巨乳が好き

『体と心のセックス・ライフ』2006年2月分(Section-125〜128)

巨乳が好き
巨乳が好き

Section-125 『乳房の愛で方』

女性の乳房は、第二の性器ともいわれる。
形や大きさは個人差が著しく、ときに女性にとって乳房は悩みの種になったりもする。
乳房の嫌いな男性は、まずいないだろう。
それが、巨乳なのか、豊乳なのか、爆乳なのか、美乳なのか……といった違いはあれど、好きになった女性の乳房は、好きな乳房になる。
乳房の感触は、男にとって、原点回帰ともいえる。
それは「母親」に対するイメージと重なる。
また、乳房は女性の感じやすい性感帯のひとつでもあり、男が彼女の快感の扉を開く、最初の入口になる。
とかく、乳房の形や大きさばかりが問題にされるが、本当に大事なのは乳房の感じやすさ、感度の良さなのだ。
男性向けの雑誌……それがアダルトな内容ではなくても……では、乳房は必須になっている。アイドルの水着写真やエッチな傾向のマンガなど、必ずといっていいほど、乳房は登場する。
水着に隠れている乳房であっても、そこに裸の乳房を想像する。
そして、豊かなバストを持つアイドルたちは、良し悪しは別にして、乳房を売りにしているのだ。
しかし、想像するだけの乳房なんて、ちょっと寂しい。
彼女がいるのなら、彼女の乳房を愛でようではないか。

■巨乳はイイ……しかし、バランスが重要(春海の場合) 続きを読む

最初はクンニから

『体と心のセックス・ライフ』2005年6月分(Section-93〜96)

最初はクンニから
最初はクンニから

Section-93 『セックス教室(美希・初診編)』

彼女はセックスに対する嫌悪感を払拭したいと、相談してきた。
気持ちのいいセックスがしたいと……
彼女は、これまでセックスで快感になったことがないという。
女として、セックスの良さを知らずに過ごしてきた彼女。
興味はあるのに、忌まわしい過去の記憶が、身も心も頑なにしていた。
彼女は生まれ変わりたがっていた。
女の悦びを得たいと思っていた。
その希望を叶えて欲しい……
彼女はオレにその夢を託した。

オレは彼女の悩みをじっくりと聞き、そのために必要なこと……
実技としてのセックスを教えることとなった。
セックス授業の教室は、ラブホテルだ。
その最初の日――
オレは待ち合わせのファミレスで彼女を待った。 続きを読む