背面女性上位(斜め上)

セックスの体位『バック系』(2)

投稿日: カテゴリー: バック系, セックスの体位, 体位のいろいろ
LINEで送る
Pocket

セックスの体位『バック系』(1)の続き。


セックスの体位『バック系』(2)

セックスの体位のバック系、第2弾。
バック系の定義は、「女性の背後(お尻側)からペニスを挿入(バック挿入)する体位。ただし、座位系・騎乗位系・立位系は除く」とする。

(1)では、5体位、バリエーションを含めて8体位を紹介した。
(2)では、それ以外のマイナーな体位を取り上げる。

なお、以下の体位に一般的な日本語名はないので、女性の姿勢を基本にオレが独自に命名している。


■背面女性上位

(はいめんじょせいじょうい)英名:Spoon-on-Spoon

spoon on spoon
spoon on spoon

男性は仰向けになり、女性が彼の上に仰向けに体を重ねる。男性に対して女性が背を向けているので、背面女性上位

体位そのものは簡単だ。
問題は、ヴァギナへのペニスの挿入。
女性のお尻側からの挿入なので、たたでさえペニスは届きにくい。ヴァギナが前付き(上付き)で、ペニスサイズが短いと届かない場合がある。長いペニスの持ち主でないと、できない体位でもあり、その点では難易度が高い。

英名の「Spoon-on-Spoon」は、スプーンを重ねた様子をイメージした呼び名となっている。
どういうことかというと、右図のようにスプーンを重ねた状態だ。
スプーンの湾曲した部分を重ね合わせているが、下側が男、上側は女に相当する。スプーンは形状が噛み合うが、男と女の噛み合わせは、簡単なようでちょっと難しい。

動きは制約されるものの、男が股間を突き上げて、ペニスを動かすことになる。彼女を乗せた状態では、体重がかかっているので、彼女を持ち上げるように股間を突き上げる。腰の筋力が求められる体位でもある。

背面女性上位(横)
背面女性上位(横)
背面女性上位(正面)
背面女性上位(正面)
背面女性上位(斜め上)
背面女性上位(斜め上)
背面女性上位(俯瞰)
背面女性上位(俯瞰)

■背面脚折女性上位

(はいめんきゃくせつじょせいじょうい)英名:Stretched Spoon-on-Spoon

AD

前述の背面女性上位のバリエーションで、女性が膝を折り曲げる。
女性の柔軟性が求められ、女性にとってはキツイ体位となる。女性が膝を着いていることで、体位としては安定感があり、女性が動くことが可能になる。ただし、この体勢で動くには足腰の筋力が必要。運動能力が高い女性向けの体位だ。

背面脚折女性上位(横)
背面脚折女性上位(横)
背面脚折女性上位(正面)
背面脚折女性上位(正面)
背面脚折女性上位(斜め上)
背面脚折女性上位(斜め上)
背面脚折女性上位(俯瞰)
背面脚折女性上位(俯瞰)

■四つ這い重ね位

(よつばいかさねい)英名:See Spot Come

バック体位のスタンダードである肘膝付位のバリエーション。
女性は四つん這いになり、背後につく男性が上体を倒して女性の背面に接するようにする。形としては比較的簡単なのだが、男女双方の体型によってはできない場合がある。
女性が小柄で男性が大柄、もしくは男性の足が長くないと、この体勢を作るのは難しい。
いわゆる「バック体位」のことを「アニマル・ポジション」というが、両方が四つん這いになるということでは、この体位がよりアニマル・ポジションに近い。

四つ這い重ね位(横)
四つ這い重ね位(横)
四つ這い重ね位(正面)
四つ這い重ね位(正面)
四つ這い重ね位(斜め上)
四つ這い重ね位(斜め上)
四つ這い重ね位(俯瞰)
四つ這い重ね位(俯瞰)

■屈曲腹臥位

(くっきょくふくがい)英名:Enveloped in Love

女性は膝を折りたたんで上体を伏せるようにして、男は四つん這いで結合する体位。
この体位であれば、男女の体型の違いはあまり問題にならない。
女性はわりと楽な姿勢なので無理がない。
また、脚を折り曲げていることで、ヴァギナが露わになり、ペニスの挿入がしやすくなる。

屈曲腹臥位(横)
屈曲腹臥位(横)
屈曲腹臥位(正面)
屈曲腹臥位(正面)
屈曲腹臥位(斜め上)
屈曲腹臥位(斜め上)
屈曲腹臥位(俯瞰)
屈曲腹臥位(俯瞰)

■椅子伏せ後挿位

(いすふせこうそうい)英名:Purrfect Plunge

ソファを利用したバック体位。
四つん這い姿勢は長時間になると腕が疲れてしまうが、このようにクッション性のあるソファに上体を預けることで、姿勢を保つのが楽になる。
バック体位は男が激しく攻められる体位だが、女性にかかる負荷は軽減してあげたい。そのためにソファを利用する。

