指技の基本と体位(1)

▲爪は綺麗に切っておく
▲爪は綺麗に切っておく

■指技の基本と体位(1)

指技とは、男性が指を使って女性のヴァギナを刺激して快感を与える行為のこと。英語では「Fingering」または「Finger-Fuck」というが、後者はエロスラング的な使い方。
愛撫のひとつだが、指技をするには準備すべきことと、どういうふうにすると良いのかのテクニックがある。セックスをする前の前戯として、あるいはセックスとセックスの合間に行う中戯として指技をすることは、女性の快感を途切れさせないのに有効となる。

しかし、指技をしない男性も少なくない。
理由のひとつは、前戯なしでいきなりセックスを始める男が多いからだ。指技の仕方を知らないためにどうしていいのかわからなかったり、または良くない方法でヴァギナをいじって傷つけてしまうこともある。 続きを読む

子供と大人の包茎の違い

理想的な露茎
理想的な露茎

男性にとっては、悩みであったりコンプレックスの原因にもなる、ペニスの話。
ペニスのサイズは人それぞれだが、日本人は欧米人に比べると小さめだ。体格が違うし、遺伝的な形質も違うから、小さめサイズ(勃起時で10〜13センチ)が日本人の平均になっている。
サイズの違いは身長の高低と同じことなので、ありのままを受けとめるしかない。

もうひとつ、ペニスの悩みで大きいのは「包茎」だ。
日本の成人男性の3人に2人は包茎だといわれているから、大部分の人は包茎ではある。ただ、包茎にも程度があって、軽度な仮性包茎から重度の真性包茎まである。
日本には割礼の習慣がないので、大人になっても包茎の人が多くなる。 続きを読む

男性のオナニー

オナニーについて

男性のオナニー
▲男性のオナニー

●オナニーの語源

オナニーはドイツ語で[Onanie]、英語ではマスターベーション[Masturbation]である。
日本語では「自慰」というが……
(1)自ら慰めて安心すること。
(2)自分の性器を自分で刺激して性欲を満たすこと。手淫。自涜(じとく)。マスターベーション。オナニー。
……(デジタル大辞泉より)
ときに、自慰行為に対して罪悪感を感じたり、恥ずかしいこととコンプレックスを抱いたりする。
しかし、それは根本的に間違いである。オナニーは、思春期以降の健康で普通に性欲のある男女にとって、ごくごく自然なことなのだ。

オナニーの語源は、旧約聖書「創世記」の中の人物オナンの名から来ている。その一節は以下のようになっている。 続きを読む

女性のための包茎講座

ペニスの包皮構造
▲ペニスの包皮構造

■包茎とは?

男性にとっては関心事である『包茎』
女性にとっては「なにそれ?」という人も多いかもしれない。
だが、包茎についてどれだけ知っているかで、彼とのセックス関係は大きく違ってくるものなのである。

日本人男性の3人に2人は包茎だとされている。
当サイトでも行っている「ペニスに関するアンケート」でも、 続きを読む

クンニで気持ちよく

『体と心のセックス・ライフ』2015年11月分(Section-593〜596)

クンニで気持ちよく
クンニで気持ちよく

Section-593『セックス教室・絵理編(1)』

タイトルから察しがつくと思うが、セックス教室に新たな女性が加わった。
募集しているわけではなかったから、もうセックス教室をすることはないだろうと思っていた。
そこに、メルマガの読者だという女性からメールが届いた。
それが約3カ月前。
最初はファンレター的な内容だった。
メールをやりとりしているうちに、彼女は本当の意図を書いてきた。

「トオルさんとセックスがしたい」と。 続きを読む

ペニスの握り方

『体と心のセックス・ライフ』2013年9月分(Section-489〜492)

ペニスの鍛え方

『体と心のセックス・ライフ』2012年6月分(Section-429〜432)

