満足できるセックスを

セックスでイッたフリを する女性は、浮気っぽい…説

投稿日: カテゴリー: TOPICS
LINEで送る
Pocket

オーガズムを知らない女性は多いのだが……

女性にとってセックスでのは、もっとも刺激が強く、満足感の高い快感だ。
だが、オーガズムを知らない、経験していない女性も多い。
その一因は、未熟なセックス、極めて短い時間のセックス、頻度の少ないセックスしかしていないことにある。
つまり、セックスしているにも関わらず、セックスの真価を知らずにいるということだ。

オーガズム……俗にいう「イク」とは、女性が快感で極度に興奮し、自制心を失い、快感にもだえる状態だ。
一方、場合によってはイったふり……演技をすることもある。
そのイったふりをするのは、なぜか?……という調査が行われたという。

 

【衝撃】セックスでイッたフリを する女性は、浮気っぽいことが人類学的に判明!セックスと浮気の相関(最新研究)

 パートナーをベッドで本当に満足させているかどうか、男性なら気になるところ。でも、相手に直接問いかけるのは、なんとなくきまりが悪いし――。そんなデリケートな疑問に、鋭くメスを入れた調査結果がアメリカで発表された。

■性的に満たされていない女性は浮気する確率が高い

英紙「Daily Mail」(2月28日付)によると、アメリカ・ミズーリ大学人類学部が行った大胆な研究が話題を呼んでいる。

調査は、異性愛者の大学生(女性138名、男性121名)を対象に実施され、テーマはずばり「セックスと浮気の相関性」。この2つにどのようなつながりがあるのか人類学的に解明しようという試みだ。

(中略)

「オルガスムに達したフリをする回数の多い女性は、より多く浮気をしやすい」

人類学的に判明」は、大げさだけどね(^_^)。
調査対象が大学生というのも、年齢層が限定されすぎてるし、そもそも大学生くらいの年齢ではセックスは未熟なので、どれほどのセックス経験があるのかは疑問だ。

しかしまぁ、「性的に満たされていない女性は浮気する確率が高い」は、ある意味正しい。

セックスを欲求のひとつと考えれば、いまの彼で満足できないのなら、別の彼に……というのは、必然的な選択でもあるからだ。それは女性だけでなく、男性でも同様だろう。

オレがときどきやっていたセックス教室に志願してくる女性たちは、既婚者か彼氏がいる女性がほとんどだった。彼女たちがオレに救いを求めてきた動機は、セックスで満足感を得られないからだ。
満たされないから、満たしてくれるだろうオレのところに来た。
そして、オレは彼女たちの期待に応えてきた。

セックスは相性が大事なので、すべての女性の期待に応えられるわけではないが、9割くらいは彼女たちの期待に応えられたと思う。
オレと並の男とのセックスの違いは、1番がセックス持続時間、2番目が何度もセックスできる回数、3番目が彼女の話に熱心に耳を傾けること……かな。

セックス持続時間

満足できるセックスを
満足できるセックスを

ある調査によると、セックスにかける時間は、男女とも30分〜1時間というのが平均的な時間だそうだ。ただし、これにはキスや愛撫などの前戯も含まれており、実質的なセックスの時間……つまり、ペニスがヴァギナに挿入されている時間ではない。

では、実質的な時間はどのくらいかというと、ある調査によると、平均は5.4分だという。
オレがよくいう「5分セックス」もこのへんが根拠になっている。
ただ、平均値の場合は、極端に時間の長い人が数人いると、平均値は上がってしまうため、実態とはかけ離れてしまう。この場合、もっとも多くの人が分布する 中央値も出して欲しいところ。想像するに、中央値は3分前後ではないかと推測する。通常、射精するのにそんな時間はかからないからだ。

