沙優美との初セックスは立ちバックから

『体と心のセックス・ライフ』2006年10月分(Section-157〜160)

沙優美との初セックスは立ちバックから
沙優美との初セックスは立ちバックから

Section-157『ラブホテルの過ごし方(G7・507号室)奈緒子編』

お気に入りのラブホがいくつかある。
料金、サービス内容、部屋の良さを兼ね備えたホテル。
その一つが「G7」
以前にも書いているが、再登場だ。
G7は各階でデザインコンセプトが異なり、違った雰囲気がある。
ここには何度も来ている。
その理由の一番は、サービスタイムが長いことだ。午後6時までの長い時間を休憩料金で利用できる。土曜や日曜であれば、だいたい午前10時にチェックインして、8時間を過ごせる。
しかも、部屋の質もいい。部屋は狭いものから広いものまで幅があり、一番広い部屋は一番狭い部屋の3倍はある。
今回入った部屋は、広い部屋だった。料金は9000円と高めだが、それだけのことはある満足できる部屋だ。
同じホテルでも、誰と行くかで、また違ったものになる。
この日は祭日。
オレは奈緒子と久しぶりに長い時間を過ごすこととなった。

●この続きは購読してね! 続きを読む