初体験は……

『体と心のセックス・ライフ』2003年7月分(Section-1〜4)

投稿日: カテゴリー: 体と心のセックス・ライフ, エッセイ
メルマガ登録・解除
体と心のセックス・ライフ
購読料:525/月(申込当月無料)
>> サンプルを見る
詳細ページへ
powered by まぐまぐプレミアム
LINEで送る
Pocket

Section-1 『

初体験は……
初体験は……

思春期の頃――。
“セックス”は妄想と願望の的だった。
中学生になると、自分の肉体的な変化に気づく。声変わりし、背が伸び、髭が生え始めると、股間にもごわごわしたものが生えてきた。性教育などというものがあまり行われなかった時代だけに、体の変化は妙な違和感にもなっていた。
そして、クラスメートの女子を見る目が変わった。
女子にも体の変化が現れ、胸の膨らみやスカートから伸びる足に視線が向いてしまう。当時は膝下丈のスカートだったが、それでも性欲に目覚めた男子には眩しいものだった。現在の中高生の制服は、やたらとスカートが短いし、スタイルも良くなっている。彼女たちの周りにいる男子生徒たちに与える刺激は、きっと私たちの時代よりも大きいことだろう。
現在のように情報が氾濫していない私たちの思春期には、女性の体のことやセックスのことについては友だち同士で話すか、見ることを禁じられていた大人の本で見るしかなかった。いま思えば、安穏とした時代だ。
だが、それでも“本当のこと”はわからなかった。
実際に経験するまでは。

ある調査によると、男性のオナニー経験者は9割強、女性は7割強という。
女性はわからないでもないが、男性でも1割はオナニー経験がないとは驚きである。
男性の場合、最初は夢精だった……という人も多いらしい。寝ている間に勃起し、気がついたら射精していて、パンツが濡れていたというパターンだ。
第二次性徴期に入って、体が大人になっていくと、ある時からペニスが勃起するようになる。まだ幼さの残る年頃で、母親に「なぜ?」ときくと、「オシッコを我慢しているからよ」などと返答された(笑)。それもある意味では間違ってはいないが、はぐらかされていたのだ。

最初はオナニーをしている自覚もなく、ペニスをいじっていた。気持ちが良かったからだ。それがある日、ヒクヒクの痙攣して白いものが飛びだした。
初めての射精である。
男にとっては、この日からセックス・ライフが始まったといってもいい。

女性の場合には、初潮が始まったときから、肉体的には妊娠可能な体へと変化が始まっているわけで、男よりも早くからセックスに対して肉体は準備していることになる。
あなたの彼女(妻)は、オナニー経験者だろうか? あるいはこれを読んでいるあなたが女性ならば、どうだろう?
オレの妻は経験なしの3割である。そして、セックスの初体験も、オレとであった。

女性が“感じる”というのは、男にははっきりいってわからない感覚である(笑)。男の性的な感覚は射精の時にピークに達するが、女性の場合にはいくつかの段階がある。
女性が“感じる”——つまり、オーガズムに達するかどうかは、オナニー経験者である方が、感じやすいとの調査結果があった。それも道理かもしれない。性的快楽に対して、日頃から自分でも欲求しているわけだから、オナニー経験者の方が感じやすいのだろう。

とはいえ、セックスは相手があってのことである。相性とかリズムとかの兼ね合いで、双方が満足を得られるとは限らない。そのあたりが難しいところでもある。

●さらに詳しいことは購読してね


Section-2 『

『オーガズム』とはドイツ語で、「オルガスムス(Orgasmus)」とも表記する。意味は「性行為における快感の絶頂感。オーガズム。(大辞林より)」である。
男性のそれは射精の直前および瞬間であり、男性機能が不能でない限りオーガズムを感じない人はまずいないだろう。
女性の場合には、セックス経験があってもオーガズムに達したことがない人がいるという。

男性のオーガズムは、射精の時の開放感であり、ピークに達した瞬間にペニスは痙攣し精液を放出する感覚だ。性欲の旺盛な若い頃だと、ある程度の時間をおいて数回は射精が可能だ。ただし、最初の時がもっともオーガズムが大きく、連続して回数を重ねるほどに感度も鈍くなっていく。

オレの場合をいえば、20代の頃は彼女とセックスしていて、挿入したまま抜かずに3度はいけた(笑)。それだけ性欲が旺盛だったということだ。しかし、30代も半ばになると、そうそうエネルギッシュにはできなくなった。慣れの問題もあると思うが、少々の刺激では興奮しなくなってしまうものなのだ。
最近彼の元気がなくなった……と女性が思っているとしたら、彼をそれまで以上に刺激するセックス方法が必要だ。これについては、のちの回に書く予定である。

AD

女性のオーガズムは、男性ほど単純ではなく、3つのタイプがあるといわれている。

(1)オーガズムのピークが1回だけのタイプ。
ピークに達する快感がクライマックスの1度だけで、それを過ぎてしまうと急速に冷めていくタイプ。
このタイプの女性では、男性がうまくタイミングを合わせてあげないと、男性だけがピークに達してしまって、女性は充分な満足を得られないことになってしまう。
もう一度……と男性が意気込んでみても、冷めてしまった女性を再び燃えあがらせるのは、かなり難しい。

(2)徐々にオーガズムのレベルが上がっていくタイプ。
1度目である程度のオーガズムに達したあと、2度目のオーガズムがやってきて前よりも感じ、3度目のオーガズムではさらに感度が上がっていくタイプ。
こういうタイプの女性が相手だと、男性の方も2度、3度とやりがいのあるセックスができる(笑)。男性側に体力がないと、女性を満足させられないかもしれない。

(3)長い時間オーガズムを感じ続けるタイプ。
オーガズムに達すると、男性が攻め続ける間、ずっと感じっぱなしのタイプ。そして女性はもっと感じたいとエスカレートしていく。アダルトビデオでよく登場するのがこのタイプだが、なかなかこういう女性はいないように思う。
男性にとっては女性のオーガズムの理想形のようなものでもある。こういうタイプの女性と関係のある男性は、うらやましいかも(笑)。

オレの経験をいえば、(1)と(2)のタイプの女性とはおつきあいしたことがある。ちなみに妻は(1)のタイプである。
では、オーガズムを感じる性器の部分とはどこなのだろう?

