』(1)

『正常位系』とは、男女が対面で体を重ねる、あるいは女性が仰向けに寝て、男性が覆い被さる体位の総称とする。

セックスの基本形ともいえる体位だが、バリエーションは豊富。しかし、意外と知らない人が多く、ひとつの体位のみでいつもセックスをしていると、マンネリ化の一因になったりもする。
あなたはいくつのバリエーションを試しているだろうか? 続きを読む

湯船でバック

『体と心のセックス・ライフ』2016年4月分(Section-613〜616)

湯船でバック
▲湯船でバック

Section-613『トオルファミリー・新章(6)』

涼子は前を向いてオレにまたがるが、気が変わったのか、反転して後ろ向きに変える。
「こっちにする」
背面騎乗位で乗り、ペニスをヴァギナに挿入する。

前向きの騎乗位と後ろ向きの騎乗位では、感じ方がかなり違うと、彼女たちはいう。男の側からすると、あまり違いはないように感じるのだが、ペニスを受けとめる彼女たちには大違いらしい。
違いの要因は、ペニスを挿入する向きだろう。
背面騎乗位では、バック挿入になるため、挿入感が深くなる。
なぜバック挿入で挿入感が深くなるかというと、膣の位置とペニスの勃起角度の関係だ。
膣口は股の真下より少し前にある。その膣口から、背中の方向に向かってやや斜めに膣が伸び、子宮口に至る。
図解すると以下のようになる。
https://www.xy-lovestory.org/image/vagina-side.gif
このように斜めになっている。 続きを読む

1 / 212