鏡の前で立ちバック

『体と心のセックス・ライフ』2014年9月分(Section-537〜540)

投稿日: カテゴリー: 体と心のセックス・ライフ, エッセイ
メルマガ登録・解除
体と心のセックス・ライフ
購読料:525/月(申込当月無料)
>> サンプルを見る
詳細ページへ
powered by まぐまぐプレミアム
LINEで送る
Pocket

Section-537『ゴールデンウイークはホテルで(18)涼子』

鏡の前で立ちバック
▲鏡の前で立ちバック

オレは、しゃがんで騎乗位で疲れた涼子の脚をマッサージする。
それがマッサージだけで終わるはずもない。
太もものマッサージから、股に間に手を伸ばして、濡れたクリトリスをくすぐる。
「うぅん……ぁぁん……」
彼女は敏感に反応する。
軽い指技から始めて、徐々に本格的な指技に。
人差し指を膣の中に入れる。
「ああんっ!」
膣の中は熱く火照っている。
中指を入れて2本の指で、指を屈伸させる。膣壁のひだやGスポットの少し硬くなった感触。
Gスポットをつつくと……
「アアンッ! ハァァンッ!」
彼女の感じ方にスイッチが入る。
薬指も入れて3本目。3本の指で、オレのペニスと同じくらいの太さになる。膣口は押し広げられ、指を圧迫する膣圧も強くなる。
指を屈伸させたり抜き差しして、彼女の感度を上げていく。
「アンアンッ! アァーーンッ! アンアンッ!」

彼女の気分が盛り上がってきたところで、オレはいった。
「足、開いて」
「はい」
彼女は股を開く。オレは彼女に覆い被さり、彼女の股の間に着く。
うつぶせの彼女のお尻側から、ペニスをヴァギナに潜りこませる。
少し探って、膣口を探り当てると、グイッと押しこむ。
「あんっ!」
オレは腕立て伏せ姿勢で、彼女に重なる。
背後位で、オレはゆっくりと腰を振り始める。

●この続きは購読してね!


Section-538『女たちのH座談会(1)』

●ナナ ——————
こんばんわ〜(^o^)
今号から3回の予定で、わたしたちのガールズトークをお届けします。
まぁ、ガールズというには、由貴ちゃん以外は、ちょっち歳取り過ぎてるけどね(^_^)b
Hな女たちの座談会ということで。

まずは、トオルさん、長期連載、ご苦労様でした。
4/26号から9/06号までだから、約半年、全18号分。
計算してみると、これって長編小説くらいの量なのよね。
しかも、エッチなシーンが満載(^○^)
こんだけ濃厚なアダルト小説なんて、わたしは読んだことない。
エッチなだけでなくて、セックスに関するノウハウもあって、楽しんで役に立つ読み物だと思う。
そこに、登場人物のひとりとして出演しているから、自分ところは何度も読み返しちゃった(^_^)b
トオルさんから見ると、自分がどんな風なのかがわかるっていうのが新鮮なのよね。ビデオを見るのとは、ぜんぜん違う感覚だから。

撮っていたビデオは、トオルさんがハイライトシーンを編集してくれて、1時間くらいにまとめてくれた。
それはそれで、けっこうエロくて、面白かった。
自分が映ってるのは照れくさいけど、ほかのみんなのは綺麗だなーって思ってしまう。

ということで、座談会というかキーボードトークを始めます。
これって、チャットとかTwitterをやってる感覚だよね。
では、奈緒子さんから。

■奈緒子 —————-
半年くらい前のことなのに、つい昨日のことのようね。
読み返すと、あのときのことが鮮明に蘇るから。

最初のテーマは、みんなと話しあって、拓己くんのことにしようと。
トオルくんとのことは、彼が書いてくれたけど、拓己くんのことは私たちが書いてあげようということに。

●この続きは購読してね!

