四つん這いバック

『体と心のセックス・ライフ』2011年6月分(Section-381〜384)

四つん這いバック
四つん這いバック

Section-381『フェラな1日(8)』

遅い朝食のあとは、それぞれに自分の時間を過ごす。
メールをチェックしたり、ネットを散策したり、仕事に関連することをしたり、録ってあるビデオを見たり。
このドキュメントでは、エッチなシーンを中心に書いているので、休憩時間になにをしているのかは、あまり書いていない。
長めの休憩・中断のときは、1時間〜2時間くらいの時間がある。
その間に、それぞれの好きなことをやっている。
オレはメルマガの記事を書いたりしているわけだ。

奈緒子と涼子は、仕事がらみのことをしていることが多い。
涼子はオレの仕事と関連する業界にいるので、自宅にデータを持ち帰れば在宅で仕事ができる環境だ。あまり仕事を持ち帰ったりはしないようだが、仕事に関連する資料集めなどはやっている。
奈緒子は、会社から急を要する連絡がときどきある。彼女は休みではあるのだが、業務そのものは土日も稼働している。ときには彼女に判断を求めたり、彼女自身が出向く必要性が生じるらしい。彼女は管理職なので、休みであっても呼び出しがかかるわけだ。
春海は副業でネットショップに関わっているので、彼女も仕事がらみの作業をしている。
ナナは小説を書いたり、読書をしたりしている。
由貴はバソコンで絵を描いたり、録画してあるアニメをみたりする。
うちは、それぞれにパソコンがあるので、それぞれにバソコンに向かうことが多い。
暑い夏はいつも裸だが、春から初夏にかけてのこの時期でも、部屋の中は裸でいられるくらい暖かくしてある。加湿器で湿度を上げることでも、室温以上に暖かく感じる。
だから、みんな裸のまま、それぞれのことをしていた。 続きを読む