片足上げ側位

『体と心のセックス・ライフ』2014年7月分(Section-529〜532)

片足上げ側位
▲片足上げ側位

Section-529『ゴールデンウイークはホテルで(10)由貴』

新宿駅から歌舞伎町方面に向かっていると、オレのスマホに電話が着信した。
奈緒子だった。
「もしもし?」
「わたし。いまどこ?」
「地下道歩いて、サブナードに入るとこ」
「わたしたち、いま改札出たとこなの。一緒にお茶しない?」
「お茶より、飯だな」
「いいわ。わたしたちもまだ食べてないの。どっか場所決めて」
「そうだなー、お好み焼きでいいか? ぼてぢゅう、わかる?」
「あそこね。先、行ってて」
「わかった」
今日の昼組は拓己と奈緒子だったが、もう先にホテルに行っていると思っていた。出かけるのが遅くなったようだ。
由貴はメールを全員に送っていたので、それを見た奈緒子が連絡をくれたというわけだ。
地下街のサブナードに入ると、お好み焼き屋に向かう。

店に入ると、4人が座れる席を確保する。
オレと由貴の分の注文を先に済ませる。しばらくすると、拓己と奈緒子がやってきた。
「お待たせ」
奈緒子は由貴の隣に座りながらいった。
「遅かったんだな。とっくに行ってると思った」
「寝坊しちゃったのよ。それで朝ご飯は新宿で食べることにして出てきたの」
由貴と奈緒子は、なにやら小声で話をする。細かいことは聞こえないが、ふたりの笑顔から、それがエッチな話だと察しがつく。夕べがどんな夜だったか、互いに報告しあっているようだ。 続きを読む

屈曲位

『体と心のセックス・ライフ』2014年6月分(Section-525〜528)

屈曲位
▲屈曲位

Section-525『ゴールデンウイークはホテルで(6)ナナ』

初めての体位……寝台反り返り騎乗位で、ナナは積極的に体を動かす。
しかし、そもそもキツイ体位であるのに加えて、不慣れな体位で動きにくそうだ。そのため、体力を消耗しているのが、見ていてもわかる。
※イメージ画像は、前号を参照。

「はぁ、はぁぁ、はぁ……キツ〜イ……はぁ」
動きたいという意思はあっても、体が動かない状態だ。
とうとう腰を振るのをやめてしまう。
「もうだめ!」
オレは彼女を背後から抱きしめて、体位を解く手助けをする。
反り返っていた下半身を手前に戻し、オレの膝に着いていた両手のゆるめる。
結合を解くと、彼女はベッドに倒れこむ。
「はぁぁ、この体位、腕がキツイ」
彼女は腕をブルブルと振る。
「だろうね。腕立て伏せしてるようなものだからね」
「もっとできると思ったんだけどな」
「まぁ、トレーニングが必要ってことだね」
「よ〜し、目標がひとつできた。この次は、もっとやれるように腕を鍛えようっと」 続きを読む

立ちバック

『体と心のセックス・ライフ』2014年5月分(Section-521〜524)

立ちバック
▲立ちバック

Section-521『ゴールデンウイークはホテルで(2)奈緒子』

奈緒子は騎乗位で軽快に弾む。
ベッドの上なので、クッションの反発力を利用できるから、軽快さに勢いがある。
だが、それは彼女の下半身が鍛えられているからこそだ。
うちでは布団の下に低反発マットを敷いているが、寝心地は良くなるものの、加えられた力を吸収してしまうので、反発力はあまり生じない。そこで騎乗位の屈伸をするには、自らの下半身を使って弾む必要がある。
そのため、うちの彼女たちは下半身が鍛えられる。
スポーツジムでも、下半身を鍛えるトレーニングをしているとのことだが、その成果として騎乗位で落差のある屈伸を長い時間できるようになっている。
ベッドの上では楽に弾めるから、勢いが増す。

「ハァーー! ハァァーー! アァーーン!」
彼女は快感の喘ぎ声を発しながら、楽しそうに弾む。
絶叫ではないが、うちでは出せないくらいのかなり大きな声だ。
遠慮なく快感に没頭できるから、快感度も高くなる。
彼女はときどきオレの顔を見る。
目が合うと、笑みがこぼれる。
彼女が快感であるほどに、オレのペニスも雄叫びを上げる。 続きを読む

518fella

『体と心のセックス・ライフ』2014年4月分(Section-517〜520)

518fella

Section-517『体位別攻略法〈続・エッチ談義〉Act.20』

【トオル】—————
みんな駅弁が好きだね(^^)
オレも楽しい体位だよ。体力に余裕があるときじゃないとできないけど。
倒れないように、落とさないように、注意しなくちゃいけないから。
プールみたいなところで、水に浸かってできるといいなーと思う。なかなかそういう場所はないけどね。

屈曲位は絶叫体位だから、君たちがオーガズムにイケルのがいいね。
ただ、家では絶叫はできないから、君たちは大声を出したいのを堪えてるのが気の毒だけどね。
オーガズムにイってるときの表情は、最高に素晴らしいんだ。
オレが君たちをオーガズムに導けるときは、男に生まれてよかったと思う瞬間だね。 続きを読む

膝立ち対面立位

『体と心のセックス・ライフ』2014年3月分(Section-513〜516)

