スカートをはいたまま…

『体と心のセックス・ライフ』2005年4月分(Section-85〜88)

投稿日: カテゴリー: 体と心のセックス・ライフ, エッセイ
メルマガ登録・解除
体と心のセックス・ライフ
購読料:525/月(申込当月無料)
>> サンプルを見る
詳細ページへ
powered by まぐまぐプレミアム
LINEで送る
Pocket

Section-85 『ラブホテルの過ごし方(新宿・エクセレント)』

スカートをはいたまま…
スカートをはいたまま…

土日が休みであれば、忙しい毎日からホッと一息つける休日となる。
いろいろと予定を立てて、有意義に過ごすのもいいし、ただのんびりと無計画に過ごすのもいい。
オレの場合、土日はなにかと予定が入っていることが多い。
仕事絡みだったり、友人関係のつきあいであったり。
たまになにも予定がないときは、1日中寝ていたりする。
休みなのだから、なにもしないのが休日だとも思うのだが、なにか予定が入っている方が時間を有意義に過ごせる気がする。かといって、会社に休日出勤するのも嫌だし……。時間の使い方は難しいものだ。
その日の土曜日は、昼過ぎから個人的な仕事絡みで出かけていた。同じ仕事でも、会社の仕事と個人的な仕事とでは、意気込みが違うから変なものである。用事が済んで帰ってきたのが、夕方。
帰宅してみると、春海は出かけていた。彼女は猫好きの仲間たちと会食に出かける予定だったのだ。そのため、涼子がひとりで留守番していた。
涼子はぼんやりとテレビを見ていた。
オレはメールチェックをして、いくつかの返事を書いた。
作業を終えて、隣のリビングを覗くと、涼子は相変わらずテレビを見ていた。
そんな時間の過ごし方も悪くはないが、見たいから見ているのではなく、暇なので見ているというのも虚しいものだ。
「おい、暇なら、出かけないか?」
テレビに向けられていた涼子の顔に生気が戻る。
「うん! どこに?」
「焼き肉屋か……、ラブホ、どっちがいい?」
「ラブホがいい!」
「そういうと思った。ちゃちゃと用意して」
30分後、オレたちは電車に乗っていた。

ホテル別ラブホテルレポート、第二弾。

(中略)

わずかな布地で隠された彼女の秘所に、隙間から指を潜りこませる。
彼女は熱く潤っていた。
予定では今日くらいに生理が始まるはずだった。たぶん今晩くらいだろう。直前の彼女は、すでに濡れ濡れなのだ。
「はぁ……」
ため息も熱い。洗面台の鏡に映った彼女の顔に、期待と湧き始めた興奮が浮かぶ。
オレはパンストを脱がせ、Tバックを下ろす。彼女の足を片方ずつ上げさせて、パンストとTバックを足からはぎ取ると、脇へ投げる。
「すぐしたい?」
「うん」
オレはその場でジーンズを脱ぎ、パンツも脱いだ。
ペニスはとっくにビンビンだ。
シャツも脱いでオレは裸になった。
彼女は洗面台に両手をついたまま、待っていた。
スカートを再びまくり上げて、彼女のお尻を露出させる。
手で後ろから股間を探る。
ねっとりと濡れた股間は、さらに潤っていた。
オレは起立したペニスを、彼女に導く。
彼女のお尻の割れ目をなぞって、広げられた股間へとカリが潜っていく。
ほどなくカリは入口を見つけ、そっと中に入っていく。
「ふぅぅ……」
彼女はお尻を突きだす。
深く入ったペニスは、すぐには動かさず、しばし彼女との結合感に浸る。

オレの股間は、彼女にお尻に密着している。
両手で彼女の腰をつかみ、グイッと引きよせる。
カリが彼女の奥深くに突きあたるのを感じる。
「……ぁはあぁぁ……」
さらに彼女を引きよせて、カリが子宮を押しあげる。
鈍い圧力がカリの先端にかかり、押し戻されるような感覚。
中を見ることはできないが、MAXに勃起したペニスが、彼女の中に深く突き刺さっているのを想像する。
指技のときには、指が子宮口に届く。指はせいぜい10センチくらいだ。つまり、膣の深さはそのくらいだということ。
そこに、今は17センチのペニスがスッポリ収まっている。
7センチ余分に深く入っているわけだ。その分だけ、彼女の子宮が押しあげられていることになる。
オレとセックスをする女性は、深い挿入感に、大きな満足感と快感を得るようになる。それが病みつきになるのだ。
「ぁぁ……ぁぁああ……」
オレが深く挿入したまま、グイグイと押すと、もう1〜2センチ瞬間的に深く入る。それがまた快感なのだという。

Pスポットの快感——

それはディープなセックスに熟練した女性だけが知る、深い快感であり悦びだ。
オレはゆっくりとピストン運動を始める。
じわりと抜ける直前まで腰を引いて、カリ首が膣口に引っかかるようにする。
「あはんっ!」
この引っかかりが気持ちいいのだ。
オレのカリ首は、段差が大きく、彼女たちに悦ばれる。
引いた腰を、ずずっとゆっくり押しこむ。
「あはぁ——」
入るときには、幅45ミリの太いカリが、彼女を押し広げていく。
彼女のたっぷり愛液で、滑るようにしてペニスが入る。

