SEX or No SEX?

セックスレスと離婚

オーラルセックスについて

oral

●オーラルセックス

オーラルセックスのオーラルとは、口を使うという意味だ。
唇や舌あるいは口腔などを使って、性器を舐めたり吸ったりする行為のことをオーラリズムという。

女性が男性のペニスに対する場合を「フェラチオ」といい、男性が女性のヴァギナに対する場合を「クンニリングス」という。「フェラチオ」は短縮して「フェラ」、「クンニリングス」は短縮して、「クンニ」と呼ぶことが多い。 続きを読む

手合わせ騎乗位

『体と心のセックス・ライフ』2016年8月分(Section-629〜632)

手合わせ騎乗位
▲手合わせ騎乗位

Section-629『セックスセラピー・沙優美編(2)』

湯船に浸かって、彼女の話に耳を傾ける。
そうしている間も、オレは彼女の乳房に手を当て、揉んだり、乳首をつまんだりする。
スキンシップだ。
オレはオッパイ好きなので、乳房を揉まずにいられない。
男はたいていオッパイ好きだと思うが、乳房は男には癒やしなんだ。
それは母性への原体験でもある。
乳房は女性のエロスであると同時に、母性の象徴だ。
手のひらの中の乳房の膨らみと乳首が、男の本能を刺激する。

彼女の置かれている現状の詳細を聞いて、彼女の辛さがわかってくる。その詳細はここでは書けないが、孤独感と不安感が彼女の苦悩を深めているようだ。
そこにセックスレスの追い打ちだ。
彼女は離婚したいと思っているが、心配しているのは子供のこと。
子供のためには離婚しない方がいいのではないか?
彼女に限らず、離婚するかどうかに悩む夫婦が、口をそろえていうのが「子供のため」という理由。
だが、「子供のために離婚しない」というのは、離婚できない責任を子供に押しつけていることでもあるのだ。
子供のために、両親はいたほうがいいというのは正しい。
ただし、夫婦円満の夫婦であれば……という条件付きだ。
夫婦の仲が悪いと、かえって子供には悪影響を及ぼす。
夫婦仲が悪いのであれば、むしろ離婚することの方が子供のためになる場合もある。
いまは小さな亀裂かもしれないが、亀裂がだんだん大きくなって、もっと深刻な状態になることもある。 続きを読む

ツインフェラ

『体と心のセックス・ライフ』2016年7月分(Section-625〜628)

ツインフェラ
▲ツインフェラ

Section-625『由貴&絵理(7)』

★由貴 ——————
続きはあとで……と書いていたんだけど、日付が変わっちゃった(^_^)b
わたしたちの原稿が遅くなったので、配信の準備で、トオルさんと拓己さんに迷惑かけてしまった。
テキトーに書いてるから、それを整形して、メルマガの体裁にするのがトオルさんの作業で、イメージ画像を作るのが拓己さんの作業なのね。
原稿のアップが遅れると、あとの作業の時間がなくなってしまう。
わかってはいるんだけど、ついつい遅くなってしまう(>_<)
この記事の配信は来週だから、今日書いておけば、迷惑かけないで済む。

で、午前0時を回って、日曜になったんだけど……
絵理ちゃんがいまーーす!(^○^)
急遽、泊まれることになったの。
ラッキー!\(^O^)/ 続きを読む

鏡の前で立ちバック

『体と心のセックス・ライフ』2014年9月分(Section-537〜540)

鏡の前で立ちバック
▲鏡の前で立ちバック

Section-537『ゴールデンウイークはホテルで(18)涼子』

オレは、しゃがんで騎乗位で疲れた涼子の脚をマッサージする。
それがマッサージだけで終わるはずもない。
太もものマッサージから、股に間に手を伸ばして、濡れたクリトリスをくすぐる。
「うぅん……ぁぁん……」
彼女は敏感に反応する。
軽い指技から始めて、徐々に本格的な指技に。
人差し指を膣の中に入れる。
「ああんっ!」
膣の中は熱く火照っている。
中指を入れて2本の指で、指を屈伸させる。膣壁のひだやGスポットの少し硬くなった感触。
Gスポットをつつくと……
「アアンッ! ハァァンッ!」
彼女の感じ方にスイッチが入る。
薬指も入れて3本目。3本の指で、オレのペニスと同じくらいの太さになる。膣口は押し広げられ、指を圧迫する膣圧も強くなる。
指を屈伸させたり抜き差しして、彼女の感度を上げていく。
「アンアンッ! アァーーンッ! アンアンッ!」