ペニスの鍛え方
ペニスの鍛え方

Section-429『真・セックスでキレイになる』(9)

【涼子】
春海さんがフェラを始めました(^o^)
実況すると、トオルさんはソファに座っていて、春海さんがトオルさんの膝の上にもたれかかって食べています。
わたしはトオルさんの隣に座って、テーブル上のノートパソコンで打ってる。その画面を、トオルさんがときどき見ている……という感じ。

4番手だと書くのが難しくなるなー(^_^)b
バックはわたしも好きな体位だけど、もう書かれちゃってるし。
バックが一番汗をかく体位というのには、同感ね。
トオルさんが激しいというのもあるけど、一番興奮するから体は熱くなって汗をかくのね。
奈緒子さんがいうように、もはやセックスという名のスポーツだと思う。
そのくらい激しい。 続きを読む

舌の使い方

『体と心のセックス・ライフ』2008年5月分(Section-233〜236)

舌の使い方
舌の使い方

Section-233『図解・徹底攻略・フェラ講座(1)』

フェラの仕方や実際の快感レポートは、これまでにも書いてきた。
教え方としては、実技として手取り足取りで教えるのがベストではある。オレと親密な関係にある彼女たちにはそうしてきた。
セックスに関する特集が女性雑誌に掲載されたりもする昨今だが、概念的、形式的な内容で、実践的な方法ということまで踏みこむことは少ないようだ。
書籍としてセックス系のハウツー本もあるのだが、それらの多くも観念的なものが多く、実践としてフェラの初心者がどこから始めればいいのか?……といったことに触れている部分は少ない。
本誌でも、文章による解説が主体になってしまうため、イメージとしてわかりにくいという部分は否めないところだ。
そこで、今回からのシリーズでは、できるだけ図解を入れて、初心者から上級者までのステップを解説する試みをしたいと思う。
なお、図解は基本的にはオレが作っているのだが、下絵(ラフスケッチ)をオレが描いて、それをもとに仕上げを涼子やAliasに手伝ってもらったりもしている。
その図解に多くの時間を費やしているので、文章の解説が少なくなる場合もあるので、その点はご理解いただきたい。

■男性器の構造と名前を把握する 続きを読む

ペロペロフェラ

『体と心のセックス・ライフ』2004年4月分(Section-37〜40)

ペロペロフェラ
ペロペロフェラ

Section-37 『指技教室 Part-1』

学校での性教育はまだまだ未熟というか、ほとんど役に立っていないのが現状だろう。
精子と卵子が受精して、子供ができる……なんていうのは、理科の授業だ。
本当に知りたいのは、オナニーはどうするのか、どうやってセックスするのか、包茎でのコンドームの使い方は? どうやったら気持ちよくなるのか、どうやったらオーガズムになれるのか……といったことである。
授業で、セックスするシーンをビデオで見せたりすることはなく、相手を気持ちよくさせるために、どんな前戯をしたらいいのか、先生が実践してくれるわけではない。
家庭科の授業だったら、栄養の知識とか食材について教えられ、実際に料理を作って練習したりする。車の運転だったら、学科を受けて、教習所で練習して、路上で実際の道路を走る。
なにごとにも、知識と実践が必要なのだ。
ところが、性教育には、知識としての情報源はあっても、実践の教育はない。できることは、アダルトビデオで演出されたセックスを見るだけ。
セックスで男女が互いに快感を得るには、結合する前のプロセスとして、前戯でのオーラルセックスやチチラチオが重要だ。つまり、口や指の使いかたである。
高校の授業で、男女二人ずつのペアになり、互いの性器を使って指技の練習をする……なんて光景は現実にはありえないが、これがセックス以外のことだったら当たり前なのだ。たとえば、人工呼吸の練習で、マウストゥマウスは人を相手に実践するじゃないか。
そんな指技の仕方を教えることに……。
このドキュメントは、再現ドラマとなっている。

(中略) 続きを読む