鏡の前で立ちバック

『体と心のセックス・ライフ』2014年9月分(Section-537〜540)

鏡の前で立ちバック
▲鏡の前で立ちバック

Section-537『ゴールデンウイークはホテルで(18)涼子』

オレは、しゃがんで騎乗位で疲れた涼子の脚をマッサージする。
それがマッサージだけで終わるはずもない。
太もものマッサージから、股に間に手を伸ばして、濡れたクリトリスをくすぐる。
「うぅん……ぁぁん……」
彼女は敏感に反応する。
軽い指技から始めて、徐々に本格的な指技に。
人差し指を膣の中に入れる。
「ああんっ!」
膣の中は熱く火照っている。
中指を入れて2本の指で、指を屈伸させる。膣壁のひだやGスポットの少し硬くなった感触。
Gスポットをつつくと……
「アアンッ! ハァァンッ!」
彼女の感じ方にスイッチが入る。
薬指も入れて3本目。3本の指で、オレのペニスと同じくらいの太さになる。膣口は押し広げられ、指を圧迫する膣圧も強くなる。
指を屈伸させたり抜き差しして、彼女の感度を上げていく。
「アンアンッ! アァーーンッ! アンアンッ!」

彼女の気分が盛り上がってきたところで、オレはいった。
「足、開いて」
「はい」
彼女は股を開く。オレは彼女に覆い被さり、彼女の股の間に着く。
うつぶせの彼女のお尻側から、ペニスをヴァギナに潜りこませる。
少し探って、膣口を探り当てると、グイッと押しこむ。
「あんっ!」
オレは腕立て伏せ姿勢で、彼女に重なる。
背後位で、オレはゆっくりと腰を振り始める。 続きを読む