彼女の気分が盛り上がってきたところで、オレはいった。
「足、開いて」
「はい」
彼女は股を開く。オレは彼女に覆い被さり、彼女の股の間に着く。
うつぶせの彼女のお尻側から、ペニスをヴァギナに潜りこませる。
少し探って、膣口を探り当てると、グイッと押しこむ。
「あんっ!」
オレは腕立て伏せ姿勢で、彼女に重なる。
背後位で、オレはゆっくりと腰を振り始める。 続きを読む

クンニで彼女に火をつける

『体と心のセックス・ライフ』2010年4月分(Section-325〜328)

クンニで彼女に火をつける
クンニで彼女に火をつける

Section-325『図解・クンニ講座(14)』舌と唇の使い方

Twitterでつぶやいたことだが、
『間違いだらけの“セックスレス男”にご用心』
http://eeg.jp/8nS2
という記事は、なかなか興味深い。
最近は、「3組に1組の夫婦がセックスレス」なのだという。
離婚原因に挙げられる「性格の不一致」とか「価値観の違い」というのは、つきつめれば「セックスの不一致」なのだと思う。

男と女はもともと、考えかた、価値観、感性、興味の対象が違うもの。身体的には体のつくりも違うし、セックスでの感じ方や受け止め方も違う。
男は入れる方、女は入れられる方……というのは、役割の違い以上に大きな違いがある。
その決定的な違いを埋める方法が、セックスなんだ。
相手とのセックスが楽しければ、快感になれれば、その他の違いは埋め合わせができるし、歩みよることもできる。 続きを読む

バック3連発

『体と心のセックス・ライフ』2008年11月分(Section-257〜260)

バック連発
バック連発

Section-257『オルタナティヴ・ラヴ/由貴編(5)由貴レポート』

今回は、由貴のレポートから読んでもらおう。
いつも長文のメールをくれる彼女らしく、レポートもなかなかの力作。
オレがアドバイスしたことは、
「読者は、由貴のことは詳しく知らないわけだから、物事の背景まで書いた方がいいよ」
ということ。
そのポイントは、ある程度クリアしている。
由貴の人となりもわかるのではないかと思う。

■由貴レポート『とっても幸せです(^_-)-☆』 続きを読む

アナルセックスに挑戦

『体と心のセックス・ライフ』2008年4月分(Section-229〜232)

アナルセックスに挑戦
アナルセックスに挑戦

Section-229『奈緒子の挑戦』

「ベッドの睦言(奈緒子編)」の補完的続編。
前号では会話を中心に書いたので、エッチなシーンは割愛した。
その中でも、彼女のアナル体験はクライマックスのひとつだった。
機会があれば書きたいと思っていたのだが、当の奈緒子から、自分がどんなだったか知りたいとリクエストがあった。
彼女は実際に経験しているのだから、その感覚はわかっているはずなのだが、そのときは夢中になっていて記憶が曖昧になっているようだ。
復習と次のための予習として、イメージトレーニングしたいとのことなので、書くことにした。

■事前の準備 続きを読む

バスルームで立ちバック

『体と心のセックス・ライフ』2008年1月分(Section-217〜220)

バスルームで立ちバック
バスルームで立ちバック

Section-217『seXmas knight(前編)by ナナ』

トオルさんは、わたしにとってはknight。
knightには騎士という意味のほかに、「女性保護者」の意味もあって、彼は女性を導いてくれるナイトだと思う。
クリスマスにトオルさんに会いたいとお願いしたところ、予定があるとのことで、翌日の26日に時間を割いてもらった。
1日遅れのクリスマス・ナイトだったけど、素敵なプレゼントの夜になった。
その夜のことを書いておきたくて、記憶が薄れないうちにと書き留めた。
それをトオルさんにも読んでもらった。
そうしたら、有料版に載せたいということで、多少長さを整理しつつ推敲して掲載してもらうことになった。
クリスマス・ナイトをもじって「seXmas knight」と。
わたし……ナナの一夜を感じてみてください。

■seXmas knight(前編) 続きを読む

男の視点から見える彼女

『体と心のセックス・ライフ』2007年2月分(Section-173〜176)

男の視点から見える彼女
男の視点から見える彼女

Section-173『大胆な体位に挑戦(4)』

「大胆な体位に挑戦」シリーズの4回目。
さらに難易度の高い体位が登場する。
できるものとできないものがあるが、チャレンジしてみるのもいい。
難しい体位ができたときには、セックスの快感というよりも、体位を完成できたことの達成感がある。
そんなセックスもあるんだということ。
あなたは、どれだけできるだろうか?
今号では、8体位を参考画像付で紹介。
さぁ、挑戦してみよう!!

●さらに詳しいことは購読してね 続きを読む

1 / 212