女性にとって「いいセックス」とは?

男が物足りないと思うセックスとは?…の勘違い

セックスは男女双方が満足できるように
セックスは男女双方が満足できるように

女性向けの記事なのだが、「男が物足りないと思うセックス」についてというのがあった。
まぁ、一理はあるのだが、その前提となっているセックスのスタイルというか、どういうセックスをしているのか、というのが問題のような気がする。

この記事に出ているのは、一例であって、男がみんなそう思ってるわけじゃないよ。
こういう記事に説得力を持たせるには、「こういうケースの場合は、何%の男性が思っている」という裏付けが必要だ。その割合が、数%と数十%では意味合いがまったく異なってしまうからだ。 続きを読む

バスルームで立ちバック

『体と心のセックス・ライフ』2015年12月分(Section-597〜600)

バスルームで立ちバック
▲バスルームで立ちバック

Section-597『セックス教室・絵理編(5)』

絵理と会った日から、4日後。
レポートが届いた。
彼女の気持ち、彼女の視点から見たあの1日がよくわかる内容になっている。こうして書いてくれると、より彼女のことを知ることができる。そのためのレポートなんだ。

■初体験レポート(前編)……絵理
トオルさんと会ってから、1日が経ちました。
とてもステキな1日でした。
まだトオルさんの余韻が残っています。
今は、ただ、ただ、トオルさんに会いたくて、寂しい気持ちでいっぱいです。 続きを読む

『体と心のセックス・ライフ』2015年4月分(Section-565〜568)

バスルームで立ちバック
▲バスルームで立ちバック

Section-565『ナナとラブホテルに(1)』

金曜はいつも残業になるのだが、この日は仕事が早く終わった。
ナナは夕方5時には終わる会社なので、一度家に帰ってから出かけてくる。
約束は夜8時。
仕事が早く終わったことを連絡すると、春海と拓己もこれから出かけるという。それなら、4人で合流することにした。
オレの方が新宿に近いから、先に着く。
時間的に早いので、コーヒーの美味しい店を待ち合わせ場所にした。

ナナからは逐次連絡メールが入ってくる。
<池袋〜>
<新宿〜>
<改札出た>
コーヒーを飲み終える頃、ナナと春海と拓己が姿を現した。ナナはミニスカートにブーツという、長身の彼女が引き立つ格好だ。
「お待たせ」
満面の笑みで、ナナはいった。
「飯は食べた? 食事してから行こうか?」
オレは聞いた。
「トオルさんがお腹すいてるのなら、食べてからでもいいけど」
「時間的に早いから、食べてから行こうよ」
「いいよ」
「なに食べたい?」
みんなに聞く。
「トオルさんが好きなもので」とナナ。
「じゃ、寿司でいいかな?」
「ええ」
ということで、近くにある回転寿司に行った。 続きを読む

屈曲位

『体と心のセックス・ライフ』2014年6月分(Section-525〜528)

屈曲位
▲屈曲位

Section-525『ゴールデンウイークはホテルで(6)ナナ』

初めての体位……寝台反り返り騎乗位で、ナナは積極的に体を動かす。
しかし、そもそもキツイ体位であるのに加えて、不慣れな体位で動きにくそうだ。そのため、体力を消耗しているのが、見ていてもわかる。
※イメージ画像は、前号を参照。

「はぁ、はぁぁ、はぁ……キツ〜イ……はぁ」
動きたいという意思はあっても、体が動かない状態だ。
とうとう腰を振るのをやめてしまう。
「もうだめ!」
オレは彼女を背後から抱きしめて、体位を解く手助けをする。
反り返っていた下半身を手前に戻し、オレの膝に着いていた両手のゆるめる。
結合を解くと、彼女はベッドに倒れこむ。
「はぁぁ、この体位、腕がキツイ」
彼女は腕をブルブルと振る。
「だろうね。腕立て伏せしてるようなものだからね」
「もっとできると思ったんだけどな」
「まぁ、トレーニングが必要ってことだね」
「よ〜し、目標がひとつできた。この次は、もっとやれるように腕を鍛えようっと」 続きを読む

立ちバック

『体と心のセックス・ライフ』2014年5月分(Section-521〜524)

立ちバック
▲立ちバック

Section-521『ゴールデンウイークはホテルで(2)奈緒子』

奈緒子は騎乗位で軽快に弾む。
ベッドの上なので、クッションの反発力を利用できるから、軽快さに勢いがある。
だが、それは彼女の下半身が鍛えられているからこそだ。
うちでは布団の下に低反発マットを敷いているが、寝心地は良くなるものの、加えられた力を吸収してしまうので、反発力はあまり生じない。そこで騎乗位の屈伸をするには、自らの下半身を使って弾む必要がある。
そのため、うちの彼女たちは下半身が鍛えられる。
スポーツジムでも、下半身を鍛えるトレーニングをしているとのことだが、その成果として騎乗位で落差のある屈伸を長い時間できるようになっている。
ベッドの上では楽に弾めるから、勢いが増す。

「ハァーー! ハァァーー! アァーーン!」
彼女は快感の喘ぎ声を発しながら、楽しそうに弾む。
絶叫ではないが、うちでは出せないくらいのかなり大きな声だ。
遠慮なく快感に没頭できるから、快感度も高くなる。
彼女はときどきオレの顔を見る。
目が合うと、笑みがこぼれる。
彼女が快感であるほどに、オレのペニスも雄叫びを上げる。 続きを読む

