カリ舐め

『体と心のセックス・ライフ』2013年10月分(Section-493〜496)

投稿日: カテゴリー: 体と心のセックス・ライフ, エッセイ
メルマガ登録・解除
体と心のセックス・ライフ
購読料:525/月(申込当月無料)
>> サンプルを見る
詳細ページへ
powered by まぐまぐプレミアム
LINEで送る
Pocket

Section-493『女性による女性のためのフェラ講座(6)』

こんばんは、ナナです。

長いシリーズになってるけど、毎週書くのがこんなに大変とは(^_^)b
早めに書き上げて、トオルさんのチェックを受けて、OKをもらえるまで書き直したり書き足したり。そういう意味では、対談形式の方が楽だな〜。
わたしは文章を書くだけだけど、拓己にはイメージ画像を作ってもらわなくてはいけないので、どんなイメージが必要かを打ち合わせする。今号は図解を多くしたから、2週間くらいかかった(^_^)b
そんな作業にも、だんだん慣れてきて、書くのが楽しくなった。
ちょっとプロの気分(^_^)
あと2〜3回くらいなので、最後までがんばります。

今号からは、応用編について。

■(3)応用編〜楽しいフェラのために
★フェラの体位
セックスにいろいろな体位があるように、フェラにも体位がいろいろとある。その体位によって、フェラの仕方は少しずつ違うし、それが面白さにもなるのよ。
代表的なフェラの体位……というか、わたしたちがよくする体位を紹介するわね。体位の名称は、わたしたちの間での俗称で。というのも、セックスの体位名と違って、フェラの体位名には一般的に認知されている名称がないらしいから。
ちなみに、体位のことは英語では「ポジション」ていうのよね。

●この続きは購読してね!


Section-494『女性による女性のためのフェラ講座(7)』

こんばんは、ナナです。

今号は、好評な(?)対談です(^_^)
お相手は由貴ちゃん。
由貴ちゃんは、元カレとはフェラができなかったから、トオルさんが初フェラの相手だったのね。
だから、彼女の初々しかった頃から知ってるけど、その上達ぶりには目を見張ったわ。たぶん、わたしたちの中で一番上達スピードが早かったと思う。
由貴ちゃんは、とても賢い娘なので、飲み込みが早いのよね。

◆ナナ————–
由貴ちゃん、よろしくね。
前にも書かれていたと思うけど、元カレとはフェラができなかったのはどうして?

★由貴————–
なんとなく嫌だった(>_<)
その頃は、ペニスに対してすっごく嫌悪感ていうか、嫌らしい、汚いっていうイメージだったから。
初エッチのときも、ペニスは見なかったっ(^_^)b
たぶん、彼のこと、そこまで好きじゃなかったんだと思う。
なんか、焦ってたのね。周りはみんな彼氏がいたし、エッチもしてたから。由貴も早く経験しなきゃって。
バッカみたいだけど。

◆ナナ————–
最近の若い人たちって、エッチに興味がないとか、草食系とかいわれるじゃない。それでもエッチしたかったの?

AD

★由貴————–
それって、半分くらいウソ(^_^)
一部の男子はそうなのかもしれないけど、ほんの一部だと思う。女子の方が積極的にはなってると思うけど、エッチに対してノリが軽いのよね。ガツガツはしてないけど、エッチすることに抵抗感は薄くなってると思う。
エッチな話をするのに、あんまり抵抗がないから、友だちがみんなエッチしてるのに、由貴はまだだったから、疎外感を感じちゃってた。
友だちは中学生とか高校生のときに初体験を済ませてたのね。みんな早かった。由貴は出遅れてた(^_^)b

●この続きは購読してね!


Section-495『女性による女性のためのフェラ講座(8)』

カリ舐め
▲カリ舐め

こんばんは、ナナです。

今号も対談。
最後は春海さん。わたしたち姉妹の中で、中心的な存在で、大先輩でもある。彼女がいなかったら、今のわたしたちはなかったと思う。
春海さんは、わたしたちの道案内人で、トオルさんとの出会いを助けてくれた恩人です。
感謝してもしきれないくらい、お世話になっています。

◆ナナ————–
改めていうのもなんだけど、ほんとうに春海さんにはお世話になりっぱなしですね。
良きお姉さんだし、先輩だし、お手本です。
春海さんが、わたしたちを受けて入れてくれたから、トオルファミリーが成り立ってるんですよね。

★春海————–
そんなことないって(^_^)b
わたしも助けてもらってるし、みんながいてくれるからわたしは幸せなの。
みんなのこと、大好きだもん。
知ってのとおり、わたし、女の子大好きだから(^_^)
ナナちゃんのことも愛してるの(^_-)-☆

読者の人は、トオルにとってのハーレムだと思ってるかもしれないけど、じつはわたしにとってもハーレムなの。
ナナちゃんのクンニは気持ちいいよ(^○^)

◆ナナ————–
えへへ(^。^)
わたしも同性愛好きなので、春海さんのこと、愛してます。
と、今日はそっち系の話じゃなくて。

前には書いてると思うけど、いちおうみんなに聞いてるから、フェラ初体験のときの話を。

●この続きは購読してね!


Section-496『女性による女性のためのフェラ講座(9)』

こんばんは、ナナです。

わたしたちのフェラ講座も、いよいよ大詰め。
まとめとして、書き足りなかったこと、書き残したことなど、みんなでキーボード対談します。

◆ナナ————–
これを書いてるのは、10月14日で3連休の最終日。
天気はよかったので、どこかに出かけようかという話もあったんだけど、結局、エッチの連休になっちゃった(^○^)
やっぱり、休みの日は、思う存分エッチしたいのよね。平日は時間が乏しいから、どうしてもエッチは控えめになってしまう。
休みになると、抑えていた欲求を解放する感じ。
フェラもたくさんした\(^O^)/
ちょっと肌寒くなってきたけど、裸で過ごすのは気持ちいい。

ということで、フェラ講座のまとめとして、みんなでエッチ談義。
ここまでの連載をふまえて、書き忘れたことなどあれば。

▼奈緒子————
みんな仕事があるから、平日はなかなかエッチの時間がないわね。
トオルくんは残業が多くて、帰りが遅いし。
それでも、フェラだけは毎日、誰かがしてるわね(笑)
彼も、フェラだけは毎日してほしいみたい。
そういうことでは、彼はエッチに休みなしだけど。精力旺盛というか、精力がありあまってるのね。そこが彼のいいところでもある。

ナナさんと拓己くんは、週末に泊まりに来るのが基本だけど、トオルくんは私たち4人と毎日一緒だからね。性欲旺盛な女が4人で、彼は大変なのかというと、そうでもなくて、さらりとこなしてる。
短い時間でセックスもフェラもして、私たちの欲求を満たしてくれる。
そのへんのやり方というか、対応の仕方がうまい。
週末は長編小説のセックスだけど、平日は短編小説か、もっと短いショートショートみたいなセックス。だけど、短いだけじゃなくて、充実感のあるセックス&フェラなのね。
使い分けが上手。

●この続きは購読してね!