ペニスサイズは?

ペニスサイズの話

ペニスサイズは?
ペニスサイズは?

ペニスに関する男の悩みはいろいろとある。
包茎かどうか、勃起時のペニスサイズの大小、早漏かどうか、勃起の度合いや持続時間……等々。
中でも、一番気にするのが、勃起時のペニスサイズだろう。
見た目が一目瞭然なので、大きい方が逞しく見えるというのはある。
ペニスの悩みは、女性が乳房の大きさを気にするのと同様。
それがセックスアピールであり、男として、女としての自信にもつながるからだ。
そんなペニスサイズについての記事。

バービーいわく「外国人と日本人、何も変わらない」。ちんこサイズを比較したがる男性諸君に伝えたい、サイズよりも大切なこと – messy|メッシー 続きを読む

激しく愛しあう

『体と心のセックス・ライフ』2016年11月分(Section-641〜644)

激しく愛しあう
激しく愛しあう

Section-641『セックスセラピー・沙優美編(14)』

沙優美編は、4か月目になった。
これは沙優美の成長の日々を綴る日記であると同時に、彼女と共有する記憶でもある。

結婚して子どもを産み、育て、妻として母として生きている沙優美。
傍目には幸せそうな彼女だが、じつは夫との関係が冷えてしまい、セックスレス、精神的なストレス、満たされない日々に悩むひとりの女性だ。 続きを読む

対面立位指技

指技の基本と体位(2)

対面立位指技
▲対面立位指技

指技の基本と体位(1)の続き。

指技の基本と体位(2)

指技をするときの基本となる体位について、紹介と解説をしていこう。
通常、「指技」は「ゆびわざ」と読むのだが、以下の体位名として読ませるときは「しぎ」とする。熟語の場合は、音読みにするのが通例だからだ。
なお、命名のルールは女性の姿勢を主体としているが、指技の体位には一般的な名称はないので、すべてオレの命名した体位名である。 続きを読む

指技の基本と体位(1)

▲爪は綺麗に切っておく
▲爪は綺麗に切っておく

■指技の基本と体位(1)

指技とは、男性が指を使って女性のヴァギナを刺激して快感を与える行為のこと。英語では「Fingering」または「Finger-Fuck」というが、後者はエロスラング的な使い方。
愛撫のひとつだが、指技をするには準備すべきことと、どういうふうにすると良いのかのテクニックがある。セックスをする前の前戯として、あるいはセックスとセックスの合間に行う中戯として指技をすることは、女性の快感を途切れさせないのに有効となる。

しかし、指技をしない男性も少なくない。
理由のひとつは、前戯なしでいきなりセックスを始める男が多いからだ。指技の仕方を知らないためにどうしていいのかわからなかったり、または良くない方法でヴァギナをいじって傷つけてしまうこともある。 続きを読む

男性のオナニー

オナニーについて

男性のオナニー
▲男性のオナニー

●オナニーの語源

オナニーはドイツ語で[Onanie]、英語ではマスターベーション[Masturbation]である。
日本語では「自慰」というが……
(1)自ら慰めて安心すること。
(2)自分の性器を自分で刺激して性欲を満たすこと。手淫。自涜(じとく)。マスターベーション。オナニー。
……(デジタル大辞泉より)
ときに、自慰行為に対して罪悪感を感じたり、恥ずかしいこととコンプレックスを抱いたりする。
しかし、それは根本的に間違いである。オナニーは、思春期以降の健康で普通に性欲のある男女にとって、ごくごく自然なことなのだ。

オナニーの語源は、旧約聖書「創世記」の中の人物オナンの名から来ている。その一節は以下のようになっている。 続きを読む

鏡の前で立ちバック

『体と心のセックス・ライフ』2014年9月分(Section-537〜540)

鏡の前で立ちバック
▲鏡の前で立ちバック

Section-537『ゴールデンウイークはホテルで(18)涼子』

オレは、しゃがんで騎乗位で疲れた涼子の脚をマッサージする。
それがマッサージだけで終わるはずもない。
太もものマッサージから、股に間に手を伸ばして、濡れたクリトリスをくすぐる。
「うぅん……ぁぁん……」
彼女は敏感に反応する。
軽い指技から始めて、徐々に本格的な指技に。
人差し指を膣の中に入れる。
「ああんっ!」
膣の中は熱く火照っている。
中指を入れて2本の指で、指を屈伸させる。膣壁のひだやGスポットの少し硬くなった感触。
Gスポットをつつくと……
「アアンッ! ハァァンッ!」
彼女の感じ方にスイッチが入る。
薬指も入れて3本目。3本の指で、オレのペニスと同じくらいの太さになる。膣口は押し広げられ、指を圧迫する膣圧も強くなる。
指を屈伸させたり抜き差しして、彼女の感度を上げていく。
「アンアンッ! アァーーンッ! アンアンッ!」

