ペニスにピース

『体と心のセックス・ライフ』2016年5月分(Section-617〜620)

投稿日: カテゴリー: 体と心のセックス・ライフ, エッセイ
メルマガ登録・解除
体と心のセックス・ライフ
購読料:525/月(申込当月無料)
>> サンプルを見る
詳細ページへ
powered by まぐまぐプレミアム
LINEで送る
Pocket

Section-617『トオルファミリー・新章(10)』

彼女たちが疲れてしまったので、長めの休憩を取る。
水分を補給し、エネルギー補給としてチョコを食べる。
オレはニコチンを補給。煙を吐くと、室内にある空気清浄機のモーター音が大きくなる。
タバコは受動喫煙の問題もあるのだが、彼女たちは了承してくれている。それはオレの精力維持にいくらか役立っているのと、タバコを吸いたくなる気持ちがフェラをしたくなる気持ちと似ているからだ。喫煙経験のあるナナと涼子はそういっている。
オレ自身はなかなか禁煙できないのだが、彼女たちには禁煙を勧めた。タバコを吸っていると、体臭がタバコ臭くなるため、女性本来の香りを失ってしまう。そのことはマイナスになる。オレのためというより、彼女たち自身のために、女性としての魅力は最大限に発揮してほしい。「女の武器」というのは、仕事の上でも有効な場合があるのだ。

時刻は夜11時を回った。
長い休憩時間を利用して、メルマガの配信用テキストを仕上げる。
ノートパソコンをベッドの上で広げ、カタカタとキーボードを叩く。両脇から、絵理と由貴が画面を覗きこんで、オレの作業を見守る。
「トオルさん、速いですね。わたし、そんなに速く打てない」
絵理がいった。
「まぁね。文章書きは仕事だから」
「タイピングも速いんだけど、文章考えるのも速い」
由貴が口をはさむ。
「ですよね。ポンポン文章ができあがっていく」と絵理。
「考えるのと、打ちこむのが同じスピードなんだよ。手書きだとこうはいかないから、パソコンさまさまだよ」
オレは答える。

●この続きは購読してね!


Section-618『トオルファミリー・新章(11)』

オレと拓己が彼女たちの馬になる。
いつもと違うのは、1つのベッドの上だということ。
その違いは大きく、クッション性のあるベッドでは彼女たちの弾み方が5割増しくらいになる。
ベッドの左右でバラバラに弾むと、片方に傾いてしまうので、彼女たちはすぐに連動するようになる。
リズムを合わせて、一緒に弾む。
ベッドは大きく軋むが、動きが相殺されることなく、リズミカルに弾むことができる。
彼女たちも、乗っているふたりで連動して弾むのが楽しそうだ。
やはり、彼女たちは競艶してこそ、本領を発揮する。
彼女たちそれぞれも競い合うことを楽しんでいるし、チームプレイとしてのセックスがオレたちの基本でもあるからだ。

1組あたり、約5分でローテーションしていく。
オレの上にナナ、拓己の上に絵理がまたがり、ペニスを挿入。手慣れたもので、素早い挿入だ。
ナナは左手を、絵理は右手を出して、ふたりは手をつなぐ。そうすることで連帯感が高まる。それはバランスを取る手がかりにもなる。
ふたりをアイコンタクトして、一緒に弾み始める。
5分の騎乗は短いが、5分間弾み続けるのはけっこうキツイ。
「ハァー、ハァー、アアーーンッ!、ハァーー!」
「ンンー、ンンー、ハァーーァン! アアーー!」
ふたりの喘ぎ声も連動する。
そのシンクロが、快感度を高めることにもなっている。
シンクロナイズド・……かな。

●この続きは購読してね!


Section-619『由貴&絵理(1)』

★由貴 ——————
今号はわたしと絵理ちゃんとで、キーボードトークします(^o^)
絵理ちゃんとトークしたいなーと、お願いしたの。

☆絵理 ——————
こんにちは。こんばんはになるのかな?
初めてですが、よろしくお願いします。

★由貴 ——————
前号まで、みんなで行ったホテルのことを書いてくれてたけど、どうだった?

☆絵理 ——————
あの日は、とても楽しかったです。
お泊まりは初めてだったし、みんなと長い時間一緒にいられたので、新しい発見とかもありました。
それにしても、トオルさんはすごいですね。
エッチもだけど、細かいことまでよく覚えていて、あらためて感心しました。読んでいて、あの日のことを鮮明にプレイバックしている感じで、自分もその場にいたのに、ワクワクしました。

AD

★由貴 ——————
トオルさんが書いてくれると、二度美味しいというか、実体験した感覚と、トオルさんから見た自分たちがいるので、追体験してるのよね。
この感覚がたまらない!

☆絵理 ——————
ですねー。
自分がエッチしてるときは、そのことに夢中になってるから、覚えているようであまり覚えてなくて、どんなことしたのか思い出せなかったりします。
でも、トオルさんが書いてくれるから、別の視点から自分のことを見られるのが新鮮なんですね。

●この続きは購読してね!


Section-620『由貴&絵理(2)』

ペニスにピース
▲ペニスにピース

★由貴 ——————
先週に引き続いて、由貴と絵理です(^o^)
今回はもっとエッチな話をするよ。

☆絵理 ——————
どうも、絵理です。
こうして書くの、楽しいです。
でも、お手柔らかに(^_^)b

★由貴 ——————
まず、フェラの話しよう。
うちに来たときは、まっ先にフェラするよね。
どんなとこが好き?

☆絵理 ——————
全部……て、答になってないですね。
ペニスを見たり、手で触ったりするのと、口に入れるのとでは、ぜんぜん感触が違いますよね。
存在感が違うというか、たくましさを感じるというか、ペニスの実感がわくのがフェラしているときです。
温かさも、味も、やわらかさも、愛おしさも、フェラの方が感じます。
週末にしかできないのが、けっこうつらいです。

★由貴 ——————
うんうん、それわかるよ。
わたしも毎日食べたくて、毎日通うようになったから。同居する前の話だけど。
フェラすると、落ち着くのよね。
あの安心感というか、ほっこり感というか、スーーと気持ちが落ち着く。
いまは毎日食べられるからいいけど、1日はフェラで始まってフェラで終わるって感じ。

●この続きは購読してね!