対面両立て膝座位(横)

セックスの体位『座位系』(2)

投稿日: カテゴリー: 座位系, セックスの体位, 体位のいろいろ
LINEで送る
Pocket

セックスの体位『座位系』(1)の続き。

『座位系』(2)

座位系の第2弾。

座位系の定義は、「男女双方が座った姿勢、またはどちらかが座った姿勢でする体位。ただし、騎乗位は除く」とする。
座位系(1)で15体位を紹介したが、それ以外またはバリエーションを紹介していく。

座位系は比較的やさしい体位が多いので、取り組みやすいと思う。いろいろな体位があることを知って、男女で試して、楽しむといいだろう。
なお、以下の体位には日本語の体位名はないので、男性と女性の姿勢からオレが独自に命名している。


■対面両立て膝座位

(たいめんりょうたてひざざい)英名:The Neverending Hug

比較的容易な対面の座位。
男の股の間に女性が体を入れて座り、女性の足は彼の上半身をはさむようにする。
ペニスの挿入もしやすい。

対面なので、抱きしめたり、キスをしたりができる。
ただし、ペニスを抜き差しする動きはほとんどできないため、つながることを感じあう体位ともいえる。
英名のNeverending Hugとは、「終わりなき抱擁」の意味であり、一体感を長い時間楽しむ体位でもある。

対面両立て膝座位(横)
対面両立て膝座位(横)
対面両立て膝座位(正面)
対面両立て膝座位(正面)
対面両立て膝座位(斜め上)
対面両立て膝座位(斜め上)
対面両立て膝座位(俯瞰)
対面両立て膝座位(俯瞰)

■対面正座-しゃがみ立て膝座位

(たいめんせいざ-しゃがみたてひざざい)英名:Crouching Tiger, Hidden Passion

男は正座の姿勢で、女性は男の腿にまたがり、足先を着いてしゃがんで乗り、ペニスを挿入する。
女性の体勢は、しゃがんで騎乗位と同等だ。
この体位では、アクションを起こすのは女性となる。

英名の「Crouching Tiger, Hidden Passion」は、「Crouching tiger Hidden dragon」からの連想だと思われる。Crouching tiger Hidden dragonとは中国のことわざが由来で、直訳すると「伏せていても虎、隠れていても龍」で、「隠し切れない才能」を意味する例え。「Crouching Tiger, Hidden Passion」を直訳すると、「伏せている虎、隠された情熱」となるが、女性が能動的に動ける体位なので、彼女の情熱を引き出せる体位という意味合いだ。

AD

女性がどれだけ動けるかが、この体位での快感度を左右する。それゆえ、獲物を狩る虎のごとく情熱的になれる女性向けの体位でもある。
足腰の筋力がないと、女性は自由かつ活発には動けないので、女性のセックス能力が問われるともいえる。

対面正座-しゃがみ立て膝座位(横)
対面正座-しゃがみ立て膝座位(横)
対面正座-しゃがみ立て膝座位(正面)
対面正座-しゃがみ立て膝座位(正面)
対面正座-しゃがみ立て膝座位(斜め上)
対面正座-しゃがみ立て膝座位(斜め上)
対面正座-しゃがみ立て膝座位(俯瞰)
対面正座-しゃがみ立て膝座位(俯瞰)

■対面開脚-抱え込み座位

(たいめんかいきゃく-かかえこみざい)英名:Paired Feet

男は股を開いて座り、女性が彼の股の間に体を入れ、股間を接してペニスを挿入。女性は両足を曲げて彼の上体をはさむようにして、男が彼女の両足を脇に抱えこむようにする。そして、女性は両肘をやや後方に着いて、姿勢を安定させる。肘を着くのは、体がぶれないようにするためだ。

英名のPairedとは、「対になる」「ペアリング」のことだが、「足を噛み合わせる」という意味になる。

動きは、男が彼女の両足を引き寄せるようにしながら、股間を前後に揺する。大きなアクションはできないが、密着度が高く、深い挿入が可能となる。
男女とも姿勢が楽なので、ピッタリと密着でき、結合感を感じられる体位だ。

