しゃがんで騎乗位

『体と心のセックス・ライフ』2012年9月分(Section-441〜444)

しゃがんで騎乗位
しゃがんで騎乗位

Section-441『図解・騎乗位のテクニック(4)』

今号は騎乗位のバリエーションについての動きの基本。
女性は実践でも試して欲しいと思う。
もし、彼氏がいないようなら、布団をまるめて巻き寿司のようにして、それを彼の体と想定してまたがり、動きの練習をするといいだろう。
上手になるには、とにかく練習すること。

●しゃがんで騎乗位での動き
しゃがんで騎乗位は、騎乗位の中でも難易度が高い体位だ。
姿勢そのものは難しくないが、動きが難しい。
足腰の筋力が必要となり、体力と筋力がないと長続きしない。
動きの基本は、上下に屈伸することだが、ただ上下に弾めばいいわけではなく、彼のペニスが抜けないように高さを制限する。
つまり、彼のペニスサイズによって、弾める高さが決まる。
高く弾んだ方が快感度も高くなるが、ペニスが短ければそうもいかない。
勢いよく弾まなくてはいけないため、高く弾める方が比較的楽だ。
とはいえ、屈伸するのはウサギ跳びをするような動きなので、足腰はすぐに疲労する。
数回では快感もわずかだが、数十回弾めるようになると、快感はより大きなものになる。
それを可能とするには、女性は足腰を鍛えておかなくてはならない。
筋力トレーニングとしても、しゃがんで騎乗位は有効な体位なのだ。 続きを読む