●さらに詳しいことは購読してね


Section-3 『前戯の大切さ』

男性はいざセックスの段階になると、早く彼女に挿入したくなる(笑)。
ことに若い頃、まだセックス経験が浅いときには、早く挿入したいものだ。だが、女性の多くはいきなりセックス本番……というよりは、徐々に雰囲気を盛り上げていくことを好む。
女性がオーガズムに至るには、男性以上に時間がかかるものだ。男はピストン運動をするだけで高揚し、数分で射精に達することも可能だ。男はそれで満足かもしれないが、女性はそれではセックスの満足感が得られない。男性の側が早漏だったりすると、最悪である。

セックスにはじっくりと時間をかけたいものだ。
そうすれば、ふたりで長い時間スキンシップができるし、楽しみが持続できる。そのために必要なことが、前戯である。

オレの場合には、前戯に少なくとも30分、長いときには1時間くらいかけている。相手のコンディションによって、感じやすいときとそうでないときがあるからだ。
ペニスをヴァギナに挿入するのは、彼女があともう一押しでオーガズムに達するほどに感じるようになってからだ。それまでは指や舌、ときにはバイブを使って前戯をする。

前戯の第一段階は、キスやペッティング、あるいはマッサージだ。
彼女と何度もセックスを経験していれば、どこが感じやすいかも経験的にわかってくる。それは耳であったり、乳首であったり、内股であったりする。
妻の春海は、右の乳首と内股が感じやすい。
前戯としてこれらの性感帯を攻めていくわけだが、効果的なのはスキンシップとしてのマッサージである。

前戯には場所も重要だ。
いきなり寝室で……ということもあるが、まずはバスルームというのが、普通だろう。
なぜバスルームかといえば、互いの体をきれいにに洗うためだ。1日の終わりであれば、汗もかいているだろうし、これから前戯としてオーラルセックスをするのであれば、互いの性器は清潔にしておきたいものだ。
バスルームへと入るために、着ているものを脱ぐ。このとき自分で脱いでしまうよりは、互いに脱がしあう方がいい。
そこから前戯が始まる。

「脱ぐ」あるいは「脱がせる」という行為は、これからセックスを始めるための序奏のようなものだ。相手の服を一枚ずつ脱がせていくのは、楽しみでもある。
彼女を初めて「脱がせた」ときは、最高に興奮する瞬間だったはずだ。
普段、赤の他人である異性の前で全裸になることはない。好きな相手とはいえ、異性に全裸にされるという感触が、性的な興奮をもたらす。恥じらいながらも脱がされていく彼女の姿は、この上なく魅力的だ。慣れてくると、最初の頃の感動を忘れてしまうものだが、ときどきは思い出した方がいい(笑)。
オレの妻は、初体験後から数週間後には、風呂上がりの全裸のまま、平気で部屋を歩きまわっていたのだが……。このへんは女性の方が大胆になれるようだ。

●さらに詳しいことは購読してね


Section-4 『オーラルセックスは愛情を深める』

オーラルセックスのオーラルとは、口を使うという意味だ。
唇や舌あるいは口腔などを使って、性器を舐めたり吸ったりする行為のことをオーラリズムという。
女性が男性のペニスに対する場合を「フェラチオ」といい、男性が女性のヴァギナに対する場合を「クンニリングス」という。「クンニリングス」は短縮して、「クンニ」と呼ぶことが多い。
最近では、オーラルセックスのことを毛嫌いする女性は少なくなったそうだ。フェラチオの仕方……という本が出ていたりもする。

多くの場合、セックスをするようになれば、自然とオーラルセックスをするのではないかと思う。なぜなら、オーラルセックスは前戯や後戯に必要なテクニックでもあるからだ。
ちなみに、口紅の起源は、古代フエニキアやエジプトの娼婦たちが、オーラルセックスのプロであることを誇示するため、唇を外陰部に似せて赤く塗ったことが始まりだそうだ。たしかに、口紅を塗ると女性はセクシーになる。男がフェラチオをされるときには、口が挿入する場所なのだから、女性の口は性器のひとつといってもいいだろう。

男性は女性にフェラチオをしてほしいものである。
フェラチオの快感はセックスよりも、ずっと刺激的で快感度が高いのだ。また、彼女が自分のペニスを口に含んでいる姿を見ることで、さらに興奮度がアップする。これは経験者なら誰もがうなずくところだろう。

だが、オーラルセックスの経験のない男女もいると思う。
そういう人は、セックスに対して悪い先入観があったり、性器は汚いものという意識があるのだと思う。
たしかに性器は排尿する器官と一体化している部分でもあり、そのままでは不衛生である。オーラルセックスの前にはシャワーや入浴で、清潔にしてから互いに始めることだ。

男性が女性にクンニをするのも、別の意味で快感だ。
オレはけっこう好きである(笑)。彼女の股間を広げさせて、茂みを掻き分けてヴァギナを舐めるのは、愛しあう仲だからこそできることなのだ。
妻の春海とオーラルセックスをしたのは、彼女のセックス本番初体験前だった。
当然のことながら、当時は恋人同士であり結婚前のことである。

●さらに詳しいことは購読してね