対面開脚-抱え込み座位(横)
対面開脚-抱え込み座位(横)
対面開脚-抱え込み座位(正面)
対面開脚-抱え込み座位(正面)
対面開脚-抱え込み座位(斜め上)
対面開脚-抱え込み座位(斜め上)
対面開脚-抱え込み座位(俯瞰)
対面開脚-抱え込み座位(俯瞰)

■対面胡座-楽座座位

(たいめんあぐら-らくざざい)英名:The Body Hug

男は胡座(あぐら)で座り、女性は彼の上体をはさむように股を開いて胡座の上に乗ってペニスを挿入。対面正座-しゃがみ立て膝座位の変形だが、この体位の方が女性の姿勢は楽。

動きは、男が彼女を抱きしめて持ち上げるようにして上下に揺さぶる。女性は動きが制約されるものの、上下に弾むことは可能。ふたりで呼吸を合わせて、連動して動くといいだろう。上手く連動できると、落差のある上下動も可能だ。スプリングの効いたベッドの上であれば、弾むのがより楽になる。

向きあって抱きしめあえる体位なので、密着感と抱擁感があり、なおかつセックスの快感も楽しめる。

対面胡座-楽座座位(横)
対面胡座-楽座座位(横)
対面胡座-楽座座位(正面)
対面胡座-楽座座位(正面)
対面胡座-楽座座位(斜め上)
対面胡座-楽座座位(斜め上)
対面胡座-楽座座位(俯瞰)
対面胡座-楽座座位(俯瞰)

■対面胡座-片膝上げ座位

(たいめんあぐら-かたひざあげざい)英名:Flexed Body Hug

前述の対面胡座-楽座座位から、女性が上体を後ろに倒して、片手を着く体位。片手を着くために、上体をややひねる必要がある。また、片足を宙に浮かせ、彼の右腕に上に載せるようにする。片足を浮かせることで、男が女性のお尻に手を回すことができ、股間を引き寄せたり持ち上げたりするのがやりやすくなる。

英名の「Flexed」は「屈曲」で、「屈曲させた体の抱擁」というような意味合い。

この体位では、女性の自由度はあまりないので、男が彼女を引き寄せたり持ち上げたりして、ペニスの抜き差しを行う。力業でもあるので、男の腕力が必要になる。

対面胡座-片膝上げ座位(横)
対面胡座-片膝上げ座位(横)
対面胡座-片膝上げ座位(正面)
対面胡座-片膝上げ座位(正面)
対面胡座-片膝上げ座位(斜め上)
対面胡座-片膝上げ座位(斜め上)
対面胡座-片膝上げ座位(俯瞰)
対面胡座-片膝上げ座位(俯瞰)

■背面腕立て座位

(はいめんうでたてざい)英名:Crying Out

対面胡座-片膝上げ座位から、女性はさらに両手を後ろに着き、両足も宙に浮かせる。女性にはキツイ体勢だが、男としては両手を彼女のお尻に回せるので、引き寄せたり持ち上げたりが容易になる。大きなアクションが可能だ。

女性はほとんど動けないので、女性の快感は男の動きしだい。
大きなアクションができれば、強く深い挿入感があり、女性の快感度は高くなり、英名にあるように「Crying Out」つまり、「叫び声を上げる」快感を引き出すことができる。
座位系の中でも、女性の快感度が高い座位だ。

背面腕立て座位(横)
背面腕立て座位(横)
背面腕立て座位(正面)
背面腕立て座位(正面)
背面腕立て座位(斜め上)
背面腕立て座位(斜め上)
背面腕立て座位(俯瞰)
背面腕立て座位(俯瞰)

 ■反り返り座位

(そりかえりざい)英名:Reclining Body Hug

背面腕立て座位をさらに発展させた体位。
女性は上体を後ろに反らして倒し、両肘を着き、両足は男の脇の間から前方に出して足裏を着く。かなりキツイ体勢だ。

男の動きは、背面腕立て座位とほぼ同じ。
英名はReclining(リクライニング)となっているが、背もたれを後ろに倒すリクライニング・チェアの連想だろう。だが、女性にとっては楽な姿勢ではない。

