AVはお好き?

AVを見ている女性は意外と多いかも?

フェラのテクニシャンを目指せ!

女性のためのフェラ講座【上級編】-その2-

彼も自分も気持ちいいフェラを

女性のためのフェラ講座【上級編】-その1-

彼も自分も気持ちいいフェラを
彼も自分も気持ちいいフェラを

女性のためのフェラ講座【中級編】の続き。

彼を最高にイかせるフェラテクニック-上級編・その1-

フェラ上手の上級者は、男の快感を自在にコントロールできるだけのテクニックを持っている。
それを可能とするには、経験値と様々なテクニックを知っているかどうかが左右する。本講座では、その一端を紹介している。 続きを読む

愛にセックスは欠かせない

「愛の50%はセックスが占める」か?

女性の性欲のピークが、30代〜40代のわけ

SEX LIFE

日本の独身男女の49〜61%が恋愛状態にない…の真偽

玉舐め(仁王立ちスタイル)

『体と心のセックス・ライフ』2010年7月分(Section-337〜340)

玉舐め(仁王立ちスタイル)
玉舐め(仁王立ちスタイル)

Section-337『体位変化〜快感のカタチ・3』

中断していた、「快感のカタチ」を再開。
オレたちは、こんなエッチをしてるという一端だ(^^)。
みなさんのエッチにも応用していただければ幸い。

■玉舐め〜くすぐったいけど気持ちいい
フェラの一部としてする「玉舐め」
ペニスではなく、玉の方……陰嚢を舐める。
エッチでは、あまり重要ではない陰嚢だが、じつは男の感じやすい部分でもある。
それはデリケートな部分でもあるからだ。
野球などで、ボールが股間に当たったとき、激痛となるのが陰嚢だ。
精巣がある重要な器官であるにもかかわらず外部に露出して、無防備な状態だ。 続きを読む

初体験では…

『体と心のセックス・ライフ』2004年9月分(Section-57〜60)

初体験では…
初体験では…

Section-57 『初体験でセックスができない場合は』

初体験同士の男女が、「セックスができない」という悩みを抱えているのを、ちょくちょく見かける。
まだ10代後半の初体験世代の場合もあれば、20代〜30代の大人の場合もある。
いずれの場合も共通しているのが、「入れようとしているのに、入らない」というものだ。そして多くの場合、女性が痛がって挿入できないというもの。
男性が勃起不全になってセックスができないのと違って、男女ともセックスがしたいのに、初体験にうまく対処できないでいる。

女性の初体験は、個人差はあっても、多くの人が痛みを感じている。
これは通過儀礼のようなもので、痛みのない初体験は珍しいと思った方がいい。
女性がオナニーをしている場合には、痛みも少なくなるようだ。特にヴァギナに指を挿入するようなオナニーをしている場合だ。
これは慣れである。
ヴァギナを触ること、指を挿入することで、刺激に対して寛容になっているのだ。もともと性器は刺激に対して敏感なので、慣れていないと痛みになってしまう。これは男性の場合でも同様で、過敏なペニスは刺激に対して痛みを覚える。 続きを読む

純愛? ポルノ?

『体と心のセックス・ライフ』2003年11月分(Section-17〜20)

純愛? ポルノ?
純愛? ポルノ?

Section-17 『セックスと若さの関係』

子供から大人になる思春期を第二次成長期といい、女の子は妊娠できる体になり、男の子は射精できるようになる。
つまり、セックスできる体になるということだ。
セックスできるということが、肉体的に大人になったことの表れでもある。異性への興味が高まり、セックスに対する関心がもっとも強くなるのが、10代後半だろう。
性欲旺盛であるということは、“若さ”の象徴でもある。
20代、30代、40代、50代と歳を取るほどに性欲は変化していく。これは男女に関係ない。
「若々しい人」というのは、実年齢よりも若く見える場合をいう。
「精力のある人」というのも、年齢的なものを感じさせない人を指すことが多い。若ければ精力的でも当たり前だからだ。
その“若さ”とは、単純に見た目だけではなく、性的にも若いことを意味している。日頃からセックスをたくさんしている人の方が、若々しくなるのだ。
性欲が旺盛であるということは、若さの条件ともなるのである。

オレは40代になった(^^;)。
世間的には中年だ。自分でそういう意識はあまりないのだが、腹はやや出ているし、ベスト体重を10キロオーバーになっている。20代の頃はスリムだったので、昔と現在を比べれば年相応だろう。
ただ、40代に見られることは少ない。だいたい30代前半くらいに思われているようだ。髪はフサフサだし、もともと童顔っぽいので、昔から同年代でも年下に見られていた。
40代ということは、人生のほぼ真ん中あたりということで、世間の人々の大半がオレよりも年下ということだ。ときどき、オレから見れば明らかに年下だと思われる人が、「この若造が」という態度で接してくることがある。
「あんた、オレより年下だろうに」と心の中で思うのだ。
これは妻の春海も同様で、途中入社の会社で、一回り(10歳)も下の女性社員から、年下扱いされて「春海ちゃん」とちゃん付けで呼ばれているそうだ。しかし、春海よりは年下だけど、その女性よりも年上の人には「さん」付けなのだという。
春海は内心憮然としているのだが、おばさん扱いされるよりはいいと、黙認している。相手が事実に気がつくまで、ほっとくのだそうだ。 続きを読む