バイブを使う女性

「日本女性の性的嗜好」とは?

投稿日: カテゴリー: TOPICS
LINEで送る
Pocket

バイブを使う女性

お堅いイメージのある朝日新聞系の「AERA」だが、セックス関係の記事は意外と多い。
これも時代なのかと思うが、記事の内容的にはわりと真面目というか正攻法ではある。
そんな記事のひとつ。

女性向けAV“王道2トップ”で見えた「日本女性の性的嗜好」 / AERA dot.

 女性の性がオープンになってきたのは間違いなさそうだ。けれど、モヤモヤする。セックスやエロに関心がある女性が「さみしい女」「イタイ女」と見られてきた歴史は長い。もっと気になるのは、自分自身の目線だ。自らの性欲を認めることに、どこか罪悪感がある。無理やりされるのは言語道断だが、かといって、自分からガバッと……も何か違う気がする。このちぐはぐな違和感の正体は何なのか。

(中略)

女性向けAV“王道2トップ”とは? ひとつは、好きな人といちゃいちゃする「ラブラブ」系。そして「好きな相手からちょっと無理やり」系だという。

「一見相反するキーワードですよね。男性は“無理やり”と聞くとレイプものを想像しがちですが、女性が求めているのは、相手への好意が大前提。自分の気持ちを後押ししてくれる相手の強引さなんです。どこまで強引さが受け入れられるのか、塩梅が難しいです」

(中略)

(女性用アダルトグッズを使うことに対して)

「自分ですることに対して、罪悪感がなくなってきた」

「性欲を自分でコントロールできるようになった」

なかなか興味深い記事。

オレは常々いっていることだが、女性にだって性欲はあるし、オナニーでもセックスでも自発的かつ積極的にした方がいい。日本では、セックスに関して女性は抑圧されているし、「女性と性」の価値観はかなり封建的だ。いまだに男性中心社会であるために、男性目線で女性のありようを規定している。たびたび発覚する有名人の不倫スキャンダルでは、男に対しては甘く、女性に対しては強烈なバッシングがされる。まるで、女性に性欲があってはいけないかのような扱いだ。

セックスに奔放な女性に対して、「淫乱」と表現したりするが、男性に対してこの言葉は使われることはほとんどない。

淫乱の言葉の意味は……
情欲をほしいままにする・こと(さま)。 「 -な性格」

……と、「女性」に限定されているわけではない。しかし、明記されないものの女性を隠喩している。
男女平等が憲法でも保障されているが、まだまだ平等にはほど遠いのが現実の社会だ。性に関しては、それが顕著になっている。

AVはちょくちょく見るが、安っぽいものが多い。少ない予算で作っているから安っぽいのではなく、ストーリー性や見せ方・撮り方のセンス、セックスに対する考えかたが安っぽいのだ。ちょっと可愛い女性が、オナニーやセックスしている様子を映しているだけ……という作品が多い。男性向けのAVが大半だから、男の性的願望を刺激すればいいとの発想なのだろう。裏を返せば、それを見て喜ぶ男性視聴者が安っぽいということでもある。

カメラは、もっぱらAV女優ばかりを追う。男優は首から下は出てくるものの、顔が出てくることは少ない。主役は女性であり、男優は下半身だけ。イケメンのAV男優が少ないことも、顔が出てこない一因だと思われる。ようするに、男優の顔はどうでもいいという撮り方だ。

一人称視点のAV(男優がカメラを持ってセックスする、いわゆるハメ撮り)の場合、男性視点で女性を見るシチュエーションだから、画面に女性しか出てこないのは手法としてはわかる。だが、終始この撮り方だと、変化に乏しく、退屈してしまう。画面を通して見るときには、自分がセックスするときとは違う視点や全体像を把握する視点が必要になる。それが映像を見る好奇心を刺激する。

AD

AV女優が飛び抜けた美人であれば、それだけで作品として成立するというのはある。過去、話題になったAV女優はその典型だろう。だが、女優人気だけに頼るのは底が浅すぎる。もっとも、AV作品に芸術性など求めていないが、もう少しクリエイティブでもいいのではと思う。

映画『失楽園』(1997年)は、日本国内の映画賞を取った作品だが、ポルノとしても極上の作品だった。役所広司と黒木瞳は本番セックスを演じたわけではないが、制作時の時代を考えると、本番セックスが当たり前のAVとは比べものにならないくらい、迫真のセックスシーンだった。まぁ、金のかけ方が違うというのも一理あるが、女優だけでなく男優も魅力的だから、セックスシーンも魅力的なんだ。

