立ち2 in 1

『体と心のセックス・ライフ』2013年7月分(Section-481〜484)

投稿日: カテゴリー: 体と心のセックス・ライフ, エッセイ
メルマガ登録・解除
体と心のセックス・ライフ
購読料:525/月(申込当月無料)
>> サンプルを見る
詳細ページへ
powered by まぐまぐプレミアム
LINEで送る
Pocket

Section-481『冬休みは自宅でエッチキャンプ(24)』

立ち2 in 1
立ち2 in 1

ナナを相手に、オレが立ちバックアナル、拓己は彼女のフェラで2in1。
彼女は終始呻きながら、快感を駆け上がる。
「ンンーーッ! ンンッンンンッ! ンンンーー!!」
オレが激しく突くから、彼女の体は前後に大きく揺さぶられる。そうなるとフェラをするのも苦しくなるはずだが、彼女は拓己のペニスから口を離さない。しっかりとくわえたまま、拓己も快感になれるように出し入れをする。
揺さぶられる反動を利用して、うまくフェラになるようにしているんだ。
それは経験のなせる技だ。
慣れないうちは意識していないと口を離してしまうが、慣れてくると反射的に動くようになる。そのレベルに達するくらい、こういう体位はしてきているということだ。

「ああっ! 僕、イキそう!」
拓己が限界になったようだ。ほどなく、彼は身をよじって、射精の身震いをした。
「ナナ、オレはまだだ! もっとだ!」
「ンンッ!」
オレは渾身の力を込めて、腰を突き出し、彼女に突き入れる。
アナルは、強くすればするほど深く入る。それが快感なのだが、彼女にとっても深いほどに快感が高まる。
彼女の体がブルブルと震え出す。前傾姿勢の立ちバックだから、ソファに着いている両手が、そろそろ限界なのだろう。
そろそろケリをつけてあげないと。
「イクよ!」
ようやく、オレも射精に達する。
「ンンッ! ンッンッンンッ……」
ペニスの痙攣が直に伝わっているのだろう。痙攣に合わせて、彼女が呻く。
痙攣が治まると、彼女が膝を着けるように、ゆっくりと姿勢を低くする。これで体勢が楽になる。彼女は、拓己のペニスからまだ口を離さなかった。
余韻に浸れるように、ペニスは抜かない。

●この続きは購読してね!


Section-482『冬休みは自宅でエッチキャンプ(25)』

由貴は騎乗位を解いて、オレから降りると立ち上がる。
「シャワー浴びて、お台所手伝ってくる」
「ああ、頼むよ。オレは春海を起こすから」
拓己もまだ眠っていた。春海の前に、拓己か。
「おい、拓己。そろそろ起きろよ」
オレは彼の胸を軽く叩く。
「んん〜……」
寝ぼけている。
掛け布団をはぎ取り、彼のペニスを握ってしごく。
「ほらほら、起きろよ」
「んん……んんん……」
ときどき彼のペニスを触るが、自分のと違う感触は新鮮だ。彼女たちの方が、その違いをもっと実感していることは察しがつく。
「んん……んん? あれ?」
彼は目を開けた。
「起きたか。今日はみんな早起きなんだよ」
「トオルさん! ああっ!」
オレがしごいているのに気がついて、彼は呻く。
「やばいっす! ああっ!」
男同士だから、効果的なしごき方は手慣れたもの。このまま射精させてやってもいいが、それは彼女たちの仕事だ。
「あとは彼女たちにしてもらってくれ」
オレは手を離した。
拓己は起き上がる。
「いま、由貴がシャワー浴びてるよ。一緒に浴びてこいよ。続きもついでに」
「了解っす」

●この続きは購読してね!


Section-483『冬休みは自宅でエッチキャンプ(26)』

朝食後、いつもなら自由時間なのだが、最終日なので、すぐにエッチを始める。時間が惜しい……と、みんなが思っていた。
まずはフェラから。

オレは立ち上がった姿勢で、一番手として由貴がオレの前にひざまずく。
拓己は仰向けに寝て、一番手は奈緒子。
まるで競い合うようにして、由貴と奈緒子のフェラが始まる。
オレは立った姿勢なので、ふたりがよく見える。
由貴が舐めフェラが始めると、奈緒子も四つん這いになった姿勢で舐めフェラを始める。由貴と奈緒子は互いが見えていないと思うが、なぜかシンクロする。
しばらく舐めフェラを続けて、ふたりはほぼ同時に口に頬張る。
その様子を見ていて、微笑ましく思う。
フェラの仕方やセックスの好みは違うふたりだが、リズム感やフィーリングは驚くほど似ている。やはり血は水よりも濃いようだ。

彼女たちは約5分交代で、フェラリレーをする。
オレに対しては、由貴→ナナ→春海→奈緒子→涼子→由貴……という順番だった。
拓己に対しては、奈緒子→涼子→由貴→ナナ→春海→奈緒子の順番。この順番は輪になっていて、その日、そのときの順番は自然と決まるらしい。ときにじゃんけんで決めることもあるが、そこまでしなくても暗黙のうちに決めているようだ。
起点になっているのは、由貴だ。由貴が一番手であることは、いつも変わらない。一番年下の由貴が優先権を与えられる。それは彼女たちのやさしさだ。
もうひとつの起点は、奈緒子。一番年上だから、敬意を表してのことだ。

●この続きは購読してね!


Section-484『冬休みは自宅でエッチキャンプ(27)』

オレは昼食で空腹を満たすと、彼女たちが食べ終えるのを待つ間、急いでセックス日誌を書いた。記憶が新鮮なうちに、要点を書いておく。そうしておかないと、こうしてちゃんとしたドキュメントとして書き起こせないからだ。

AD

最初に食べ終えたのは由貴だった。彼女はオレのところに来ても、まだ口をモグモグさせていた。
「えらい早かったね。そんなに急がなくてもいいのに」
彼女が急いで食べた気持ちはわかる。
「トオルさんを待たせたくなかったから」
「じゅ、先に寝室に行こうか」
「うん」

オレが布団に寝そべると、由貴はさっそくフェラを始めようとする。
「ああ、由貴、69にしよう」
「は〜い」
彼女は嬉々として、オレにまたがり、頭をペニスに股間をオレの顔に寄せる。彼女がペニスを握り、ペロペロと舐め始めると、オレもヴァギナを舐める。
ほどなく、ペニスは彼女の口の中。
互いに、互いを食べあう。
「んんん……んんっ……んん〜んん……」
彼女は呻き、クンニに感じながらも、フェラはおろそかにはしない。

69でのフェラとクンニでは、彼女の方が有利だ。オレの方が先に続けられなくなる。クンニは基本的に、舌を出して舐めるわけだが、舌を出し続けるのはけっこうキツイ。
それに対して、彼女はフェラを日常的に長い時間することが多いから、鍛えられている。オレもクンニを鍛えればいいのだが、彼女たちはクンニよりも指技、指技よりもセックスを好む。クンニは前菜かおやつのようなもので、ときどきしてあげればいいらしい。

●この続きは購読してね!