膝立ち対面立位
▲膝立ち対面立位

Section-513『体位別攻略法〈屈曲位のいろいろ〉Act.16』

前号に引き続いて、屈曲位のバリエーションを紹介していこう。
難易度は高くなっていくが、こういう体位もあるんだということ、こういう体位ができるようになると、セックスがより面白くなるんだ。

■折りたたみ屈曲位
足を胸元で組み、折りたたむようにするのが「折りたたみ屈曲位」だ。
一見、簡単そうに見えるが、意外と難しい。
いかにコンパクトに足を折りたためるかがポイントで、関節が柔軟でないと綺麗に折りたためない。
折りたたんだ足が、股間を接する男の邪魔にならないようにしないと、挿入ができない。胸元にピッタリと両足を着けられるくらい屈曲させる必要がある。やってみるとわかるが、これはこれで難易度が高い。 続きを読む

駅弁

『体と心のセックス・ライフ』2014年2月分(Section-509〜512)

駅弁
▲駅弁

Section-509『体位別攻略法〈エッチ談義〉Act.12』

【トオル】—————
側位についてはどう?
うちでは、側位の中でも変則的な「片足上げ・側位」や「片足上げ交差・側位」が多かったりするけど。

●ナナ ——————
側位も座位と同様に、ひと息つける体位よね。
激しい体位をしたあと、息が切れているときに、側位でやさしく挿入してくれると、呼吸が落ち着くまでいい気持ちでいられる。
オーガズムまでいったときというのは、すぐには抜いて欲しくないのよね。
余韻に浸りたい。
その体位がハードな体位だと、そのままの姿勢でいるのは辛いときもあるから、そういうときに側位でつながり直してくれるとうれしい。
側位には、次のステップに進むまでのつなぎの役割がある。 続きを読む

立ちバック

『体と心のセックス・ライフ』2014年1月分(Section-505〜508)

立ちバック
▲立ちバック

Section-505『体位別攻略法〈側位〉Act.8』

今号の「側位」は、あまりすることがない体位なのではないかと思う。
体位としての知名度は低いし、アダルトビデオでも側位をしているシーンは少ない。
だが、側位は激しいセックスの合間にするのに適した、ほどよい刺激と、まったりとくつろげる体位でもあるのだ。

側位は、基本的にバック挿入になる。
男女双方が横に寝てするセックスであるため、挿入するのに対面では難しいからだ。
バック挿入であることで、女性にとっては快感度は低くない。
まったり系の体位が多い側位ではあるが、攻め方によっては激しい体位にもなる。
あまりすることがないであろう側位なのだが、この体位をバリエーションに加えると、セックスの幅が広がる。隠し球として会得しておきたい体位だと思う。 続きを読む

ソファ後座位

『体と心のセックス・ライフ』2013年12月分(Section-501〜504)

ソファ後座位
▲ソファ後座位

Section-501『体位別攻略法〈バック〉Act.4』

バックの体位の基本からおさらいしよう。
そんなことわかってるよ、という人もいるだろうが、初心に返って今一度見直してみるのも一考だ。
オレたちがやっているバックの方法なので、読者のみなさんと必ずしも同じではないかもしれない。
ほかの人と比較することはあまりないだろうから、比較対象になるのではないかと思う。

■四つん這いのバック体位での〈女性〉の姿勢
バックの基本体位は、女性が四つん這いになること。
四つん這いになることは容易い。ただ、それがセックスの体位となると、抵抗がある人も少なくないかもしれない。
日常の中で四つん這いになることがあるとしたら、床を雑巾がけするときとか、床に落ちたものを拾うときだったりする。パンツ(スラックス)やジーンズであれば、四つん這いになるのに抵抗は少ないだろうが、スカートでは恥ずかしい。
セックスでは裸なのだから、なおさら恥ずかしい格好だともいえる。
女性は股を開くことを恥じらうものだから、四つん這いになるときも股を閉じていることが多いと思う。 続きを読む

騎乗位

『体と心のセックス・ライフ』2013年11月分(Section-497〜500)

騎乗位
▲騎乗位

Section-497『女性による女性のためのフェラ講座(10)』

こんばんは、ナナです。
前号に引き続き、わたしたち女5人のエッチ談義です。

◆ナナ————–
フェラしたばかりだから、まだ余韻が残ってるけど、ペニスの感触が好きなのよね(^o^)
舌で味わう感触と、握った手で感じる感触。
ペニスは男性そのものだから、トオルさんと拓己の本質っていうか、「男」の感触って感じ。 続きを読む

カリ舐め

『体と心のセックス・ライフ』2013年10月分(Section-493〜496)

カリ舐め
▲カリ舐め

Section-493『女性による女性のためのフェラ講座(6)』

こんばんは、ナナです。

長いシリーズになってるけど、毎週書くのがこんなに大変とは(^_^)b
早めに書き上げて、トオルさんのチェックを受けて、OKをもらえるまで書き直したり書き足したり。そういう意味では、対談形式の方が楽だな〜。
わたしは文章を書くだけだけど、拓己にはイメージ画像を作ってもらわなくてはいけないので、どんなイメージが必要かを打ち合わせする。今号は図解を多くしたから、2週間くらいかかった(^_^)b
そんな作業にも、だんだん慣れてきて、書くのが楽しくなった。
ちょっとプロの気分(^_^)
あと2〜3回くらいなので、最後までがんばります。 続きを読む