AD

Section-539『女たちのH座談会(2)』

■奈緒子 —————-
ナナさん、それ、大事なことよ。
何度か話しあったから、あらためてここに書くことでもないのだけど、子どもは産めるうちに産みなさい。
将来に対する不安はあるだろうけど、それは乗り越えていけばいいの。
私はデキ婚だったから、無責任だったし、将来のことなんてぜんぜん考えてなかった。おまけにすぐに離婚しちゃったしね。計画性はなかったけど、生まれた子どものために精一杯頑張ろうとは思ったわ。
なんとかなるものよ。なんとかしようという気があればね。
ナナさんなら大丈夫。いいお母さんになれるわよ。
前にもいったけど、ファミリーを抜ける必要はないと思うの。
みんなの子どもとして、みんなで育てればいいのよ。
私は経験者だから、なにがしかの協力ができると思う。
昔は、三世代が同居するような大家族で子育てしていたわけだけど、私たちって大家族みたいなものじゃない。みんなで協力すれば、経済的にも子どもの面倒を見るのも、助け合えるわ。

ナナさんの子どもだと、私にとっては、姪か甥みたいなものね。
問題があるとしたら、このマンションでは手狭ということかな。みんなが一緒に住めて、子育てできるような広い家が必要ね。二世帯住宅とか、三世帯住宅のような家。
結論を急ぐことはないけど、よーく考えて。
涼子さんも、由貴も。
おばあちゃんになるのは複雑だけど、孫の顔は見たい(笑)。

★由貴 ——————
えへへ、なんとかなって育った子どもで〜す(^_^)b
この話題、いいのかな?
トオルさんを困らせてしまいそうだけど……
産むなら、みんなで産もうよ(^o^)
由貴は、トオルさんの子どもを産みたい!

●この続きは購読してね!


Section-540『女たちのH座談会(3)』

●ナナ ——————
H座談会の最終回(のつもり)。
今号のテーマは、ゴールデンウイーク以降の近況とか、これからのことについてにしようと思う。

トオルファミリーは涼子さんが最初に加わってから、次にわたしと拓己、その後、奈緒子さんと由貴ちゃんが加わって今の形になったのね。
で、涼子さんは11年目、わたしと拓己と奈緒子さんは10年目、由貴ちゃんが6年目になる。それと福岡の香織さんが7年目。

もう10年か……と、そんなに年月が経った実感がないのよね(^_^)b
10年前のことなんて、あんまり覚えてないよね、普通は。ところが、わたしたちのことはトオルさんがメルマガとして書き残してくれているから、あの日、あのとき、どんなセックスをしていたかを克明に思い出すことができる。
バックナンバーを読み返してみたら、うぶなわたしがいた(^_^)bbb
あのころは、なんて未熟な女だったのかがわかるから、恥ずかしいやら照れくさいやらで、わたしもそれなりに成長したんだなーと思った。
こういうことって、普通の男女関係では得られない経験よね。昔の自分に会えるなんて。トオルさんが書き残してくれたことに、感謝感謝の気持ちでいっぱい。
トオルさんの書いてくれたメルマガは、わたしたちの大切な記憶になってる。同時に、読者の人たちにとっては、Hな読み物であったりセックス教本にもなってると思う。
わたしたちの記憶を、読者のみなさんと共有しているっていうのも不思議な感覚。

近況としては、最近は平日でもトオルさんの家に入り浸り(^o^)
わたしの本来の住まいである近くのマンションは、拓己の仕事場で、会社から帰宅するときは部屋に帰るんだけど、夕食時になると拓己と一緒にトオルさんの家に行く。
そして、そのままお泊まりして、トオルさんの家から出勤。
みんなと一緒にいるのが楽しいし、家族だから一緒にいたい。
もちろんHもするけど、平日は控えめ。フェラとセックスを1回ずつくらいかな。そんなに時間はないし、翌日のことを考えると、早く寝る。
Hは、もっぱら週末に集中的に。

●この続きは購読してね!