『体と心のセックス・ライフ』2015年4月分(Section-565〜568)

バスルームで立ちバック
▲バスルームで立ちバック

Section-565『ナナとラブホテルに(1)』

金曜はいつも残業になるのだが、この日は仕事が早く終わった。
ナナは夕方5時には終わる会社なので、一度家に帰ってから出かけてくる。
約束は夜8時。
仕事が早く終わったことを連絡すると、春海と拓己もこれから出かけるという。それなら、4人で合流することにした。
オレの方が新宿に近いから、先に着く。
時間的に早いので、コーヒーの美味しい店を待ち合わせ場所にした。

ナナからは逐次連絡メールが入ってくる。
<池袋〜>
<新宿〜>
<改札出た>
コーヒーを飲み終える頃、ナナと春海と拓己が姿を現した。ナナはミニスカートにブーツという、長身の彼女が引き立つ格好だ。
「お待たせ」
満面の笑みで、ナナはいった。
「飯は食べた? 食事してから行こうか?」
オレは聞いた。
「トオルさんがお腹すいてるのなら、食べてからでもいいけど」
「時間的に早いから、食べてから行こうよ」
「いいよ」
「なに食べたい?」
みんなに聞く。
「トオルさんが好きなもので」とナナ。
「じゃ、寿司でいいかな?」
「ええ」
ということで、近くにある回転寿司に行った。 続きを読む