クンニで彼女に火をつける

『体と心のセックス・ライフ』2010年4月分(Section-325〜328)

投稿日: カテゴリー: 体と心のセックス・ライフ, エッセイ
メルマガ登録・解除
体と心のセックス・ライフ
購読料:525/月(申込当月無料)
>> サンプルを見る
詳細ページへ
powered by まぐまぐプレミアム
LINEで送る
Pocket

Section-325『図解・クンニ講座(14)』舌と唇の使い方

クンニで彼女に火をつける
クンニで彼女に火をつける

Twitterでつぶやいたことだが、
『間違いだらけの“セックスレス男”にご用心』
http://eeg.jp/8nS2
という記事は、なかなか興味深い。
最近は、「3組に1組の夫婦がセックスレス」なのだという。
離婚原因に挙げられる「性格の不一致」とか「価値観の違い」というのは、つきつめれば「セックスの不一致」なのだと思う。

男と女はもともと、考えかた、価値観、感性、興味の対象が違うもの。身体的には体のつくりも違うし、セックスでの感じ方や受け止め方も違う。
男は入れる方、女は入れられる方……というのは、役割の違い以上に大きな違いがある。
その決定的な違いを埋める方法が、セックスなんだ。
相手とのセックスが楽しければ、快感になれれば、その他の違いは埋め合わせができるし、歩みよることもできる。

セックスは、男と女をつなぐもの。

肉体的にも精神的にも、男女をつなぐのがセックスなのだ。
互いが気持ちよくセックスできて、満足感を得るには、経験とテクニックが必要とされる。
だが、テクニックは漫然とセックスしていても磨かれるものではない。
意識して、知識を吸収し、テクニックの練習をして、イメージトレーニングしながら、実践に活かしていく。
それなりの努力が求められる。
男は男なりの努力を、女は女なりの努力をしていく。
互いがセックス能力を高めてこそ、最高のセックスができるようになる。

もちろん「愛しあう」という心の面も大切。
心だけではなく、体の面でも愛情を表現する。
それがセックステクニックだと思う。

●この続きは購読してね!


Section-326『エッチ談義・その1』

無料版の方でオレと彼女たちとの対談形式の記事を書いているが、その拡大版として、こちらではもう少し突っこんだ話を展開しようと思う。
無料版の方は、誰でも読むことが可能だし、メルマガとして購読していなくても、まぐまぐのバックナンバーから読むことができるようになっている。
つまり、オープンな場なので、書く内容的にもある程度の抑制を働かせている。それでも際どい内容がないわけではないが、有料版ほどストレートかつ具体的な内容は出さないようにしている。

有料版は特定少数の読者であり、基本的に成人が対象なので、突っこんだ内容で、より具体的、ポルノ的な描写もふんだんに盛り込んでいる。
彼女たちとのエッチ談義も、ほんとうはもっとエッチだし、ドロドロ、エロエロしたものも多い。
その生々しいエッチ談義の一部を、展開していこう。

【トオル】
順番はランダムでいいから、発言したい人は手を挙げてね。
あるいはオレが指名するから。

みんな、ネットでいろんな記事を読んでると思うけど、男女関係とかエッチ関係で、最近気になった記事とかある?

AD

【奈緒子】
セックスレス夫婦が、3組に1組というのがあったわね。
夫婦だけじゃなくて、恋人でもセックスレスなのかな?と思う。
草食系男子はセックスに興味が薄いみたいだから。
それは、きっと男女の人間関係そのものが希薄なんじゃないかと思う。
ひとりでは寂しいけど、かといって相手と深くかかりたくはないということなのかもね。
たぶん、傷つけあうのが怖いんじゃないかしら?
互いに深く知り合うというのは、いいところも悪いところも知ることになるわけで、見せたくない自分を見せることにもなる。
それが怖いんだと思う。
恋愛が面倒くさい、というのも、そういうドロドロな関係が嫌なのね。

●この続きは購読してね!


Section-327『エッチ談義・その2』

【トオル】
君たちは、AVをよく見てるよね。オレが見せてるからでもあるけど。
普通は男が見るものだけど、女の視点から見てどうよ?

【涼子】
トオルさんに見せてもらうまで、そういうのはぜんぜん見たことがなくて、なんとなくどんなものかのイメージはあったけど、あそこまでスゴイとは思わなかった(^_^)b
嫌らしいとか、ストーリー仕立てが笑っちゃう部分はあるけど、男性の願望って、こういうことなのかな?って思った。
誇張されてるとは思うけど、普通、そんなことないよねって(^o^)

【ナナ】
ストーリーとかは陳腐だけど、フェラとかセックスの仕方は参考になった。
へぇ〜、こういうやり方もあるんだって。
あと、ペニスとヴァギナの形や大きさや色なんかは、個性なんだなと。
ヴァギナはわたしたちで見せっこできるからいいけど、ペニスの実物は拓己とトオルさんしか知らないので、比較対象ができていいかな。
それで思ったことは、拓己もトオルさんも、美形のペニスだってこと(^^)
好きなペニスのタイプが、自分にあることがわかった。
こういうタイプは好きだけど、ああいうタイプのペニスはちょっと好きじゃないから、フェラしたい気持ちが薄れるとか。
ひとりしか知らなかったら、選択肢はないわけだど、いろいろ知ってると好き嫌いが出てくる。
男優さんで、顔はブサイクだけど、ペニスは美形という人もいる。
顔もペニスもイケメンが理想だけど、ペニスがイケメンだったら顔は二の次でもいいかなとも思う(^o^)

●この続きは購読してね!


Section-328『エッチ談義・その3』

【トオル】
前にも聞いたことのあることだけど、読者向けに。
オレは君たち5人を含めて、セックス教室の彼女たちともセックスをしてきたわけだけど、そのことについてはどう思ってる?
君たちは他の男とセックスしてみたいと思う?

【春海】
わたしは、いちおう妻ということになってるけど、たまたまそうなってるだけで、妻という意識はないのね。
涼子ちゃんを紹介したのはわたしだしね(^o^)
それぞれで状況は違うけど、男性やセックスに対して悩みとか満たされない気持ちを持っていたのは共通してると思う。
トオルの愛情とかセックスが素敵なことはわたしが一番知ってるから、同じような悩みを抱えている女性には、こんなに素晴らしいんだよって伝えたい。
言葉ではぜったいに伝わらないことだから、実際にトオルを経験するしかないと思うの。
セックスはトオルの才能なのよ。
ピアノの才能がある人は、演奏を聴かせることで多くの人の心を癒せるじゃない。
それと同じで、トオルのセックスは女性を癒して満たせる。
ここにいるみんなが、そうであるように。
トオルはみんなのトオルなの。
わたしは、みんなのことも大好きなのよ。
他の男性は……わたし的にはバスね(^_^)b
トオルと拓己くんで十分。

【ナナ】
わたしも助けてもらった口だから、オーガズムを得たいと思っている女性の気持ちはよくわかる。
トオルさんとの相性が重要だけど、相性がよければ最高のオーガズムを経験できると思う。
オーガズムって、いきなりそうなれるわけじゃなくて、何度か経験しているうちに、オーガズムの扉が開いていく。
1回だけじゃ、無理。
セックス教室というのは、まさにその通りで、セックスの仕方、オーガズムの感じ方を少しずつ学んでいく過程だと思う。
わたしはトオルさんに調教されていった(^o^)
いい女に、いいセックスができる体に。
トオルさんは、根気よく教授してくれる。
普通だったら、なかなかそこまでしてくれる男性はいないと思う。
セックスに悩める女性の、駆け込み寺ね。

●この続きは購読してね!