『体と心のセックス・ライフ』2011年10月分(Section-397〜400)

投稿日: カテゴリー: 体と心のセックス・ライフ, エッセイ
メルマガ登録・解除
体と心のセックス・ライフ
購読料:525/月(申込当月無料)
>> サンプルを見る
詳細ページへ
powered by まぐまぐプレミアム
LINEで送る
Pocket

Section-397『由貴とラブホテルにて(10)』

オーガズムの快感
オーガズムの快感

由貴は快感に叫び続けて、だんだんと声が出なくなる。
快感が薄れてきたわけではなく、声を出し続けることができないほど、快感に翻弄されているのだ。
オレがやめなければ、彼女は感じ続けるだろうが、そろそろ一休みを入れる頃合いだ。
オレは動きを止める。
彼女の呼吸は荒く、胸が活発に上下していた。
全身は汗びっしょりだ。
「疲れてきただろう。ちょっと休憩しよう」
「はぁ、はぁ、うん、はぁ、はぁ……」
彼女は頷いた。
手は握ったまま。彼女は強く握りかえしてくる。
その意図はわかる。
「まだ抜かないよ。このまま休憩。喉が渇いただろう?」
「うん。少し」
枕元にペットボトルを置いてあった。
「それ、届く?」
彼女はつないでいた手を離して、ペットボトルに手を伸ばす。
「先に飲んでいいよ」
彼女は、ごくごくと飲む。少しどころか、かなり喉が渇いていたようだ。
飲み終えると、オレにペットボトルを渡してくれる。残りはオレが全部飲んでしまった。
時計を見ると、残り時間は1時間30分ほど。
帰り支度に30分はかかるから、あと1時間。

「あとどのくらい?」
彼女も時間が気になっていたようだ。
「1時間くらい。時間が経つのは早いね」
「もうそんな時間なの? このまま泊まりたいくらい」
「延長してもいいけどね」
オレの提案を、彼女はしばし考える。
「やっぱり、時間が来たら帰らなくちゃ。私だけわがままいっちゃいけないと思うから。家では、みんな待ってるし」
「そうだね。由貴は疲れてるみたいだし」
「そうかなー。そんなに疲れてないよ」
「今はそうでも、あとで来るぞ。どっと筋肉痛が」
「かもしれない」
彼女は苦笑した。

●さらに詳しいことは購読してね


Section-398『由貴とラブホテルにて(11)』

恋人あるいは夫婦間で、セックスについて本音で話し合う。
じつは、これができずにいる人は多い。
オレに悩み相談してくる人……多くは女性……は、彼に相談できないから、オレに悩みを打ち明けてくる。
彼には話せないことでも、オレには話せるようだ。
現在も、ひとりの女性とメール交換しているが、彼女も彼には言えないこと、聞けないことをオレに言ってくる。
彼には言えない……という時点で、問題があるのだが、言えないからこそ「」になってしまう。
そういうカップルは、互いの間に「壁」がある。
その壁を壊す、あるいは乗り越えることが必要なのだが、なかなか難しい問題ではある。

ギブ・アンド・テイクではないが、彼の望みには無条件で応える、同時に自分の望みにも彼には応えてもらう。
損得勘定からではなく、互いに求め、与え合うことが、愛しあう条件だと思うのだ。
かといって、「わたしがこうしたのだから、あなたはこうして」という交換条件を出してはだめだ。
無償の愛でなくては、ほんとうの愛情にはならないからだ。
互いに、与え、受け入れる、という気持ちがあれば、自然と互いの欲求を満たせるようになる。
オレと彼女たちの関係は、そうなっている。
その関係が成り立つには、包み隠さず本音で話し合うこと。
コミュニケーションを緊密に取ることが必要なんだ。

オレたちは普段から、互いの気持ちをちゃんと伝えあっている。
だから、彼女がなにを求めているのか、オレがなにを求めているのか、互いに察することができる。
あうんの呼吸は、日頃からの積み重ねで、初めて呼吸が合うようになる。

●さらに詳しいことは購読してね


Section-399『アナルセックス講座(1)』

由貴編がようやく終わって、次に「わたしのこと書いて」と彼女たちにいわれているのだが……。
もちろん、書いてあげたいし、書きたいと思っているのだが、ひとりひとりを書いていると、それだけで1年が経ってしまいそうだ(^^)。
まぁ、いずれ書くとしても、ひとまず趣向を変えてアナルセックス講座を始めようと思う。
過去、アナルセックスについていろいろ書いてはいるが、ちゃんと講座編として書いていなかったからね。

アナルセックスは、いまだにアブノーマルの世界だと思う。
女性でアナルをしたいと思う人は、そう多くはない。
そもそも「」の中に「アナル」は含まれていないからだ。
アナルを経験する女性は、自ら進んでするというより、彼の求めに応じてする……というパターンが多い。
経験してみて、初めてその快感に気がつく場合がほとんどだろう。
逆に、二度と嫌、という場合もあるだろう。
これは普通のセックスにもいえることだが、初体験でどういう経験をするかで、その後に好きになるか嫌いになるかが決まる。

うちの彼女たちも、今ではアナル経験者だが、みんなアナルが快感になっている。
彼女たちの場合、オレが望んだというより、最初に涼子がアナルを経験してみたいと言い出したのがきっかけだった。
アナルセックスをする前から、オレはシャワーを浴びるときに、彼女たちのアナルに指を入れたりしていた。
それは戯れのひとつで、アナルセックスを意図してのことではなかった。
ただ、そうしていたことが、アナルに対する抵抗感をやわらげていたとはいえる。

AD

アナルに指を入れることで、アナルに対する先入観を消すとと同時に、アナルも感じるポイント……性感帯であることに、気がついて欲しかったのだ。
結果として、彼女たちはアナルに指を入れることで感じるようになり、涼子がアナルセックスをしてみたいと言い出すことに結びついた。
じつをいえば、オレも涼子がアナルセックスをしたいと言い出すまで、アナルは未経験だった。
知識はあった。
どういう手順でするか、どうするとアナルをしやすいかといった知識だ。
それを実践する機会を与えてくれた涼子には感謝している。

●さらに詳しいことは購読してね


Section-400『アナルセックス講座(2)』

今号は、記念すべき400号。
本誌を始めたとき、こんなに続くとは思っていなかった。
これは読者がいてくれるからこそである。
読者の皆さんには、感謝の気持ちでいっぱいだ。

ありがとう。

そして、これからもよろしく。
その400号が、アナルセックス講座というのも、なんとも意味深だ。
400号……つまり、400週というのは、オレと彼女たちのセックスの記録と記憶でもある。
このメルマガを始めて、それまで経験していなかったセックスを経験してきたのも事実。
読者のみなさんは、その目撃者であり体験を共有してきたことになる。
というわけで、本題に入ろう。

【トレーニング編】男としての準備
アナルセックスのために、女性はアナルに挿入しやすいように拡張する必要があるが、トレーニングが必要なのは女性だけではない。
男としても必要なトレーニングがある。

アナルセックスをするにあたって、男の側の問題を挙げてみると……

(1)早漏ではだめ。
(2)勃起したときに、十分な硬さが必要。
(3)中折れしてしまってはだめ。

……といったことがある。
通常のセックスでも問題になる点ではあるが、アナルではもっと問題になる。

●さらに詳しいことは購読してね