ソファ後座位

『体と心のセックス・ライフ』2013年12月分(Section-501〜504)

ソファ後座位
▲ソファ後座位

Section-501『体位別攻略法〈バック〉Act.4』

バックの体位の基本からおさらいしよう。
そんなことわかってるよ、という人もいるだろうが、初心に返って今一度見直してみるのも一考だ。
オレたちがやっているバックの方法なので、読者のみなさんと必ずしも同じではないかもしれない。
ほかの人と比較することはあまりないだろうから、比較対象になるのではないかと思う。

■四つん這いのバック体位での〈女性〉の姿勢
バックの基本体位は、女性が四つん這いになること。
四つん這いになることは容易い。ただ、それがセックスの体位となると、抵抗がある人も少なくないかもしれない。
日常の中で四つん這いになることがあるとしたら、床を雑巾がけするときとか、床に落ちたものを拾うときだったりする。パンツ(スラックス)やジーンズであれば、四つん這いになるのに抵抗は少ないだろうが、スカートでは恥ずかしい。
セックスでは裸なのだから、なおさら恥ずかしい格好だともいえる。
女性は股を開くことを恥じらうものだから、四つん這いになるときも股を閉じていることが多いと思う。 続きを読む

水着はビキニ

『体と心のセックス・ライフ』2012年10月分(Section-445〜448)

水着はビキニ
水着はビキニ

Section-445『夏休みはホテルで・涼子編(1)』

涼子とは平日に休みを取って、ホテルに行った。
どのホテルに行くかは、彼女にまかせた。行きたいホテルを探すのも、楽しみのひとつだからだ。
会社帰りに彼女と待ち合わせて、食事をしたあと、夜11時頃になってホテルに向かった。
彼女に連れられて行ったホテルは、前にも来たことがあったホテルだった。
「ここでいいのかい?」
「うん。ここ、気に入ってたのよね。チェックアウトの時間が遅いし」
「たしか、午後3時だっけ? 今からだと、16時間か」
「今晩、眠らなくてもいいから、ずっとつながっていたいの」
「そうはいっても、眠っちゃうと思うぞ。がんばってはみるけど」
「うん。それでいいの」
彼女は意気揚々としていた。

ホテルの部屋に入ると、オレたちはすぐに裸になる。
家に帰ったら、ます裸になる……という生活スタイルなので、裸でいることの方が自然なのだ。
涼子はオレのペニスがまだ勃起していないのを見つけると、
「食べたい」
といった。
「まだだめ。シャワー浴びてから。1日汗かいてるし、おしっこ臭いから」
「臭いは気にならないの」
「おまえがよくても、オレがダメ。綺麗にしてから」
「は〜い」
実のところ、シャワーを浴びる前に、フェラをすることはときどきある。彼女たちの欲求が強すぎるときだ。
汗や尿には、フェロモンが含まれているという。動物では知られたことだが、人間の場合にはフェロモンに鈍感な場合が多く、臭い匂い以上の反応をしないのが普通だ。
フェロモンに敏感な女性は、「男の匂い」に性的な興奮を覚える。
女性は好きな男の匂いを、好きな匂いと認識するが、嫌いな男の匂いは過剰に拒絶する。
女性は元来、匂いに敏感なのだ。 続きを読む

ハードフェラ

『体と心のセックス・ライフ』2012年1月分(Section-409〜412)

ハードフェラ
ハードフェラ

Section-409『ハード・フェラ(3)』

ハード・フェラの3回目。
フェラをするのは女性なので、本来は女性が書くのがいいのだが、うちの彼女たちの意見を聞きながら、オレの経験と知識と合わせてまとめている。
彼女たち自身の生の意見も、書いてもらっているので、そちらもお楽しみに。

(4)ストレートな入れ方だけでなく、横、斜めに入れ、変化をつける。
ハード・フェラは、強く、深く、速く食べるだけではない。
1秒ストロークは、そんなに長い時間はできないので、ペースを落とす時間もある。
ペースを落としたときに、ペニスへの刺激が鈍ってしまわないように、食べ方のバリエーションを変える。
その食べ方のバリエーションの付け方が、フェラテクの見せ所になる。 続きを読む

快感で絶叫

『体と心のセックス・ライフ』2009年4月分(Section-277〜280)

快感で絶叫
快感で絶叫

Section-277『生と死・前編』

生と死は隣り合わせ。
と、よくいわれる。
人は生まれてきて、懸命に生き、夢を持ち、努力し、ときに苦労し、ときに幸せになり、やがて生涯を終える。
子どもの頃は、あまり「死」というのを意識することがなく、実感のともなわない漠然としたものでしかない。想像力そのものに限界があるからだ。
成長するにつれて、言葉の意味を深く考え、社会の仕組みや人間関係の複雑さを知り、「死」がどういうものかをリアルに感じられるようになる。
芽生えた「死」のイメージは、親しい者の死によって決定的になる。
肉親、あるいは友人の、死??
それは避けて通れないものだが、同時に死を身近に感じることで、「生」とはなんなのか、生きることの意味はなんなのか、と深く考えるようになる。
「生」は「性」でもある。
今回は、生と死について考えてみたい。

このテーマを選んだのは、奈緒子の父親が亡くなったからだ。
もっとも身近な肉親である親の死は、いろんな意味で衝撃的だろう。オレの両親は健在だが、いつかその場面に出くわす。両親のことは尊敬しているし、特に母は最愛の人である。 続きを読む

1 / 212