昨今のAVでは、ペニスやヴァギナを露骨に映すようになっているが、性器を映せばエロいわけではない。見慣れていない人にとっては、人の性器を見ることに興奮するかもしれないが、所詮体の一部に過ぎず、何度も見ていればそれだけで興奮はしなくなる。かつては、乳房を見せることや、キスを実際にすることもタブーだった時代があったが、今では、普通のテレビドラマでキスシーンはするし、ポルノではない映画の濡れ場で女優が乳房を見せることも珍しくない。性に目覚めたばかりの思春期の少年には刺激的でも、ある程度見慣れた大人にはそれほど刺激的ではない。ヘアヌードが話題になったのは昔のことであり、いまどきは話題性に欠ける。直接的な表現として性器を見せることは、もはやエロの表現としては限定的な効果しかないといえる。

粗製濫造のAVは、国内だけで年間3万本以上が作られているという。カメラは安価になったし、スマホで動画撮影もできるし、ネットで配信する手間と経費のかからない販路があることで、作品作りのハードルが下がっている。YouTube世代には、暇つぶしに見るのに、作品の質は関係ないのかもしれない。そんな安直さが、女性にAV出演を強要する事件の背景にもなっている。

しかし、制作本数が多くなっても、ニーズが同じように増えているわけではないから、1本当たりの収益は激減する。AV業界は薄利多売で地盤沈下しているという。このままでは衰退していくと懸念されているそうだが、エロの需用そのものがなくなることはなく、低レベルものが淘汰されていくと思われる。

方向性としては、以下の2点。

  1. 作品のクオリティを上げること。
  2. 男性向けに偏っている内容を、女性が見ても楽しめる作品にすること。

作品のクオリティとは、シナリオや撮影方法などの基本的なことから、編集上の見せ方や音楽の付け方など多岐にわたる。予算をかけられないことで、あまりに工夫がなくなっている。コメディでもないのに、笑ってしまう作品は少なくない。それはバカバカしい展開と、臭い芝居で失笑してしまうのだ。「見て損した」と思われるような作品では飽きられてしまう。

女性が見ても楽しめる作品とは、第一に男優がイケメンであること。第二に「綺麗」であることだ。女性でオシャレにこだわる人が多いのは、美しいものに敏感な美意識があるからだが、映像的にも美しいものを好む傾向にある。

セックスにも美学は必要だ。

本来、肉体は美しいものだ。
裸の男女が絡みあうセックスは、エロスであると同時に美しい。女優が美人でスタイルがよくても、男優が不細工で中年太りのオッサンでは興ざめというもの。

セックスには様々な体位があることは、オレのサイトでも紹介しているが、AVに出てくる体位はありきたりの数体位くらい。アクロバティックな体位は体操競技のような肉体美を表現できるし、ダンスをするような体位は躍動感がある。
セックスを美しく演出する……そこにクリエイティブな要素があると思うのだ。
残念ながら、そういうAVはほとんど見たことがない。

また……

男性は“無理やり”と聞くとレイプものを想像しがちですが、女性が求めているのは、相手への好意が大前提。自分の気持ちを後押ししてくれる相手の強引さなんです。

……というのは、女性心理をついている。
レイプものは、オレが見ていても不快になる。男にレイプ願望があるなんてのは大間違い。そんな作品に当たったときは、全部見ることなく見るのをやめる。今どき、女性を大切に扱うセックスでなければ、男性にだって受け入れられないではないだろうか? 少なくともオレはそうだ。

エロスというのは、裸で性器を見せればエロスになるのではなく、エッチな想像力を刺激することがエロスなんだ。『失楽園』が極上のエロスになっているのは、実際にセックスをしているわけではないのに、想像力を掻き立てられるからなのだ。映像表現とは、そういうことだ。

そして、女性用アダルトグッズについての部分。

男性のオナニー経験者は9割ほどだが、女性のオナニー経験者は6割くらいだとされる。ただし、女性の場合は調査によって違う結果が出てくる。年齢によっても変わり、女性の場合は若年層では少なく、20歳後半〜30歳以上になると増える傾向にある。女性はセックス経験をしたあとに、オナニーをするようになるとの調査もある。

女性は性欲の現れ方が男性とは違うので、オナニーをしない女性もいる。
男のオナニーがセックスの予行演習(射精の過程)にもなっているように、女性もオナニーで性的な快感を知っている方が、セックスへの備えになるとはいえる。現在は、ペニスを模したバイブ等のアダルトグッズがいろいろとあるので、利用できるものは使った方がいい。ただ、アダルトグッズを使うことに抵抗がある女性も少なくない。それは、女性は性的なことをしてはいけないという、社会的な抑圧というか教育の結果でもある。

女性にも性欲はある。それは恥ずかしいことではない。オナニーは、性欲の発散として健全なことである。

そのことをオレは強調したい。