長い時間、つながり続ける

『体と心のセックス・ライフ』2006年6月分(Section-141〜144)

長い時間、つながり続ける
長い時間、つながり続ける

Section-141『6時間耐久セックス(3)』

ベッドに上がってからは、長い時間を彼女と常につながったまま過ごす。
互いの体が、自分の一部であるかのように感じられる。
体と心を一体にして、時間も共有する。
彼女とオレの息づかいは連動し、ペニスとヴァギナは合体してひとつの器官になる。
離れたくない。
ひとつになったオレと彼女は、高揚感と充足感に満たされる。
日常の中の非日常的なひととき。
セックスが互いを悦びで結びつけ、ベッドが至福の世界に昇華する。
それはさらに遠い地平線へと向かう……

彼女の半身をうしろに倒し、屈曲位の体勢に持ちこむ。
「さ、ガンガンにいくぞ」
「うん!」
オレは彼女の体を最大限に屈曲させて、突き下ろしを始める。
始めはゆっくりと。
そして徐々にビッチを上げ、強く、深く、激しくしていく。
彼女が叫び始めるのに、さほど時間はかからなかった。 続きを読む