童貞と処女

『体と心のセックス・ライフ』2003年10月分(Section-13〜16)

童貞と処女
童貞と処女

Section-13 『処女と童貞』

初体験は、生涯に一度しかない!
セックス未体験の女性を「処女」といい、男性の場合には「童貞」という。
英語では、男女に関係なく「バージン」である。セックス初体験を、英語では男女ともに「ロストバージン」という。
誰にでもロストバージンのときがある。初体験はたった一度の経験であり、男として女として、初めて異性と結合する瞬間だ。
これはもっとも興奮するものであり緊張するものでもある。知識として知っていたセックスを、実際に経験することになるからだ。そして、忘れがたい経験ともなる。
男女のどちらか一方が、すでに経験済みであれば、経験者がリードする形で進むだろう。しかし、両者がともに初体験のときは、戸惑いと不安があるものだし、必ずしもうまくセックスできるとは限らない。
あなたのロストバージンは、どうだっただろうか?

ちなみに、virginにTheがつくと、聖母マリアの意味になる。マリアはセックスすることなく妊娠したので処女懐胎というが、聖書を注意深く読んでいくと、具体的な記述はないものの、イエスの父は天使ガブリエルではないかと想像できる。受胎告知をするのは天使ガブリエルであり、マリアが妊娠しているのを知っていたからだ。なぜ知っていたかといえば、マリアと関係を持ったからだ……というのは、オレの邪推である。 続きを読む