英名の「Purrfect Plunge」は、直訳すると「満足な突っ込み」の意。Purrfect は「perfect(完璧)」と「purr(猫が喉をゴロゴロ鳴らす)」との連語で、十分な満足感を形容している。
つまり、女性にとって快感度と満足感の高い体位という意味だ。

椅子伏せ後挿位(横)
椅子伏せ後挿位(横)
椅子伏せ後挿位(背面)
椅子伏せ後挿位(背面)
椅子伏せ後挿位(斜め上)
椅子伏せ後挿位(斜め上)
椅子伏せ後挿位(俯瞰)
椅子伏せ後挿位(俯瞰)

■交差脚側臥位

(こうさきゃくそくがい)英名:The Jigsaw

女性は横向きに寝て片足を挙げるように開き、男は仰向けで上体をやや起こし、女性の下側の脚をまたいで股間を噛み合わせる。
体位としては比較的やさしい。

動きは制約されるが、男が股間を前後させたり、腰をひねるようにしてペニスを抜き差しする。

英名のThe Jigsawは、ジグソーパズルのように脚を絡めることからきている。

交差脚側臥位(横)
交差脚側臥位(横)
交差脚側臥位(正面)
交差脚側臥位(正面)
交差脚側臥位(斜め上)
交差脚側臥位(斜め上)
交差脚側臥位(俯瞰)
交差脚側臥位(俯瞰)

■側臥-横座後挿位

(そくが-よこざこうそうい)英名:Elephants on Parade

前述の交差脚側臥位のバリエーションで、男が女性と向きを同じにして下半身を絡める。
男としては、こちらの方が動きやすい。

ペニスはバック挿入ではあるが、角度的に90度横向きでの挿入になる。

英名のElephants on Paradeは、女性の片足が宙に浮いているのを象の鼻に見立てている。

側臥-横座後挿位(横)
側臥-横座後挿位(横)
側臥-横座後挿位(正面)
側臥-横座後挿位(正面)
側臥-横座後挿位(斜め上)
側臥-横座後挿位(斜め上)
側臥-横座後挿位(俯瞰)
側臥-横座後挿位(俯瞰)

■片足挙げ-片膝立て後挿位

(かたあしあげ-かたひざたてこうそうい)英名:Synchronized Deep Diving

ベッドの脇で行うバック体位。
女性はベッド側の膝を着き、反対の片足を挙げて男が脇に抱えこむ。女性の上体はベッドに肩肘を着いて姿勢を保つ。
男はベッド側の片膝を着き、反対の片足は膝を立てる。
女性の膝を着いている側にクッションを置いているのは、彼女の膝が痛くならないようにするためと、股間の位置を高くするため。通常、女性の方が小柄なので、男との身長差から、クッションなしでは股間の位置が低くなる。クッションは厚めで硬めのものが適している。

英名のSynchronized Deep Divingは、シンクロナイズドスイミングからの連想で、ベッドの上面を水面に見立てて、男女がシンクロしながら潜っている様子を形容している。

片足挙げ-片膝立て後挿位(横)
片足挙げ-片膝立て後挿位(横)
片足挙げ-片膝立て後挿位(正面)
片足挙げ-片膝立て後挿位(正面)
片足挙げ-片膝立て後挿位(斜め上)
片足挙げ-片膝立て後挿位(斜め上)
片足挙げ-片膝立て後挿位(俯瞰)
片足挙げ-片膝立て後挿位(俯瞰)

■片足伸脚後挿位

(かたあししんきゃくこうそうい)英名:The Long and Deep of It

椅子を使うバック体位。
女性は四つん這いの姿勢から、片足を後方に挙げて伸ばし、男がその脚をつかんで保持する。
女性の上体は前に置いた椅子の座面に両肘を着く。こうすることで姿勢が楽になる。
男は膝立ちになり、やや腰をひねるようにして股間を接してペニスを挿入。ペニスの挿入角度が、ヴァギナに対してやや斜めになることで、挿入感が変わる。
男女で行う組み体操的な体位ともいえる。

女性は浮遊感があり、ひと味違った快感を味わえる。見た目も美しい体位だ。
椅子は安定感のある滑らないものを使う。座面は、女性が四つん這いで肘をつける程度の高さが適している。ソファでもよい。

片足伸脚後挿位(横)
片足伸脚後挿位(横)
片足伸脚後挿位(正面)
片足伸脚後挿位(正面)
片足伸脚後挿位(斜め上)
片足伸脚後挿位(斜め上)
片足伸脚後挿位(俯瞰)
片足伸脚後挿位(俯瞰)

■屈曲-前屈後挿位

(くっきよく-ぜんくつこうそうい)英名:I Saved Your Seat

立位系の屈曲首倒立腰高背面位/背面腰高屈曲位のベッドバージョンでもある。
女性はベッドに寝ているので、バック系に含めた。

この体位の方が女性は楽なのでやりやすい。
ペニスは正常位での挿入に対して、180度逆向きになるので、膣内の背中側を強く刺激される。男側からすると、ペニスを下向きに曲げているので、その反発力で通常のバック挿入よりも強い挿入感となる。

