AVはお好き?

AVを見ている女性は意外と多いかも?

バスルームにて

「セックスポジティブ」という考え方

露茎がいい?

包茎に悩む男たち

露茎がいい?
露茎がいい?

「包茎に関する新常識」という記事なのだが……

ここでいう「包茎」は、「露茎」以外を包茎と総称しているので、包茎の程度は軽度から重度まで含まれている。
日本人男性の3人に2人は包茎だといわれるが、包茎のメリット・デメリットについては、専門家の間でも意見が割れている。

包茎の是非はともかく、気にしている、悩んでいる、コンプレックスを感じている男性が多いことは事実。
なぜ悩むかといえば、包皮を被っていない「露茎」が理想型とされているからだ。
理想とされるのには理由がある。 続きを読む

セックスの強者は“保護者タイプ”

セックスの強者は“保護者タイプ”説

セックスの強者は“保護者タイプ”
セックスの強者は“保護者タイプ”

イケメンは女性にモテるとされるが、イケメンでなくてもモテる男はいる。
また、イケメンだからセックスが上手いかというと、そういうわけでもない。
見た目”はセックスアピールでもあるから、イケメンに女性が惹かれるのは、男が美人に惹かれるのと同じ理由だ。
だが、セックス能力の優劣は見た目とは連動しない。
そんな「セックスの強者は?」という記事。

死ぬまで現役 下半身のツボ セックスの強者は“保護者タイプ” 週刊実話 続きを読む

セックス教室となるラブホの部屋の一例

セックス教室について

男女のすれ違い

「性嫌悪障害」の人は少なくない

女同士で双頭バイブを使う

『体と心のセックス・ライフ』2015年9月分(Section-585〜588)

女同士で双頭バイブを使う
▲女同士で双頭バイブを使う

Section-585『同性愛について(3)』

●ナナ ——————
こんばんわ(^_^)
今号もナナにおつきあいくださいね。

同性愛がテーマの3回目は、涼子さんに参加してもらいます。
涼子さんはわたしより一足先に、トオルファミリーの一員になっていたので先輩というか、わたしが2つ年下なのでお姉さんでもあります。
女同士のエッチでは、春海さんとともに初体験をした仲です。 続きを読む

テーブル駅弁

『体と心のセックス・ライフ』2015年8月分(Section-581〜584)

テーブル駅弁
▲テーブル駅弁

Section-581『春海とラブホテルに(8)』

春海が湯船に浸かってのフェラ。
オレは足を浸けているだけだが、彼女は腰から下を湯に浸けている。
やや熱めの湯加減だったこともあって、10分ほどすると彼女は口を離した。
「あぢ〜〜。ゆだった〜」
「珍しいな。もうのぼせた?」
彼女はバスタブから出て、ベンチに腰掛ける。湯にのぼせたというより、それ以前にセックスで興奮していて、体温が上がっていたのだろう。
オレはシャワーから水を出す。
「冷たい水、浴びるか?」
「うん」
オレは、ベンチに座っている彼女に水流を向ける。
常温の水だが、体が火照っているから冷たく感じる。
「きゃははは! 冷た〜い!」
オレも一緒に浴びる。ひんやりした水で体温が下がり、気分がシャキッとする。

彼女の座ったベンチに、オレも座る。横長のベンチで、幅40センチくらい、長さが150センチというところだ。
本来、座るためのものだろうが、これは使える。
「春海、どいて」
「え? うん」
彼女が場所を空けると、オレはベンチの上に寝そべる。長さは足りないので、膝から下を床に着くような格好だ。
「乗って」
「うん! いいね。それ!」
彼女はオレにまたがる。
騎乗位だが、ベンチを使っているからベンチ騎乗位。
彼女はペニスを自身の中に入れる。
「うんうん、いい感じ!」
うれしそうにいった。 続きを読む

クンニで彼女に火をつける

『体と心のセックス・ライフ』2010年4月分(Section-325〜328)

クンニで彼女に火をつける
クンニで彼女に火をつける

Section-325『図解・クンニ講座(14)』舌と唇の使い方

Twitterでつぶやいたことだが、
『間違いだらけの“セックスレス男”にご用心』
http://eeg.jp/8nS2
という記事は、なかなか興味深い。
最近は、「3組に1組の夫婦がセックスレス」なのだという。
離婚原因に挙げられる「性格の不一致」とか「価値観の違い」というのは、つきつめれば「セックスの不一致」なのだと思う。

男と女はもともと、考えかた、価値観、感性、興味の対象が違うもの。身体的には体のつくりも違うし、セックスでの感じ方や受け止め方も違う。
男は入れる方、女は入れられる方……というのは、役割の違い以上に大きな違いがある。
その決定的な違いを埋める方法が、セックスなんだ。
相手とのセックスが楽しければ、快感になれれば、その他の違いは埋め合わせができるし、歩みよることもできる。 続きを読む

香織のフェラは素敵

『体と心のセックス・ライフ』2010年1月分(Section-313〜316)

香織のフェラは素敵
香織のフェラは素敵

Section-313『オルタナティヴ・ラヴ/香織編(27)』つながる時間

香織とは、普段は携帯メールを交換している。
頻度としては、何週間かご無沙汰することもあるが、平均すれば週に1〜2往復くらいだろうか。。
内容は短いものだ。近況に変化があったときや、ちょっとした挨拶程度。
短いメッセージの中でも、愛情は込められている。
仕事中であっても、なるべく返信を早く返すようにしている。
メールを出したあと、返事を待っているのはお互い様だからだ。
オレはメールの往復の間に、必ず一度は「愛してるよ」と書く。
文字だけのコミュニケーションでは、気持ちはきちんと書かないと伝わらない。香織だけではなく、うちの彼女たちからも、ちょくちょくメールが届くが、締めの言葉は「愛してるよ」だ。
1日に何度も「愛してるよ」といっていることになる。
些細なことだが、「愛してるよ」と伝えることで、つながりを実感できるものなのだ。

香織とはたまにしか会えないから、「愛してるよ」という言葉は、より重要だと思っている。
その愛のメッセージの積み重ねが、実際に会ったときに愛情をより深めることの伏線となっている。 続きを読む

1 / 212