四つん這いバック

『体と心のセックス・ライフ』2011年6月分(Section-381〜384)

四つん這いバック
四つん這いバック

Section-381『フェラな1日(8)』

遅い朝食のあとは、それぞれに自分の時間を過ごす。
メールをチェックしたり、ネットを散策したり、仕事に関連することをしたり、録ってあるビデオを見たり。
このドキュメントでは、エッチなシーンを中心に書いているので、休憩時間になにをしているのかは、あまり書いていない。
長めの休憩・中断のときは、1時間〜2時間くらいの時間がある。
その間に、それぞれの好きなことをやっている。
オレはメルマガの記事を書いたりしているわけだ。

奈緒子と涼子は、仕事がらみのことをしていることが多い。
涼子はオレの仕事と関連する業界にいるので、自宅にデータを持ち帰れば在宅で仕事ができる環境だ。あまり仕事を持ち帰ったりはしないようだが、仕事に関連する資料集めなどはやっている。
奈緒子は、会社から急を要する連絡がときどきある。彼女は休みではあるのだが、業務そのものは土日も稼働している。ときには彼女に判断を求めたり、彼女自身が出向く必要性が生じるらしい。彼女は管理職なので、休みであっても呼び出しがかかるわけだ。
春海は副業でネットショップに関わっているので、彼女も仕事がらみの作業をしている。
ナナは小説を書いたり、読書をしたりしている。
由貴はバソコンで絵を描いたり、録画してあるアニメをみたりする。
うちは、それぞれにパソコンがあるので、それぞれにバソコンに向かうことが多い。
暑い夏はいつも裸だが、春から初夏にかけてのこの時期でも、部屋の中は裸でいられるくらい暖かくしてある。加湿器で湿度を上げることでも、室温以上に暖かく感じる。
だから、みんな裸のまま、それぞれのことをしていた。 続きを読む

女同士のキス

『体と心のセックス・ライフ』2009年8月分(Section-293〜296)

女同士のキス
女同士のキス

Section-293『愛して、愛されて(2)「女×女…etc」…by ナナ』

裏話を少し。
このところ毎週、トオルさん宅に来ていることは書きましたが、金曜の夜から日曜の夜まで、みんなと一緒に過ごしています。
そして、土曜日の朝は、少し早起きします。
土曜日といえば……このメルマガが発行される日。
みんながまだ寝ている時間から、トオルさんとわたしは起きて、一緒に原稿を書いているのです。

じつは、GWシリーズの奈緒子編から、一緒に書くことをしていました。
一緒に書く、とはどういうことかというと……
トオルさんもわたしも、当然、裸です。
トオルさんは椅子に座ってパソコンに向かっているわけですが、わたしはトオルさんの膝の上に座ります。
ただ座るだけではなく、ペニスはわたしの中……膣の中にあります。
そう、座位でつながっているのです。
トオルさんはわたしの背後からキーボードに手を伸ばして、わたし越しにディスプレイを見ながら(打ちにくいとは思うのですが)、文章を書いていたのです!
わたしがトオルさんの書く過程を見たいといったことから、こんな形になりました。 続きを読む

バック3連発

『体と心のセックス・ライフ』2008年11月分(Section-257〜260)

バック連発
バック連発

Section-257『オルタナティヴ・ラヴ/由貴編(5)由貴レポート』

今回は、由貴のレポートから読んでもらおう。
いつも長文のメールをくれる彼女らしく、レポートもなかなかの力作。
オレがアドバイスしたことは、
「読者は、由貴のことは詳しく知らないわけだから、物事の背景まで書いた方がいいよ」
ということ。
そのポイントは、ある程度クリアしている。
由貴の人となりもわかるのではないかと思う。

■由貴レポート『とっても幸せです(^_-)-☆』 続きを読む