AD

短い(^_^)
あまりに短くて、これでは女性は満足どころか、オーガズムにいくことはできない。
男は射精すればオーガズムなので、5分で射精できれば満足感を得られる。しかし、女性は射精のような劇的なオーガズムはないので、気分が高揚し、快感が高まり、絶叫するほど恍惚感に浸れるようになるには時間がかかる。
5分でイケル女性は少ない。
5分セックスを、10回続けてできるのならまだいいのだが、そういうわけでもなさそうだ。

オレがセックス教室でしていたセックスは、次のような展開だ。

  1. 朝、10時にラブホに入室。
  2. 最初は一緒に入浴し、フェラで1回目の射精。
  3. ベッドに上がり、セックス開始。1回の持続時間は30分〜1時間。
  4. 体位をいろいろと変えて、3〜4回のセックス。それを終える頃には昼を回っているので、昼食を兼ねて長い休憩時間。
  5. フェラ&セックスを再開し、2〜3回。この間に、2回目の射精。午後3〜4時頃に、おやつ休憩。おやつはエネルギー補給でもある。
  6. フェラ&セックスを再開し、3〜4回。この間に、3回目の射精。午後7時にラブホをチェックアウト。

という感じで、ラブホ滞在時間の9時間のうち、休憩時間の長短合計が3時間くらいなので、残りの6時間くらいはセックスをしていることになる。この6時間は、彼女の中(口かヴァギナ)にペニスが入っているということだ。

相手にもよるが、体位は10種類ほどする。このくらいのセックスをすれば、彼女は大満足になる。ただ、体を酷使することにもなるので、彼女は翌日筋肉痛になったりもする。
女性は射精のような区切りがないから、体力のある限り、快感に浸れる。それだけの快感を、彼女に与えられるかどうかが、男のセックス能力なんだ。

何度もセックスできる回数

男が射精したら終わりの、1回だけのセックスほど味気ないものはない。
セックス平均時間が5.4分というデータを前述したが、そのときの調査での最短は33秒だったそうだ。おそらく、1分とかからない男はけっこういる。いわゆる早漏だ。
それが1回のセックスでは、女性は満足感などあるはずもなく、悲しいだけ。

だったら、回数をこなせればいいのだが、射精してしまうと男は性的欲求が急減してしまうので、再度勃起するのが難しくなる。そのため、回数をこなすこともできなくなる。

オレの場合、前述のラブホの例のように、少なくとも8回、多いときは10回以上をこなす。1回の時間が長いのでこの回数だが、彼女は喘ぎ、叫び続けているので、声が枯れてしまうほどだ。

回数をこなすには、男の勃起能力も必要なのだが、彼女の協力も不可欠だ。
それがフェラ。
フェラしてくれることで、勃起は復活しやすくなる。フェラは、男のためにするだけでなく、セックスを続けたい女性自身のためでもあるんだ。

彼女の話に熱心に耳を傾ける

会話は、日頃から重要なコミュニケーションだが、セックスのときはもっと重要になる。
セックス時間が短いのなら、なおさら重要で、お互いの気持ちや、どうしたいのかを確かめあうことは大切になる。往々にして勝手な思い込みでセックスしがちだが、男と女では求めていることは違うのだから、すり合わせはしないといけない。

女性は男に比べて、おしゃべり好きの人が多い。話したいという欲求だけでなく、聞いて欲しいという欲求もあるからだ。
だから、彼女の話は熱心に聞いてあげる。

可能ならば、セックスをしている最中にも、会話ができるといい。
難しい話をするわけではなく、言葉のキャッチボールをするだけでいいんだ。

「気持ちいい?」
「うん。あなたは?」
「ああ、オレも気持ちいいよ」
「もっと、感じたいの」
「オレもそうしたいよ」

とまぁ、そんなこと。
言葉をかけあうことで、互いの気持ちの接点が生まれる。些細なことだが、とても重要なことなんだ。

記事の話題に戻ると、セックスの満足感とはなにか?……ということに尽きる。
彼女を満足させるために、男は努力しているか?……でもある。
その逆もしかり。

パートナーとのセックスが充実していれば、浮気する必要はなくなる。
男女双方が、そのことを自覚する必要があるね。