片足上げ側位

『体と心のセックス・ライフ』2014年7月分(Section-529〜532)

片足上げ側位
▲片足上げ側位

Section-529『ゴールデンウイークはホテルで(10)由貴』

新宿駅から歌舞伎町方面に向かっていると、オレのスマホに電話が着信した。
奈緒子だった。
「もしもし?」
「わたし。いまどこ?」
「地下道歩いて、サブナードに入るとこ」
「わたしたち、いま改札出たとこなの。一緒にお茶しない?」
「お茶より、飯だな」
「いいわ。わたしたちもまだ食べてないの。どっか場所決めて」
「そうだなー、お好み焼きでいいか? ぼてぢゅう、わかる?」
「あそこね。先、行ってて」
「わかった」
今日の昼組は拓己と奈緒子だったが、もう先にホテルに行っていると思っていた。出かけるのが遅くなったようだ。
由貴はメールを全員に送っていたので、それを見た奈緒子が連絡をくれたというわけだ。
地下街のサブナードに入ると、お好み焼き屋に向かう。

店に入ると、4人が座れる席を確保する。
オレと由貴の分の注文を先に済ませる。しばらくすると、拓己と奈緒子がやってきた。
「お待たせ」
奈緒子は由貴の隣に座りながらいった。
「遅かったんだな。とっくに行ってると思った」
「寝坊しちゃったのよ。それで朝ご飯は新宿で食べることにして出てきたの」
由貴と奈緒子は、なにやら小声で話をする。細かいことは聞こえないが、ふたりの笑顔から、それがエッチな話だと察しがつく。夕べがどんな夜だったか、互いに報告しあっているようだ。 続きを読む