ただ、女性は足と肘を着いているので、股間を浮かせることはできる。女性側からもアクションを起こせるが、筋力と体力はいる。身体能力の高い女性は、自分から動くこともできるが、無理をすると筋肉痛になるので要注意。

反り返り座位(横)
反り返り座位(横)
反り返り座位(正面)
反り返り座位(正面)
反り返り座位(斜め上)
反り返り座位(斜め上)
反り返り座位(俯瞰)
反り返り座位(俯瞰)

 ■仰臥抱膝-背面蹲踞座位

(ぎょうがほうしつ-はいめんそんきょざい)英名:The Throne

男が両足を抱えこむようにして体を屈曲させ、そこに女性が座る。男が屈曲姿勢になる珍しい体位でもある。女性の座り方は「蹲踞(そんきょ)」と呼ばれる姿勢。

体位としてはそれほど難しくはないが、少々難しいのがペニスの挿入方法だ。
勃起したペニスを、男の股の間から、男の側から見て下向きにしなければならず、これがちょっと難題。通常、勃起したペニスは上向きになるので、それを無理矢理下向きにするのは、かなり「硬い」のだ。勃起力が強いほど、下向きにするのが難しいので、座った女性のヴァギナに挿入するのは手間取る。

しかし、挿入できれば、起き上がろうとするペニスの反発力が強く、女性はバック挿入ともあいまって、強い刺激を得られる。
動きは、女性が前後に腰を振るか、上下に弾む。
ペニスの反発力で、膣の中をゴリゴリと刺激され、普段とは違う快感が得られる。

ちなみに、英名のThroneとは「王座」の意。女性にとっての王座というわけだ。

仰臥抱膝-背面蹲踞座位(横)
仰臥抱膝-背面蹲踞座位(横)
仰臥抱膝-背面蹲踞座位(正面)
仰臥抱膝-背面蹲踞座位(正面)
仰臥抱膝-背面蹲踞座位(斜め上)
仰臥抱膝-背面蹲踞座位(斜め上)
仰臥抱膝-背面蹲踞座位(俯瞰)
仰臥抱膝-背面蹲踞座位(俯瞰)

■寝台両足抱え座位

(しんだいりょうあしかかえざい)英名:Sitting Flexed Body Wrap

ベッドを使った座位。
男はベッドに座り、女性は彼に抱えてもらうようにして乗る。女性は両足を彼の腕に抱えてもらい、手は彼の肩にかけるか、彼の膝につく。図にあるように、片手を肩にかけ、片手を膝に着くようにすると安定感がある。

この体勢を作るとき、まず女性は彼をまたいで股間を寄せ、ペニスを挿入。それから足を挙げて彼に預け、上体をやや後ろに倒して両手を所定の位置に置く。この体位を作る過程が、この体位の面白みでもある。

動きは、男が彼女を上下に揺さぶる。クッション性のあるベッドであれば、その反動も利用する。
ベッドの高さがあることで、女性は宙に浮いているような浮遊感があり、それが快感に加味される。

寝台両足抱え座位(横)
寝台両足抱え座位(横)
寝台両足抱え座位(正面)
寝台両足抱え座位(正面)
寝台両足抱え座位(斜め上)
寝台両足抱え座位(斜め上)
寝台両足抱え座位(俯瞰)
寝台両足抱え座位(俯瞰)

■寝台両足抱え反り返り座位

(しんだいりょうあしかかえそりかえりざい)英名:The Backbend B

寝台両足抱え座位から、難易度を上げた体位。
女性は上体を反らせて後ろに倒し、両手を床に着く。女性にとっては、かなりキツイ体勢だ。女性の柔軟性と筋力が求められる。

男は、女性の腰のあたりをつかみ、彼女が落ちないようにしつつ、引き寄せたり上下に揺さぶることでアクションを起こす。
ペニスの挿入角度的に抜けやすい体勢でもあるので、しっかりと股間を密着しておく必要がある。