英名のI Saved Your Seatは、男が女性の股間を椅子のようにして座っていることからの形容だ。

屈曲-前屈後挿位(横)
屈曲-前屈後挿位(横)
屈曲-前屈後挿位(正面)
屈曲-前屈後挿位(正面)
屈曲-前屈後挿位(斜め上)
屈曲-前屈後挿位(斜め上)
屈曲-前屈後挿位(俯瞰)
屈曲-前屈後挿位(俯瞰)

■伸脚屈曲-肘立て伏せ後挿位

(しんきゃくくっきよく-ひじたてふせこうそうい)英名:Upside Down You Turn Me

女性は両足をそろえて宙に掲げ、下半身を屈曲させる。これは閉脚屈曲位とほぼ同じ。
男は女性とは反対向きに肘を着いて伏せ、股を開き、彼女の股間に被さるように自身の股間を重ねる。彼女の閉じた股にペニスを差しこみ、ヴァギナに挿入。
ペニスの挿入の感じは、前述の屈曲-前屈後挿位と同等。

動きは男が股間を上下に動かしたり、前後に動かしたり、または腰を左右に振る。ペニスは下向きに曲げられているので、突き降ろすような感覚だ。
男が上手に動ければ、グイグイと強く深くペニスが押しこまれ、強い刺激を欲する女性にとっては大きな快感となる。しかし、強い挿入に慣れていない女性は、痛みを感じる場合がある。経験豊富な女性向きの体位ともいえる。

伸脚屈曲-肘立て伏せ後挿位(横)
伸脚屈曲-肘立て伏せ後挿位(横)
伸脚屈曲-肘立て伏せ後挿位(正面)
伸脚屈曲-肘立て伏せ後挿位(正面)
伸脚屈曲-肘立て伏せ後挿位(斜め上)
伸脚屈曲-肘立て伏せ後挿位(斜め上)
伸脚屈曲-肘立て伏せ後挿位(俯瞰)
伸脚屈曲-肘立て伏せ後挿位(俯瞰)

■椅子伏せ重ね位

(いすふせかさねい)英名:Sharing Your Assets

背もたれのない椅子を利用するバック体位。
女性は椅子の座面に伏せて乗り、開脚する。その女性の上に男が重なり、お尻側からペニスをバック挿入する。
この体位をするには、これに適した椅子が必要になる。また、座面が硬い場合にはクッションを敷いて圧迫感をやわらげる。

背もたれのない椅子は「スツール」と呼ばれる種類。大きさはいろいろとあるが、女性が伏せて載って、両手が床に着く程度の高さで、座面の幅が女性の脇幅(脇下身幅)よりも狭いものが適している。

女性は椅子に体を載せているので、姿勢を保持する必要がほとんどないため疲労度が少なく、四つん這いのバックのような快感を得られる。
上に重なる男は、全体重を彼女に乗せてしまうと重くなるので、椅子の座面に手を掛けて、かかる体重を軽減する。

椅子伏せ重ね位(横)
椅子伏せ重ね位(横)
椅子伏せ重ね位(正面)
椅子伏せ重ね位(正面)
椅子伏せ重ね位(斜め上)
椅子伏せ重ね位(斜め上)
椅子伏せ重ね位(俯瞰)
椅子伏せ重ね位(俯瞰)

■卓上子供座後挿位

(たくじょうこどもざこうそうい)英名:Squeeze Me In

テーブルを使うバック体位。
女性はテーブルの上で、足首がテーブルの外に出るような位置に脚をたたんで正座し、上体を前に倒した姿勢を取る。この姿勢は、ヨガでは「子供(チャイルド)ポーズ」と呼ぶ。
テーブルの端に座るのは、お尻を突き出し、男が股間を接することができるようにするため。
テーブルは硬いので、足が痛くならないようにクッションを敷く。

男は立ちバックの体勢で、ペニスを彼女に挿入。女性が立った姿勢の立ちバックよりも、ペニスの挿入はしやすい。ただし、女性がテーブルの上に正座して乗っていることで、股間の位置が高くなり、男の身長が低いと股間の高さが合わなくなる場合がある。

女性は正座していることを除けば、姿勢としては楽。受け身で彼の攻めを受け止めるだけでいい。
男は立った姿勢なので、動きやすく、腰の可動範囲も自由なので、激しい攻めができる。
激しいセックスをしたいカップル向きの体位といえる。

卓上子供座後挿位(横)
卓上子供座後挿位(横)
卓上子供座後挿位(正面)
卓上子供座後挿位(正面)
卓上子供座後挿位(斜め上)
卓上子供座後挿位(斜め上)
卓上子供座後挿位(俯瞰)
卓上子供座後挿位(俯瞰)