精液は愛の味

『体と心のセックス・ライフ』2010年2月分(Section-317〜320)

投稿日: カテゴリー: 体と心のセックス・ライフ, エッセイ
メルマガ登録・解除
体と心のセックス・ライフ
購読料:525/月(申込当月無料)
>> サンプルを見る
詳細ページへ
powered by まぐまぐプレミアム
LINEで送る
Pocket

Section-317『オルタナティヴ・ラヴ/香織編(30)』愛しあって、眠って

精液は愛の味
精液は愛の味

精液を飲む……
というのは、女性にとって特別な意味があるようだ。
男としては、フェラで射精することは最高のオーガズムだし、その精液を彼女が飲んでくれるのは、大きな喜びとなる。
精液は、生きた精子たちだ。
その細胞には、オレのDNAが刻まれ、オレの小さな小さな分身でもある。
精子が卵子と結合すれば、オレと彼女の子どもになる。
生物的にも心理的にも、精子は男にとって重要なものだ。
そのオレの精液を、彼女が飲んでくれる。
卵子に巡り会うことはなくても、彼女の体内で消化され吸収される。
文字通り、オレが彼女に食べられる。
比喩的には、もうひとつの合体だ。

精液は、味としてはそれほど美味しいとはいえない。
主成分は、精子がタンパク質、精子を流動的にする粘液には、クエン酸、果糖、プロスタグランジン(ホルモンの一種)、愛液としてのカウパー腺液などが含まれている。
味として「苦み」を感じるのは、タンパク質のため。サプリとして味付けされていないプロテインを飲んだことのある人なら、その苦さと同等だというのがわかるだろう。
彼女たちが、ときに「精液が甘い」と感じるのは、果糖が含まれているからだ。この果糖は、精子が泳ぐためのエネルギー源となる。
また、カウパー腺液は、糖を多量に含む糖タンパク質(粘液糖タンパク質)であり、この味も「甘み」の元になっている。
酸っぱいと感じるのは、クエン酸のため。レモンや梅干しが酸っぱいと感じるのもクエン酸の味である。

●この続きは購読してね!


Section-318『オルタナティヴ・ラヴ/香織編(31)一緒に見る夢』

香織と一夜を明かす。
夜をともにするのは、彼女が東京に来たときで、3度目だ。
10回会ったうちの、ほかの6回はオレが福岡まで行った。残り1回は、彼女が昼間に東京に来て、日帰りした。
もっと何度も会っているような気がするが、やっと2桁になったばかり。
一般的な恋人や夫婦に比べれば、会う頻度は極めて少ない。
それでも香織とは、一般的な恋人以上に深い関係だ。
その理由のひとつが、セックスしている時間だ。
累計で、66時間に達する。
10回で66時間だから、いかに長い時間かがわかるだろう。
男が射精するだけで終わるセックスだと、せいぜい10分。
それを1日分と仮定すると、396日分になる。
一般的なカップルのセックス頻度は、週に1〜2回くらいだから、2回としても198週分、約4年相当である。
つまり、10回で4年分のセックスをしてきたわけだ。

時間だけではなく、濃密なセックスだから、時間以上に密接なつながりだ。
いわゆる遠距離恋愛的な関係だが、遠距離でも強いつながりを維持できる秘訣は、このへんにある気がする。
遠距離恋愛はうまくいかないといった話をよく見聞きするが、それはきっとセックスの濃度も薄いのだろうと思う。

●この続きは購読してね!


Section-319『オルタナティヴ・ラヴ/香織編(32)』攻めて攻められて

香織が「フェーご」(フェラで精液ごっくん)して、最初の山場を越えた。
オレも彼女も大満足だ。
精液を彼女に飲んでもらうこと、オレには特別な悦びとなる。
彼女とオレのつながりが、より強くなったような気がするからだ。

オレの体の一部を、彼女が食べてくれる。
オレの細胞が、彼女の体の一部になる。

それは象徴的な意味ではあるが、心のつながりを細胞レベルでも実践していることの象徴だ。

オレと彼女は、一心同体。

AD

けっして、本当の意味でひとつにはなりえないのだが、ほんの一瞬でも、気持ちの上だけでも、ひとつになりたいと願う。
セックスはそのための最良の方法だし、「フェーご」は象徴的な意味を越えて、彼女の体内にオレ自身が吸収されるプロセスとなる。
たとえば、思い出やプレゼントされた品物を通して、相手とのつながりを意識することがある。
記憶や物は間接的に、相手の存在感を感じる。
だが、精液はオレの分身そのもの。
それを彼女が飲んで消化して、自分の体内に取り込むことは、彼女と同化することを意識させる。
これ以上の「つながり」はないだろう。
香織とは、普段は離ればなれだが、オレの一部は彼女の体内にある。
そう思うことが、どれほどオレにとって意味があるか。
女性が自分の子どもを愛おしく思う気持ちと、同じような気がする。

●この続きは購読してね!


Section-320『図解・クンニ講座(11)』スイート・スポット

しばらく中断していた「クンニ講座」を再開。
忘れている人は、もう一度バックナンバーを読み直そう(^^)

クンニは女性のため。
そして、男が女性をより「知る」ための技。
彼女にフェラをしてもらうのなら、男は彼女にクンニをしてあげる。
セックスやフェラに比べて、クンニをする頻度は少ないものだが、たまには彼女に奉仕するのもいいものだ。
ただし、彼女が嫌がらないのなら……という条件付きではあるが。

なにも知らなくても、ヴァギナを舐めることくらいはできるが、ヴァギナのこと、クンニのよりよい方法を知っていれば、彼女はクンニでもイってくれるし、クンニが面白くなるものだ。
知らないよりは、知っていた方がいい。
知識はテクニック向上のための基本。
知識+経験で、男としてセックス能力が高まっていくのだ。

●この続きは購読してね!