また、彼女はキツイ体勢なので、あまり長い時間は続けられない。どの程度続けるかは、彼女がどのくらいまで堪えられるかによる。
苦しい体位ではあるが、苦しさと快感が入り交じるので、M的な体位でもある。
くれぐれも無理をしないように。

寝台両足抱え反り返り座位(横)
寝台両足抱え反り返り座位(横)
寝台両足抱え反り返り座位(正面)
寝台両足抱え反り返り座位(正面)
寝台両足抱え反り返り座位(斜め上)
寝台両足抱え反り返り座位(斜め上)
寝台両足抱え反り返り座位(俯瞰)
寝台両足抱え反り返り座位(俯瞰)

■椅子引き手-膝抱え座位

(いすひきて-ひざかかえざい)英名:Tug of War

椅子を使った、特殊な座位。
英語の「Tug of War」とは「綱引き」のことで、この体位をよく表現している。

この体位をするには、これに適した椅子が必要になる。
座面があまり高くなく、背もたれが大きく、男が浅く腰掛けられて背中を預けられる椅子。リクライニング・チェアと呼ばれるタイプの椅子だ。普通の椅子では無理だが、ソファならできる場合がある。自宅にこの体位に適した椅子があるか、あるいはラブホに行ったときにあるかどうかで、可能ならばチャレンジしてみるのも一考。

女性は男の腿の上に乗ることになり、その体重が男の腿にかかる。これはけっこう重い。彼女を乗せても痛くならない乗り方というのがあるので、載せ方を試行錯誤してみる。
男は彼女を乗せたら、彼女の両手を引き、バランスを取る。この引き手が、彼女を動かす支点にもなる。しっかりと彼女の腕をつかんで、彼女が落ちないように注意する。

BC筋
BC筋(Bulbospongiosus muscleより)

女性はこの体勢では動きにくいのだが、両足先を椅子の背もたれに着き、踏んばることで、ある程度体を浮かせられる。ただし、そのためには足腰や腹筋等の筋力が必要になる。女性の身体能力が求められる体位でもある。

男は彼女の腕を引くことで、彼女の体を前後に揺する。これがペニスの抜き差しの動きになる。
加えて、ペニス振りをすることで刺激に変化をつける。ペニス振りとは、ペニスを支える筋肉であるBC筋(球海綿体筋、右図参照)を動かすことで、ペニスをピクピクと動かすこと。これは日頃から訓練していないと自由には動かせない筋肉なので、男のセックス能力が問われる。

男女とも動きが制約される体位なので、男がペニス振りをできるかどうかが重要なポイントになる。

少々難易度の高い体位なので、6つのアングルから見た図解を用意した。
図を見ながら、男はどういう体勢を取り女性を支えるか、女性はどういう体勢で男に乗るか、イメージトレーニングの参考にして欲しい。
セックスではあるが、体操のスポーツをするような感覚で取り組むといい。できたときは、快感とともに達成感もある体位だ。

椅子引き手-膝抱え座位(横)
椅子引き手-膝抱え座位(横)
椅子引き手-膝抱え座位(背面)
椅子引き手-膝抱え座位(背面)
椅子引き手-膝抱え座位(正面)
椅子引き手-膝抱え座位(正面)
椅子引き手-膝抱え座位(斜め上)
椅子引き手-膝抱え座位(斜め上)
椅子引き手-膝抱え座位(斜め後ろ)
椅子引き手-膝抱え座位(斜め後ろ)
椅子引き手-膝抱え座位(俯瞰)
椅子引き手-膝抱え座位(俯瞰)

以上が、座位系の(2)となる。
座位はマイナーな体位ではあるが、ふだんしない体位として取り入れることで、新鮮みを出すこともできる。

また、男女の体を絡みあわせることが必要なので、組み体操のように互いにフォローしあう連動性が重要になる。
それは男女の共同作業であり、信頼関係を養うことにもつながる。

このほかにも座位系はあるが、それは(3)として続く予定。