ハードフェラ

『体と心のセックス・ライフ』2011年5月分(Section-377〜380)

ハードフェラ
ハードフェラ

Section-377『フェラな1日(4)』

彼女たちのフェラ攻めで、ペニスはかなりの刺激を受けた。
そのため、ペニスは射精してもギンギンに勃起したままだ。もっと刺激を欲している状態で、ヒクヒクと鼓動に連動して首を振る。
まるで、ペニスが意思を持っているかのように、「おいでおいで」と彼女たちを誘う。
こうなると、刺激を途切れさせることが辛くなる。
「誰か、乗って」
オレはペニスにうながされていった。
彼女たちは顔を見合わせる。誰が乗るか、アイコンタクトしているようだ。
奈緒子が、遠慮がちに小さく手を挙げる。
ほかの彼女たちがうなずく。
奈緒子がオレにまたがり、ペニスをつまんで自分の中に入れる。
ペニスは温かい膣に包まれて、悦びと安心感を得る。
オレもホッとする。
ペニスは口の中か膣の中にあるときが、一番安らぎを感じるのだ。
「激しくしなくていいから、まったりと乗って」
オレはいった。
「ええ、そうするわ」
奈緒子は、やさしく上体を動かし始める。

休憩モードの、春海、涼子、ナナ、由貴は、渇いた喉をコーラで潤していた。フェラを長時間すると、唾液がたくさん出ることもあって、喉が渇くらしい。
「オレにも少しくれよ」
「あ、私にもちょうだい」
奈緒子も同調した。
由貴がコップにコーラを注いで、まずは奈緒子に。奈緒子はオレにまたがったまま、ゴクゴクと飲み干す。
オレは仰向けに寝ているので、コップで飲むには、上体を起こさなくてはならない。
「口移しであげようか?」
由貴がいった。
「いいけど、できるかな?」
「やってみるね」
由貴はコーラを口に含んで、オレとキスをする。 続きを読む