恍惚の屈曲位

『体と心のセックス・ライフ』2006年11月分(Section-161〜164)

恍惚の屈曲位
恍惚の屈曲位

Section-161『セックス教室・沙優美編#3・恍惚』

沙優美はオレにすべてをゆだねていた。
それは純粋で無垢ですらある。
彼女は閉じられていた扉を開きつつあった。
体と心の扉だ。
オレは少しずつ彼女の体と心をほぐしながら、秘められた彼女の奥底に光をあてる。
そうして見えてきたものは、彼女の本当の姿だ。
それは好きな彼氏にも見せたことのない、魅力的で官能的な姿。
彼女自身、そんな自分があることに気がついていなかった。
扉は開かれる。
彼女は未体験の快感へと、一歩を踏み出した。
そして……

■沙優美の真の姿が現れる 続きを読む