引…い…て………押…し…て………引…い…て………押…し…て……

ゆるやかなリズムが、徐々にピッチを上げていく。

引…い…て……押して……引…い…て……押して……

AD

オレと彼女の呼吸が合い、股間だけでなく、全身がシンクロしていく。

引いて…押して…引いて…押して…

「はぁ……はぁ……はぁ……はっ……」オレの呼吸。
「ああ……ああん……はぁぁ……あん!」彼女の応え。

「はぁっ」
「あぁぁん!」
「はっ!」
「あは——ぁん!」
オレと彼女はリズムを合わせ、股間を中心にして全身を躍動させる。

●この続きは購読してね!


Section-86 『ペニスのサイズアップ・中間報告』

男にとって、ペニスは象徴と自信の源といえるかもしれない。
大きければいいというわけではないが、平均より小さいというのもコンプレックスになってしまうだろう。
そのことを反映してか、ペニスのサイズアップに関する器具やサプリメントがいろいろとある。それらを試してみる人もいるだろう。
だが、ほんとうに効果があるのだろうか?
女性のバストアップ商品も多いが、広告の謳い文句通りに成功したという例は、あまり聞かない。とあるサイトで、バストアップに挑戦した実体験をつづっていたが、数あるバストアップ・サプリでほとんど効果らしい効果はなかったということが書かれていた。
では、男性の場合はどうか?
これが、意外と成功したという報告が多いのだ。
ならば、オレ自身が被験者となって、効果があるのかどうか試してみようと思った。
まだ、その途上ではあるが、中間報告としてこれまでの経緯を書く。
その結果は……
徐々に効果が現れているのだ!

●この続きは購読してね!


Section-87 『ラブホテルの過ごし方(新宿・LIBERTY編)』

会社帰り、平日の夜にラブホに行く。
ラブホに近いミスドで、彼女と待ち合わせ。
いつもは時間に余裕をみて行動するのだが、その日は待ち合わせ時間を過ぎてしまった。電車でうたた寝してしまって、最短経路の乗換駅を乗り過ごしたのだ。別経路で遠回りすることになった。
遅れることをメールで飛ばす。
10分遅刻して店に着いた。2階に上がり、彼女の姿を捜す。
奥手から彼女が小さく手を振っていた。
「ごめん、途中寝ちまって、乗り換えそこなった」
「お疲れさま」
「夕べは遅くまで仕事してたからな」
「大丈夫?」
「もちろん。仮眠したから復活してるよ。行こうか?」
「うん」
彼女は席を立った。
外に出ると、たくさんの人が通りを歩いている。このあたりは平日でも関係なく人が多い。
オレたちは雑踏の中に入っていく。
繁華街には人の様々な欲望が渦巻いている。それは綺麗事だけではない、社会の縮図だ。人々の欲が集まり、ほんの束の間の夢を実現する。良くも悪くもこれが人間の本性の一部なのだ。理想や秩序も必要なことではあるが、同時に欲求を満たす本能も必要なことだ。
要はバランス。
知的な活動としていい仕事をすることも大事だし、欲求としてセックスを楽しむことも大事。どちらか一方が欠けると、人間性が失われるように思う。
これからの3時間は、彼女とセックスに没頭する時間。
「今日はどこに行こうか?」オレは聞いた。
「おまかせだけど、お風呂の広いところがいいな」
「そうか。じゃ」
オレは涼子の手を引いて、雑踏から人通りの少ないラブホ通りへと向かった。

●この続きは購読してね!


Section-88 『初恋の想い出(前編)』

夢を見た。
初恋の彼女の夢だった。
オレが中学1年生〜3年生のころの話。
夢の中の彼女は、当時のままの姿で記憶の中に焼きついている。
長い髪に面長の顔。身長も高く、中一のオレよりも高かった。
彼女は美人だった。他の誰よりも。少なくともオレにとっては。
初恋の彼女は、幼なじみで、同学年だった。
親同士が同じ会社で、同じ社員寮に住んでいたことから親交もあったのだ。物心ついたころから、よく一緒に遊んでいた。

目が覚めたとき、夢のシーンがフラッシュバックした。
普段は記憶の奥底にしまわれているシーンが、つい昨日のことのように鮮明に蘇っていた。
最近では彼女のことを思い出すことも少なくなった。
もう30年近く前のことだからだ。
今、彼女はオレと同じ歳になっている。
どこで、どうしているのだろう?
母親になって、子供がいるのだろうか?
もう、会うことは二度とないのかもしれない。
でも、会ってみたい。
あの頃、あの時の彼女の気持ちを聞いてみたい。
しかし……
それは叶うことのない夢だろう。
過去は曖昧な記憶となり、ときどき呼び覚ます想い出になっている。
まるで、古い映画のように……

●この続きは購読してね!