フェラは外せない?

女性にとって「絶対に外せないセックスの条件」とは?

投稿日: カテゴリー: TOPICS
LINEで送る
Pocket

フェラは外せない?
フェラは外せない?

絶対に外せないセックスの条件

女性を対象にした「絶対に外せないセックスの条件」という調査記事があった。
その結果を見て、オレは「そうだよね」と納得した。なぜなら、うちの彼女たちの意見そのままだったからだ。
だが、記事の執筆者は少々意外だった様子。

「絶対に外せないセックスの条件」2位クンニ、3位複数箇所同時責め、1位は…! – messy|メッシー

 星の数ほどあるセックス中のプレイ。一般的には、キスから始まって、お互いに愛撫しあって、挿入してフィニッシュ。とはいえ、その中でも乳首責めやクンニされたい、フェラしたい、ローションを使ってほしい、縛られたい、アナルをイジってほしいなどなど、個々にいろんな要望があると思います。そこで、全集から募集した皆さんの「絶対に外せないセックス原則」調査。今回もたくさんのご意見、誠にありがとうございました。早速開票です!

【絶対に外せないセックス原則】
1位:フェラ 37.3%
2位:クンニ 19.4%
3位:複数箇所同時責め 17.1%
4位:乳首責め 11.4%
5位:コンドーム装着 8.2%
その他:6.6%

(中略)

【「フェラ」と答えた理由】

  • 彼の喜ぶ顔が嬉しい。イった時とか本当に気持ち良さそうにしてて嬉しかった(18歳)
  • 彼が本当に愛おしくて大好きだし、反応を見るのが楽しい。私自身も濡れる(24歳)
  • お互いに感じあいたいから(45歳)

数字だけだとイメージしにくいので、グラフにしてみると……

絶対に外せないセックス原則
絶対に外せないセックス原則

ダントツで「フェラ」が多い(^_^)。繰り返すが、これは女性の意見である。
余談だが、前にも書いたように「責め」じゃなくて「攻め」だよ(^_^)。言葉の意味は正しく使おう。

いまだにフェラは、男が女性に強要するというイメージというか先入観があるのだが、それはAVのシチュエーションとして多く登場するシナリオの影響だろう。
だが、実際はそうではない。
ペニスは男にとって大事な部分であり、無防備でダメージに弱く、傷つくとかなり痛い。だから、フェラで口に入れることは、彼女を信頼していればこそなんだ。女性がフェラ上手になるには、自ら進んでフェラをするくらい好きでないと上達もしない。

フェラを挙げた理由にも出ているが、男の反応がうれしいとか、女性自身も濡れるといった、フェラをすることの快感もある。それはフェラ好きの女性にしかわからない感覚だ。

ここには挙げられていない理由として、フェラすることでペニスは元気になるので、その後のセックスで女性が快感になれる下準備にもなる。
つまり、フェラして終わりではなく、セックスへと続くオーガズムのイントロなんだ。

また、フェラでは主導権は女性にあり、男を快感に悶えさせるのは女性しだいだ。そこにフェラ好きの女性は、面白さや快感を覚える。

オレの場合、休日だったら何度もセックスするが、フェラでペニスを元気にしてもらって、その勢いでセックスして彼女を快感に喘がせ、小休止、再びフェラで元気にしてもらってセックスする。フェラ→→フェラ→→フェラ……というローテーションになる。これで何回でもセックスできるんだ。
男を奮い立たせるのに、フェラはもっとも有効だ。
それは彼女にとっても、セックスを何度もできることになる。

「フェラなんてできない」という女性はいるが、昔に比べるとフェラをする女性は増えていると思う。
昔、というのはオレが20代だった30年くらい前の話だ。
当時は、このようなアンケートをすること自体がタブーだったし、フェラ経験者も少なかった。フェラはアブノーマルなことだったのだ。そのころつきあいのあった女性は、フェラ経験がなくて、オレが教えたものだ。

AD

アンケート結果で注目すべきは、「フェラ」「クンニ」「複数箇所同時攻め」「乳首攻め」のそれぞれが、口を使うオーラルセックスになっていることだ。複数箇所同時攻めについては、・乳首などを舐めたり吸ったりを同時にする場合。
セックスは、ヴァギナへのペニス挿入だけではなく、口や舌を使うことも並行して行うことを、女性は求めているわけだ。

男性諸君は、ここのところを押さえておくといい。
なぜかといえば、女性は全身が性感帯になりえるからだ。
女性のセックス経験値によって変わってくるが、ある程度の経験値がある女性は、体のあちこちを刺激されることで、異なる快感を感じられるようになる。

、クリトリス、乳房、乳首は、多くの女性の共通した性感帯だが、耳たぶ、首筋、太ももの内側、足先、背中、お尻など、人によって敏感に感じる部分がある。
「複数箇所同時攻め」では、それらの性感帯を同時に刺激することが効果的になる。彼女ならではの性感帯を見つけるのも、男としての楽しみになる。

フェラ上手の女性のテクニックはスゴイぞ

とりあえずペニスを舐めたり、浅く口に入れるだけでも、形としてはフェラになる。
それは初心者レベルのフェラだ。
5段階レベルでいえば、レベル1

少しフェラに慣れてくると、ただ口に入れるだけではなくて、舌を使ったり、手を使ったりして、男がより気持ちよくなる工夫をするようになる。
これがレベル2
そこそこフェラ経験のある女性は、だいたいこのへん止まりのことが多い。

次の段階は、フェラの持続時間だ。
口にペニスを長い時間入れた状態だと、顎などの口周りの普段は使わない筋肉を使うことになる。口にバナナくらいの太さのものを入れたまま、どのくらい持続できるかやってみればわかるが、けっこう大変なんだ。
しかも、ペニスに歯が当たらないように気遣っての頬張りは、顎の筋肉を酷使する。その疲労のため、長く続けるのは難しい。
5分以上、10分以上続けられるようになったら、レベル3
ただし、男が簡単には射精しないことが前提だが。

次のレベルは、深く入れられることだ。
ペニスを口の中に入れると、5センチくらいでも喉の奥を刺激して、「おえっ」と嘔吐感を覚えてしまう。これは生理的な条件反射なので、かなり苦しい。
だが、フェラ上級者は、この限界を克服できる。
ペニスの根本まで、すっぽりと口の中に入れられるのが、レベル4だ。
ペニスサイズが大きいと、難易度はかなり高くなるのだが、うちの彼女たちはそれをやってのける。

最高レベルは、深く、激しく抜き差ししながら、長い時間食べ続けること。
ストレートに出し入れするだけでなく、顔の角度を変えて斜めにくわえたり、吸引したり、口の中で舌を活発に動かしたりと、あらゆるテクニックを駆使してフェラをする。
その快感度は、セックス以上であり、男でも絶叫してしまうほどだ。
これがレベル5
ここまでできる女性は、そう多くない。もちろん、うちの彼女たちはレベル5だ(^_^)。

フェラ・テクニックがレベル5まで到達するには、女性は相当な練習と経験を積む必要がある。闇雲にやっても上達はしないので、男が的確なアドバイスをしてあげる必要がある。
フェラにも、方法論があるんだ。
そのへんのことは、メルマガには書いているのだが、いずれこのサイトでも紹介する予定。

いずれにしても、セックスをする上でフェラは必須だといってもいい。
それは男を悦ばせるだけでなく、女性にとっても面白く、主導権を握れる快感になる。
フェラ未経験の女性は、チャレンジしてみることを勧める。

参照→女性のためのフェラ講座【初級編】