彼女の気分が盛り上がってきたところで、オレはいった。
「足、開いて」
「はい」
彼女は股を開く。オレは彼女に覆い被さり、彼女の股の間に着く。
うつぶせの彼女のお尻側から、ペニスをヴァギナに潜りこませる。
少し探って、膣口を探り当てると、グイッと押しこむ。
「あんっ!」
オレは腕立て伏せ姿勢で、彼女に重なる。
背後位で、オレはゆっくりと腰を振り始める。 続きを読む

騎乗位でイク

『体と心のセックス・ライフ』2007年12月分(Section-213〜216)

フェラの特訓

『体と心のセックス・ライフ』2006年8月分(Section-149〜152)

フェラの特訓
フェラの特訓

Section-149『セックス教室(由美子 フェラ編 #4)』

彼女はフェラが好きだといった。
最初にラブホに行ったときから、フェラをしたかったようなのだが、自分から言い出せなかったという。
オレが「フェラできる?」と聞くと、彼女は笑顔で「うん」といった。
好きだというだけあって、その食べっぷりはなかなか見事だった。
ほんとうに美味しそうに、楽しそうに食べている。
フェラ好きな彼女は、自分がなぜフェラ好きなのか、その理由までは自覚していなかった。
オレが彼女を観察していて指摘したことが、彼女の好きな理由を解明することになった。
彼女は舌で感じるのだ。
フェラが好きで、悦んで食べてくれる彼女だが、テクニックという点では、まだ未熟さがあった。その原因は、以前の彼が早漏で過敏なペニスだったため、扱い方に遠慮があったのだ。
もっと効果的にフェラで刺激するには、まだまだ上達の余地があった。
彼女はオレを相手に、そのテクニックを身に付けつつある。
そんな彼女の、フェラ上達過程をドキュメントしよう。

■由美子、最初のフェラ……ラブホの2回目で 続きを読む

長い時間、つながり続ける

『体と心のセックス・ライフ』2006年6月分(Section-141〜144)

長い時間、つながり続ける
長い時間、つながり続ける

Section-141『6時間耐久セックス(3)』

ベッドに上がってからは、長い時間を彼女と常につながったまま過ごす。
互いの体が、自分の一部であるかのように感じられる。
体と心を一体にして、時間も共有する。
彼女とオレの息づかいは連動し、ペニスとヴァギナは合体してひとつの器官になる。
離れたくない。
ひとつになったオレと彼女は、高揚感と充足感に満たされる。
日常の中の非日常的なひととき。
セックスが互いを悦びで結びつけ、ベッドが至福の世界に昇華する。
それはさらに遠い地平線へと向かう……

彼女の半身をうしろに倒し、屈曲位の体勢に持ちこむ。
「さ、ガンガンにいくぞ」
「うん!」
オレは彼女の体を最大限に屈曲させて、突き下ろしを始める。
始めはゆっくりと。
そして徐々にビッチを上げ、強く、深く、激しくしていく。
彼女が叫び始めるのに、さほど時間はかからなかった。 続きを読む

セックスの快感に溺れるとき

『体と心のセックス・ライフ』2006年4月分(Section-133〜136)

セックスの快感に溺れるとき
セックスの快感に溺れるとき

Section-133 『Pスポット徹底攻略(1)』

女性の快感ポイントとしては「Gスポット」が有名だ。
Gスポットの快感に目覚めたのなら、次はもっと大きな快感ポイントとなる「Pスポット」へとステップアップしたい。
Pスポットの解説は、Section-32、Section-33でしているので、まずは基礎知識としてそちらを参照して欲しい。
Gスポット快感に目覚めている女性は、セックスでオーガズムを経験しているし、セックスがより楽しいことを知っている。それには女性自身の素質や性体験の経験値が高い必要があるが、同時に相手の男性に恵まれているということもある。
男性がセックスに対して淡泊で、探求心がなければ、相手の女性はセックスに対して悦びや、より満たされる快感を知らずに過ごしてしまう。
じつのところ、多くのカップルが、セックス経験はあっても、その初期段階で立ち止まってしまうようだ。そのことがセックスで快感になれなかったり、セックスレスになってしまう原因だろう。
それは不幸なことだ。特に女性にとっては。
女に生まれたからには、セックスで最大限の悦びを得た方がいい。
それは女としての悦びであり、充実感であり、生き甲斐にもなる。
知らなくても生きてはいけるが、知っていれば人生も豊かになるだろう。
そして、その相手となる男にも、彼女の悦びが男としての自信や悦びとなるのだ。
そんなPスポットの快感に目覚めた彼女たち……。
『Gスポット徹底攻略(1)〜(3)』に続く、彼女たちのドキュメント。

■乙女チックな春海が、セックスの快感に溺れるとき 続きを読む

1 / 3123